2022年
8月20日(土)

全文を読む

信頼重んじ精度は高く 春の褒章伝達 盛岡市の小松惠美子さん(家計調査員)

2022-06-25

 長年の家計調査員としての活躍により、藍綬褒章を受章した小松さん(右)

 2022年春の褒章伝達式は22日、盛岡市役所で行われ、藍綬褒章を受章した盛岡市北松園の家計調査員、小松惠美子さん(71)に章記と褒章が手渡された。

 小松さんは2000年12月に家計調査員に任命され、以来、22年の長きにわたり調査員として従事。現在も続けている。この間、調査世帯に対し、家計簿などの記入の仕方を丁寧に説明し、回収した家計簿について綿密に審査してきた。

 2000年に労働力調査の調査員、05年から20年までに3回、国勢調査の調査員としても活躍。いずれの調査に対しても、調査客体との信頼関係を大切にしており、精度の高い調査結果の確保に努めている。

 「いまは2地区を担当しており、毎月13世帯から集めている。いろいろな話をして信頼関係を築くことで調査に協力してくれることもある。健康を保ち、これからも調査を続けていきたい」と話した。

 谷藤裕明盛岡市長は「長年にわたり調査を続け、活躍していただきありがとうございます。後輩の指導も含め、引き続き頑張っていただきたい」と感謝した。



前の画面に戻る

過去のトピックス