2024年
2月25日(日)

全文を読む

街なかに光の渦 「もりおかイルミネーションブライト」始まる

2023-12-02

「もりおかイルミネーションブライト」のもりおか歴史文化館前会場で光のトンネルを楽しむ来場者

 盛岡の冬を彩る「もりおかイルミネーションブライト」(もりおか街なかイルミネーション実行委員会=内舘茂会長=主催)が1日に始まった。市中心市街地エリア7カ所が約15万個の電球で彩られる。来年2月29日まで。

 メイン会場である同市内丸のもりおか歴史文化館前で点灯式があり、Lipsダンサーズの20人がパフォーマンスを披露。実行委員会長の内舘市長が「これからクリスマス、お正月と楽しんで、盛岡を盛り上げていきましょう」とあいさつした。電球が飾られた長さ約40㍍のトンネルが点灯されると、集まった人たちはその輝きに笑みを広げていた。

 盛岡市前九年の吉川未桜ちゃん(4)も光のトンネルの中を歩いて、「きれい」とにっこり。母のめぐみさん(45)は「寒さが厳しくなってきたが、街がきらきらとしていてクリスマスが楽しみになった」と話していた。

 点灯時間は午後5時から同10時(設置場所により異なる)。点灯場所は他に、盛岡駅前通商店街、東口振興会(木伏緑地)、大通商店街、肴町商店街、八幡通り、材木町商店街。

 同イベントは冬季の誘客促進と商店街のにぎわいの創出を図ることを目的に2022年に始まり、今年で2回目。



前の画面に戻る

過去のトピックス