■ 2012年2月のヘッドライン

2月 1日(水)
● 有効求人倍率、11年4カ月ぶり全国と並ぶ
● 〈大震災私記〉107 田村剛一 テレビが届く
● 〈口ずさむとき〉266 伊藤幸子 小籠包
        ◇          ◇
● 事業費5464億円を国に申請 沿岸12市町村が復興計画
● マスク1万枚、アイーナが近隣の学校に配る
● 主要事業の進ちょくは毎月公表 復興計画
● 選べる道は多岐に 滝沢二中で職業ガイダンス
● 〈わが歳時記〉高橋爾郎 2月
● 島田市ががれき受け入れ表明 知事が会見で感謝
● 相手はレベルが高いぞ 小学生ドッジボール大会県予選
● 〈東日本大震災〉公共施設の解体本格化 大船渡市(東海新報)
● 蘇民袋、勇壮に争奪戦 (胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉仮設住宅にタブレット端末無償で (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉「復興に貢献を」中学生が意見交換 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉被災車両が姿消す(東海新報)
● 〈NHKわたしの作品〉暮らしに役立つペン習字 田中奈都美
● 定年後の社会参加は シニアの仲間づくりフォーラム
● 〈日々つれづれ〉106 三浦勲夫 時間は伸びる
● 「でんでんむし号」誘致を 八万地区でまちづくり報告書
● 〈タカオくんの梨の木〉18 早坂ノボル
● 社会的包摂を目指して 民間団体や弁護士らで機構が発足
● 県内ロケ「HOME愛しの座敷わらし」 4月に全国封切り
● 盛岡市立高校、推薦で112人が合格
● 新役員で盛り上げへ 南部杜氏応援団に大内本社社長
● 3月11日に震災記念事業 盛岡市補正予算で
● 市立病院の手術ミス、和解へ 93万円支払い
● 釜石SWが成績を知事に報告
● 最高気温が今期最低 盛岡市で氷点下4.3度
● 盛岡市内10校で閉鎖措置 インフルエンザで
● 〈ニュース短信〉スポーツ店でバーナー盗む
● 〈告知〉産婦人科医の池川氏講演会
2月 2日(木)
● さらさら雪ドーンと 雫石で33センチの降雪
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1293 「ワカサギ釣り日記」北井崎昇
● 〈風まかせ〉458 DD51ディーゼル機関車
         ◇        ◇
● インフル流行警報発令 1地点当たり45人上回る
● 「うん、こりゃうまい酒だ」 TOTOへ廣田酒造店から引き渡し
● 学業優秀、人物模範の6人に 盛岡工業高で和賀賞など授与
● 大賞に有田勉さん 県写真連盟公募展
● 〈男の美学〉89 長澤幹 国のかたちの章〜政治的弱者
● 家族ぐるみで交流会 滝沢村鵜飼小ですっぴんの会
● 地域自治区の設置など話し合う 玉山区地域協議会
● 滝沢村の施設に車椅子寄贈 第一生命支部労組
● 障害ある人支える取り組みを 講演会で
● 〈タカオくんの梨の木〉19 早坂ノボル 
● キャラホール少年少女合唱団が12日にミュージカル 復興への元気を
● セルリアンブルーで描く 鈴木つや子さんが油絵展
● 厨川中周辺の風景を描く 田中さんが作品展
● 8千世帯で「赤さび」 盛岡市の水道工事が原因
● 盛岡市内を北上中 マツクイムシ被害広がる
● 「おこめパン」の紹介も いわて希望農業研修会
● 震災損壊住宅の補修費を補助 盛岡市が申請受け付け
● 確定申告書の作成を指導 盛岡税務署がアイーナで
● 地デジ移行へ2カ月前相談 コーナー開設
● 国公立大の出願締め切る 岩手大学前期は平均2.5倍
● 盛岡市内3校で閉鎖措置 インフルエンザで
● 金ヶ崎町のキョウエイ商事が破産 負債21億円
● 〈ニュース短信〉滝沢村で作業小屋とダンプ焼く
2月 3日(金)
● 地域材で住宅復興を 地元工務店ら推進組織
● 〈大震災私記〉108 田村剛一 友人の証言4
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1294 「雪国の暮らし」吉田瑞夫
● 〈潮風宅配便〉84 草野悟 あんなこんなたくさんの思い出
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉62 八重嶋勲 数学の試験 見事失敗つかまつり
        ◇        ◇
● 数え15歳、立志の言葉 盛岡市の下橋中で
● 「雪起こし」がほほえむ クリスマスローズ見頃に
● 県産の牛肉食べて 小売店が消費拡大へフェア
● 八幡平山頂の駐車場、管理者が引き上げを検討
● 一緒に仲良く豆まき 上飯岡児童センター
● 前九年合戦950年祭を 市民が計画
● 今年も福祉バンク大市 カワトク7階を会場に
● 食べ物の宝石、スイーツデコ展開催 
● 藤井勉さん、由希子さん父娘の素描と作陶展
● 「あの日から行方不明」婚約者の思いを継ぐ 臼沢和行さんが再起の講演
● 育成品種の保護を 東アジア幹部職員が研修で八幡平市へ
● 〈タカオくんの梨の木〉20 早坂昇龍
● 伝統の祈り復興に重ねて 奥州市の黒石寺で蘇民祭(胆江日日新聞)
● 避難ルート聞き取り再現 防災マップ特別賞に(復興釜石新聞)
● 風評被害避け工場を移転 福島の企業が八幡平市に
● 〈除雪で苦情〉盛岡市、職員11人体制で専門窓口
● 「みんなで協力すればすごい」 大通繁華街の路地を除雪
● 県立高校推薦合格者を発表
● 盛岡短大跡地の活用も 城南地区で地域協働まちづくりWS
● バーレーンからサッカーボール 本県に41個
● 岩手大学の志願倍率が確定
● 盛岡市内の2校で閉鎖措置 インフルエンザで
● 復興計画1月末の進ちょく状況 県が公表
● 〈告知〉子どもたちを放射能から守るための講演会
2月 4日(土)
● 復興道路を核に再構築 県が「道路施策」方針策定へ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1295 「見守りする白鳥」小林愼悦
● 〈賢治の置土産〉248 岡澤敏男 農民劇10年の歩み
● 〈大震災私記〉109 田村剛一 友人の証言5
         ◇         ◇
● 善男善女に福来たるらし 千手院で豆まき
● 夕日の中の雪像引き渡し いわて雪まつりきょう開幕
● 東京ギフトショーにさんさ裂き織り出品 張り切る社長の石頭さん
● 県教員美術展 震災受け止め表現へ
● 9日から、もりおか雪あかり 復興祈願・ともそう未来に元気を
● たのしい科学技術作品展
● 東電、6項目に「ゼロ回答」 (胆江日日新聞)
● はまゆり仮設商店街オープン 釜石市で(復興釜石新聞)
● 「亡国論」の著者激白 中野剛志氏「TPPは米国利するだけ」
● 〈舗石の足音〉389 藤村孝一 DVDに記録された100番組の中から
● 福祉ブランドフェア開催中 障害者の作品が並ぶ
● 〈夢中翁がたり〉90 山田公一 江戸の千葉道場と志士山田一郎
● 後期高齢者医療保険料 12、13年度据え置きへ
● 〈社会的包摂事業の現場から〉上 これからのくらし仕事支援室(盛岡市)
● 八幡平市の魅力活用術とは シンポジウムで方策探る
● 現場監督の兼務認める 盛岡市
● 高い給水原価がネック 盛岡市水道の工業系料金議論
● 「平泉」を県内作家が工芸で表現 アート&クラフト販売会
● 調査書に中1の評定も 県立高校入試見直し案公表
● 鬼の姿に園児絶叫 矢巾町の保育園で
● 三愛学舎15人の卒業展
● 冬季国体スキー競技へ県選手団 66人を派遣
● 採石場では規制値を超えず 放射性物質
● 15施設で閉鎖措置 インフルで
2月 5日(日)
● いわて雪まつりが開幕 銀河鉄道で月旅行を
● 〈写真集南部馬の里〉41 遠藤広隆 吹雪
● 〈大震災私記〉110 田村剛一 友人の証言6
● 〈詩人のポスト〉佐藤康二 小岩井まで
        ◇         ◇
● 「おにぎり食べて」 園児が作りました
● スポーツは力 オリンピック出場アスリートたちが雫石に集結
● 復興に大学の果たす役割は いわて高等教育コンソーシアムで議論
● 未明にマンション火災 上下階水浸しで30世帯避難
● 盛岡は12日連続の真冬日
● 「町内の絆」雪あかり 上田堤わらべ公園にともる
● がんばルフェスタ開幕 盛岡市の大通・菜園地区45店が参加
● 岩手大学に2千万円寄付 岩手経済同友会
● 環境放射能の速報値を公表
● 商店街は寒波歓迎 防寒靴売れてます
● スマートフォンを使いこなせ 入門講座に中高年者ら
● 県立病院の医師 新たに23人を確保
● 〈もりおか鉄道物語〉4 大内豊 幻の鉄道4 御堂〜一戸間のルート
● グルージャが選手契約
● スキー国体県選手団名簿
● 「あの日、養殖棚は壊滅」 真崎わかめ復活までの歩みを語る
● 〈杜陵随想〉石井實 半上半下
● 陸前高田の「復興キャベツ」 JA花巻産直で支援販売(東海新報)
● 大船渡市農協の資本増強
● 「釜石ホルモン」が人気 津波で店流出の岡本さんが矢巾で再起
● 〈ジジからの絵手紙〉4 菅森幸一 学校は変わったか
● 写楽と歌麿 浮世絵復刻複製版画展
● 〈告知〉教育振興運動のイメージソング歌詞を募集
● 〈社会的包摂事業の現場から〉下 くらしのサポーターズ(宮古市)
● 寒冷気候逆手に アスパラガス栽培で合同シンポ
● 学生たちが地域研究 八幡平市で連携フォーラム
● 負債総額は19億円 1月の企業倒産
2月 6日(月)
● 中心市街地どう導く 盛岡市の活性化計画残り1年余、「数字」の現実
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1296 「冬の高松の池」菅原一郎
● 〈幸遊記〉57 照井顕 村上軍記の逆説・般若心経
          ◇       ◇
● ホール満たす古楽器の響き パイプオルガン講座修了演奏会
● 〈震災がれき〉島田市へ10日に搬出 7日には秋田と協定
● 被災216社から相談 産業復興相談支援センター
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉19 和井内和夫 消えた町
● 復興に女性の力を 1200人参加しつどい
● 大槌町の碇川町長が知事に要望 復興支援強化を
● 〈タカオくんの梨の木〉21 早坂ノボル
● 〈野の花の詩〜深沢紅子油彩画集より〉13 高橋繁 「青い壺と野の花」
● 特産品で新商品を 滝沢村商工会が開発へ
● 壁一面に詩を展示 平山千春さんが作品展
● 雫石町に雫石さんが大集合 地域のルーツを語る
● サポーター委員会プレゼンツ プラザおでってで無料ライブ
● 岩手にスイーツが集合 道の駅にしねで
● 「消費増税つぶせる」 県民のつどいで
● 盛岡商業高校教諭が飲酒運転事故
● ビッグブルズが新年初勝利
● 〈ニュース短信〉拾ったカードを横領
● 〈告知〉わかめサポーターを募集
● 〈告知〉遠野まごころネットが「サンタ基金奨学金」
2月 7日(火)
● 総額1兆1183億3000万円 県の2012年度当初予算案
● 〈大震災私記〉111 田村剛一 友人の証言7
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1297 「白銀は招くよ」佐々木弘元
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉141 及川彩子 迷宮都市の広場
         ◇          ◇
● 宮舘副知事が退任へ 後任に千葉茂樹氏を起用
● 公立高校入試の出願受け付け
● 放射線測定器を貸し出し 盛岡市
● 転倒予防フォーラム 関係者が実践報告
● 小学生から80代まで 35人参加、県かるた選手権大会
● 〈もりおか鉄道物語〉5 大内豊 幻の鉄道5 小鳥谷駅から結ぶ岩泉線
● 岩手の観光史を一望 ソリスト内加賀野
● 「柳屋のパン」が復活へ (東海新報)
● 「ガリラヤのイェシュー」を読んで 黒澤勉
● 災害医療支援の拠点に 岩手医大が教育研究棟建設
● 松園の未来のために 住民がグループ討議
● スマイルアゲインサービス いわて雪まつりで
● 〈タカオくんの梨の木〉最終回 早坂ノボル
● 経営者に魂入れ 盛岡倫理法人会、佐藤会長に聞く
● 〈寄稿〉大通商店街の未来を考える 菅原陽一
● 〈消えない思い〉75 多田朝次郎さん(享年33歳)
● 売り上げ「減少」が低下 盛岡信金「震災と円高影響調査」
● 復興絵本に包み込むのは希望 野田村の図書館へとボランティア作業
● 被災地勤務を志願 全国から警官130人が結団式
● 不登校は減少、中1ギャップはなお課題
● 老人大学の有料化検討を求める 盛岡市の外部監査
● 「雪あかり」の制作始まる
● 調査結果を3月上旬公表 内部被ばく健康調査
● 知人女性の裸体写真をネットに 盛岡西署の警部補を逮捕
● 〈ニュース短信〉インフルで閉鎖措置
● 〈告知〉絆で結ぶ最大のスキーパレード
2月 8日(水)
● 滝沢村役場前の複合施設構想用地 県都計審が市街化編入了承
● 〈口ずさむとき〉267 伊藤幸子 「玉ぼうき」
● 〈大震災私記〉112 田村剛一 役立たずの防災センター
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1298 「ひなたぼっこ」澤田昭博
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉300 八木淳一郎 オールウェイズ
        ◇         ◇
● がれき処理で秋田と協定 両県知事が締結
● 県の入札制度、迅速化主眼に見直し
● 県議会2月定例会は16日招集
● 仮設集会所へ医療図書 岩手看護短期大学が寄贈
● 産業再生計画を申請 特区内での特例、優遇盛り込む
● 国の復興庁に期待を表明 達増知事
● 復興のバネは雇用の回復に 連合岩手方針
● 北日本銀行が盛岡市へ寄付 100万円
● 元気な経済、安心の雇用 県が12年度の取り組み方針
● 求職は低調、ミスマッチ 失業手当延長でかみ合わず(復興釜石新聞)
● キャピタルホテル再建へ (東海新報)
● 岩手銀行がファンド出資
● 心象風景を旅する不思議さ 菊地悠さんが絵画展
● 1人の少女を描く 時源澪さんがイラスト色紙展
● 〈NHKわたしの作品〉子供絵画 菊池穂澄
● ベンチャー成功物語 マピオンの佐藤社長が講演
● 〈消えない思い〉76 野村森夫さん(享年24歳)
● 海岸林には存在意義 みどり守る県民会議で吉崎氏が講演
● 〈日々つれづれ〉107 三浦勲夫 レビュー
● ああ経営者嘆き節 需要減、採用難、後継者難
● 市制移行で県に要請へ 滝沢村が16日に
● 滞納保険料徴収に力を 盛岡市外部監査指摘
● 盛岡市の介護保険料、月額933円値上げ見込む
● 内部調査は進展なし 盛岡市の職員詐欺事件
● 県警本部長に高木紳一郎氏
● 〈ニュース短信〉住居侵入と窃盗未遂で逮捕
2月 9日(木)
● 雇用保険受給者減少、震災後初めて前年同月下回る
● 〈古都の鐘〉50 チャペック・鈴木理恵 ディルンドルのドレス
● 〈春又春の日記〉49 古水一雄 無題(通算四十冊) ああ血だなと思ふて枕に就いた
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1299 「擬宝珠に綿帽子」
● 〈大震災私記〉113 田村剛一 気づかずの標識
● 〈風まかせ〉459 新幹線100系引退
         ◇       ◇
● 家畜伝染病に備えて 県と県共済連が協定
● インフル、盛岡市も流行警報
● 「山の神」の3人娘の物語 矢巾町民劇場、仕上げの稽古
● 〈夢中翁がたり〉91 山田公一 戦前バス・上盛岡駅線
● 〈男の美学〉90 長澤幹 国のかたちの章〜経済的強者
● マイバッグを持ち歩こう レジ袋削減フォーラム
● 仮設商店街カラフルに 日比野克彦さん釜石で (復興釜石新聞)
● 厚労省支援クリーニング工場が完成、お披露目 (東海新報)
● 陸前高田の子育て支援センター「あゆっこ」に仮施設
● 平成版の彦部村誌発行 850年の歴史を670ページに
● 賢治のカラス百態 松埜さんが作品展
● 川徳がキッチンサポートサービス 自宅へ食品配送
● 〈消えない思い〉77 野村森夫さん(下)
● 農と緑の大地八幡平フェア ホテルで開催
● 今年も三味線指導 釜石で被災の杵家さんが北陵中で
● 授業でスキーは難しい? 盛岡市内の小中学校で減少
● 「キムチ鍋の素」60箱 ウポポに支援物資届く
● 地域防災計画見直し案固まる
● 自分の命は自分で守る 仙北小学校で防災教室
● 人文社会科学部長に井上博夫氏 岩手大学
● 付属農業資料館長に武田氏再任 岩手大学
● 〈ニュース短信〉乗用車と大型トラック衝突、3人死傷
● 研究費で購入の機材を知人宅に放置 県立大学講師、戒告処分
● 〈告知〉古館公民館で平泉フォーラム
2月 10日(金)
● 復興特区認定第1号 本県の保健・医療・福祉推進計画認定
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1300 「何処へ」眞舘弘治
● 〈潮風宅配便〉85 草野悟 沿岸の復旧工事に休みなし
● 〈胡堂の青春をはぐくんだ書簡群〜学友たちの手紙〉63 八重嶋勲
          ◇         ◇
● 震災サケの稚魚がふ化 もりおか復興支援センター
● 平野大臣が初代復興相に きょう復興庁発足
● オガールプラザ申請の整備計画を国が認定
● 滝沢村が復興基金を創設へ
● 安代町の「近くてなつかしい写真」 八幡平市博物館が写真集
● 〈もりおか鉄道物語〉6 大内豊 予定線で終わった鉄道1〜一荒線、胆江線
● 民間支援団体に助成制度 八幡平市
● 花との出合いに感動 関静子さんが写真展
● 雫石町民スキー大会結果
● 豊かな色彩と形 いわて・きらら・アート・コレクション
● 釜石SW始動 「今年こそ昇格」を胸に(復興釜石新聞)
● 復興企業が雇用拡大 熱気みなぎる就職面接会
● 我が社の成長戦略を発表 いわぎん次世代経営塾
● 香港は日本食ブーム ジェトロセミナー
● 大震災当日生まれの5人に 「君の椅子」贈る
● 「ジョバンニの希望」ともる もりおか雪あかり始まる
● 風俗営業なぜ放置 本宮町内会が国家公安委員長に直訴
● 文化やスポーツで活躍児童生徒にはばたき賞 今年は14個人団体
● 3年前の事故で滝沢村を提訴 村は争う姿勢
● 逮捕の市職員担当の弁護士、盛岡市役所を訪問
● 〈ニュース短信〉火事騒ぎの現場で路線バス車両が消防車に接触
● インフル流行で面会を制限 岩手医大病院
● 〈告知〉アート&クラフトマーケット
● 〈告知〉2・11チャリティーイベント開催
● 〈告知〉滝沢村議会が新成人議会 11日に
● 〈告知〉盛岡大学比較文化研究センター
● 〈告知〉紫波町農業活性化交流会
● 〈告知〉ワンストップ・サービスデイ
2月 11日(土)
● 岩手復興局が開設、宮古と釜石に支所 復興への司令塔
● 〈賢治の置土産〉249 岡澤敏男 甚次郎の禁酒運動
● 〈大震災私記〉115 田村剛一 放射能から海を守る運動
● 〈昆虫パワーをあなたにも〉19 鈴木幸一 専門の教科書は夢の道しるべ
         ◇         ◇
● 〈岩手復興局〉津川政務官が記者会見 現場に寄り添いスピード判断
● 屋台に山田のカキ餃子登場 もりおか雪あかり
● 年間黒字を達成へ 岩手競馬、第3期に前年上回る実績
● 岩手の短角再評価を サミットで取り組み考える
● バイオテク研究会が成果発表会 稲の優良品種開発法を発見
● 互いの取り組みを発表 アグリネット青年の集い
● 6次産業化目指す 200人参加して交流会
● 植物工場が陸前高田に進出 (東海新報)
● フクジュソウが顔を出す (東海新報)
● 震災乗り越え息を合わせる 釜石・大槌吹奏楽祭 (復興釜石新聞)
● 新型車アクアを県に寄贈 関東自動車工業の社長が県庁訪問
● 学校周辺を雪かき 河南中の生徒300人
● クウェート救援金が予算に反映 本県は46億円
● 〈ニュース短信〉雫石の製材工場で死亡事故
● 〈舗石の足音〉390 藤村孝一 新版の辞典に載った「イケメン」の意味とは
● 啓発へ冊子を発行 発達障がい支援検討委
● 盛岡・マニラ育英会がおむつなど配布し交流 気仙のフィリピン人コミュニティーに
● 〈告知〉復興支援センター応援コンサート
● 〈告知〉全国不動産会議
● 〈告知〉介護準備と認知症の講座
● 〈告知〉原発依存大転換のとき
2月 12日(日)
● 次期衆院選、自民の4候補出そろう 4区には28歳弁護士
● 〈写真集「南部馬の里」〉42 遠藤広隆 馬小屋から
● 〈詩人のポスト〉蟹沢小陽子 冬明け
        ◇           ◇
● 飼育員が園舎案内 盛岡市動物公園臨時開園
● 30カ所以上で一斉にともる たきざわ雪灯り
● 国際リニアコライダー誘致を 東経連フォーラム岩手
● 新築の建設費の一部を補助 県が被災者向け住宅対策
● いわてDCへ期待 盛岡市商店街連合会新年会で
● これからの支援のあり方は 介護施設職員らフォーラム
● 〈いわて和菓子列伝〉13 くりっこ(清月堂)
● 〈ジジからの絵手紙〉5 吸血鬼退治
● 不来方高3年生 プロダクトデザインに挑む
● 福島原発事故被害者を対象に無料法律相談 岩手弁護士会が呼びかけ
● 学校給食材の検査を実施へ 滝沢村
● アイソトープ協会が測定に協力へ 農畜産物
● 119人に修了証書を授与 もりおか老人大学で卒業式
● 車いすを贈る あいおい損保
● いわて車いすフレンズが活動報告会
● 体育館でニュースポーツ 八幡平市
● 〈杜陵随想〉金野清人 庭のウメモドキ
● 〈私の愛した男たち〉4 佐々木市子 「不動明(デビルマン)」
● 盛岡は神楽坂に似ている 東京の小池さん、ガイドブックを自費出版
● わが村の将来を案じて 滝沢村で新成人議会開く
● 〈建国記念の日〉奉祝県民大会
● 〈建国記念の日〉反対街頭宣伝
● 〈建国記念の日〉考える会
● 中学生が「鉄で編む」 県立美術館でワークショップ
● 〈ニュース短信〉玉山区で火災、1人が遺体で
● 〈告知〉板橋文夫ソロライブ
2月 14日(火)
● 世界遺産「平泉」に認定書 ユネスコ事務局長から
● 〈幸遊記〉58 照井顕 浜道博・KIN−CHANの潮騒
● 〈大震災私記〉116 田村剛一 下水の氾濫
         ◇        ◇
● SL運行や復興ツアー いわてDC事業計画決まる
● 県内32校で閉鎖措置 インフルで
● 今年の花粉、飛散数は半分か 須藤先生が予想
● 盛岡市総合計画の新指標に「手帳就労件数」 市民提案96件、うち採用は1件だけ
● 防犯ポスターを展示 煙山小の6年生児童116人
● 「つながろういわて」 アイーナで支援グッズなど販売
● 岩手製のスマホアプリが支援に貢献 ゴーイング・ドットコム社を表彰
● 「海鮮漬」人気の味復活 (復興釜石新聞)
● 大学生が民泊ツアー (東海新報)
● 直まきで反収800キロを 水稲開発シンポジウム
● 特産大豆で新商品開発 いわて希望ファンドで事業成果発表会
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉20 和井内和夫 盛岡案内
● 建設分野の人材育成を 県職業能力開発審議会
● ワークシェア可能性探る 盛岡商工会議所の中小振興委
● 「馬に乗りに、おいで」 八丸牧場が避難の子ら無料で
● 北山で火事、1人暮らしお年寄りの女性が不明
● 平均志願倍率は0・99倍 公立高校入試、調整前
● 八幡平市の元部長が秋田駒で遭難死
● バレンタインのお菓子作り 児童8人がチョコを
● 職員詐欺事件で市側が説明 市議会総務委に
● 〈ニュース短信〉酒気帯びで車を運転
● 〈告知〉放送大学センター長講座
● 〈告知〉玉山区地域づくり大会
● 〈告知〉安全・安心を考えるフォーラム
● 〈告知〉埋蔵文化財センター報告会
● 〈告知〉みんなでつくる植物誌
2月 15日(水)
● 相次ぐ死亡火災 消防本部、火の扱いに注意呼びかけ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1301 「水墨の谷」田山豊
● 〈口ずさむとき〉268 伊藤幸子 中国の古都
       ◇         ◇
● 放射能汚染の乾しシイタケ、本県でも4市町から
● 新年度は強気の予算 県競馬組合
● ポストカード「温かい岩の手」が評判 八幡平市のカメラマン三浦さん
● 米のビンテージ服で作る かばん、ポーチ展
● ホイットニーさん追悼 CD店、急逝歌姫の在庫確保へ
● 安全な農産物生産のために 県が管理マニュアル
● 世界遺産「平泉」効果を県央へ 紫波町でフォーラム
● 〈消えない思い〉78 宮田正彦さん(享年30歳)
● 被災地勇気づけたい CD「輪音〜希望のひかり」を寄贈
● 軽石県議に厚労大臣から感謝状
● 〈NHK盛岡文化センター私の作品〉津軽こぎん刺し 吉田和子
● 〈グラフ〉雫石高校で雪上運動会
● 〈杜陵随想〉伊能専太郎 塀の中の人
● 〈日々つれづれ〉108 三浦勲夫 ジバリッシュ
● 観光客に魅力アピール でんでんむし号が新デザインに
● 県交通ガイド10人が盛岡コンシェルジュに 「もりけん」合格
● 雫石川にサケ稚魚 太田東小の児童も加わり放流
● 初期消火なら怖くない 紫波町佐比内小で児童が訓練
● 玉山区地域協の委員決まる 公募で2人新任
● 「市制移行が進む方向」 滝沢村議会調査特別委が中間報告
● 脱原発キャラバンが出発 県内全市町村へ
● 震災復興に協力 5億円ジャンボ宝くじが発売に
● 140人参加しスポレク祭 盛岡体育館で
● 22校で閉鎖措置 インフルで
● 線路上に雪のかたまり 「こまち」に遅れ
● 〈ニュース短信〉売春容疑で社交クラブ摘発
● 〈告知〉もりおか郷土芸能フェスティバル
● 〈告知〉なんでも労働相談ダイヤル 連合岩手で
2月 16日(木)
● 盛岡市の新年度予算は総額1044億円 復興推進で30事業に3億円
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1302 「たろし滝」多田隆一
● 〈大震災私記〉117 田村剛一 同級生の形見
          ◇        ◇
● 3月11日に「祈りの灯火」 盛岡市内を会場に
● 県議会きょう招集
● ふれあい覆馬場の指定管理者を選定
● 被災者の心のケアを丹念に 岩手医大病院にセンター開設
● 浄水場へ非常用電源 盛岡市が整備へ
● 高木県警本部長が着任会見
● がれき撤去率は91.3% 復興インデックス初報告
● 市側答弁に苛立つ議員 盛岡市議会全員協議会で詐欺事件説明
● 簗川にサケの稚魚2万匹 川目小の児童が放流
● 介護保険料933円引き上げへ 盛岡市
● 「出先廃止は待って」 県市長会と県町村会
● 書に打ち込んだ青春 岩手大学教育学部書道展
● 7段飾りに笑み 盛岡市の女性がひな人形寄贈
● 清衡による最も古い造営か 紫波町で山屋経塚を考える講演会
● 鎌田勉氏が講演 「仏国土形成への壮大な夢」
● 盛岡支店が新店舗で営業 日本政策金融公庫
● 第2期県障がい福祉計画骨子案を公表
● 甲冑作りで歴史知る 矢巾町の徳田小児童が段ボールで
● 雪のキャンパスに「絆」の明かり 盛岡大学で夢灯り
● 〈男の美学〉91 長澤幹 国のかたちの章〜物言わぬ反抗
● 青少年育成で知事と懇談 研究集会
● 県警察署協議会連絡会が総会 活動事例を報告
● 〈夢中翁がたり〉92 山田公一 山田美妙の祖先と盛岡城
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉460 ED75牽引タンク車
● 〈告知〉盛岡国際交流協会講座
● 〈告知〉点字・音訳・手話・要約筆記スクール
2月 17日(金)
● オール岩手の復興を 県議会2月定例会で知事が所信表明
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉64 八重嶋勲 口から出るのは只々大々失敗
● 〈潮風宅配便〉86 草野悟 応援してるニャー
           ◇        ◇
● 三鉄復興支援の商品販売 サークルKサンクス
● 滝沢村の市制移行、知事前向き 村長が要請
● 「地元としてはあくまで鉄道」 達増知事、会見で
● 盛岡農高生が養蚕の出前授業 柳沢中へ
● 横断時、気づきにくい 本宮地区の高齢者交通安全教室で感想
● 詩誌「堅香子」が第10号 金野清人さん「今を生きる」
● 読書感想を三つ星評価でブックリストに 仁王小児童が被災地児童と交換
● 雇用再建が大きな課題 植田宮古短大教授が講演
● 〈杜陵随想〉吉田富栄 確定申告の季節
● 津志田芋で今度は羊かんを開発へ 盛岡商議所都南運営協議会
● 今秋から作業に着手 県がん対策推進協議会
● 内容は方向のみ 盛岡城跡保存管理計画
● 恋するお米のキャンペーン 抽選会
● 写真の洗浄作業奉仕 宮古高の1年生が交代で
● 女子学生のためのシューカツ準備応援塾
● 「BRTは選択肢の一つ」 JR盛岡支社長が会見で
● 宮舘副知事が退任あいさつ 県議会本会議
● 確定申告がスタート アイーナ会場で受け付け
● 田瀬大橋が通行止め
● 紫波町議会2月会議開かれる
● 「津波の記憶」DVDを寄贈 岩手放送
● 〈ニュース短信〉インフルで閉鎖措置18件
2月 18日(土)
● 学校給食で放射性物質独自検査へ 盛岡圏5市町村も機器購入
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉250 岡澤敏男
         ◇          ◇
● 盛岡市職員詐欺事件の3容疑者を起訴
● 新1年生のための防犯教室 紫波町で
● 今こそ絆が必要 紫波町農業交流会で志村尚一さんが講演
● 手話体験や震災出動 県消防職員が意見発表会
● 保険料率は据え置き 県後期高齢者医療広域連合
● 待ち時間を大幅短縮 矢巾町で受け付けシステムを導入
● 〈杜陵随想〉吉田祐倫 法然上人と大師号
● 42団体が舞台で熱演 盛岡市老人芸能大会
● 達増知事所信表明演説全文 オール岩手による復興を
● 廃版海図利用の粋な手提げバッグ 福祉作業所が製作
● 山折哲雄氏が講演 盛岡大学公開セミナー
● 震災復興基金条例案を可決 雫石町議会
● 世界遺産平泉関連事業展開 県が推進本部会議
● 困難から立ち上がれ キャラホール少年少女合唱団
● 震災孤児の夢を実現 林真理子さんら「三枝塾」結成
● 祈りの灯火の灯ろう製作開始 盛岡市内各所で
● 10デシベル超過(参考値)を確認 川井林業雫石工場
● 市制移行へ声明発表 滝沢村自治連
● 学校給食の測定機器購入へ 雫石町
● 介護保険料を値上げへ 雫石町も
● 「本音で語ろう」要旨を情報提供 県議会
● 〈ニュース短信〉横断歩道の女性が重傷
2月 19日(日)
● 復興支援で84事業 盛岡市が新年度に
● 〈詩人のポスト〉吉野重雄 納豆汁
● 〈アートは元気の素〉13 えいこいのうえ 「佐野洋子さん」
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1303 「雪降る街角」野沢淑子
● 〈大震災私記〉117 田村剛一 悲しき知らせ8
● 写真集「南部馬の里」 43 遠藤広隆 真夏の涼しい日
       ◇           ◇
● 輝く可能性 補欠ゼロリーグ交流大会
● 福祉の現場で働こう 紫波町で地域就職フェア
● ILCを核に東北復興を いわて未来づくり機構
● 〈もりおかの残像〉40 澤田昭博 黄金競馬場(上)
● 放射線被害、雪解け水を懸念 紫波町の農家
● 22人が検定試験合格 盛岡工業高土木科3年
● 愛知県の美術家が復興の展示
● 福祉バンクなどに50万円寄付 寿広
● 〈舗石の足音〉藤村孝一 逆に楽しみになったレコード大賞
● 水道検針業務を民間に委託 盛岡市 
● 工場再開へ立地協定 被災の大槌から釜石に移転
● 情報交換会が発足 ILC誘致で県南の8市町
● 「恋し浜ホタテ」復活アピール
● 没後100年絵はがき 石川啄木記念館で
● 銀賞に松島さん「寄り道」 県写真連盟公募展
● もりけん1級に2回合格 盛岡市の上野さん
● 都南東小かがやけさんさ 6年生から5年生に引き継ぎ
● 函館市からも参加者 啄木かるた大会に240人
● 方向性など意見交換 ボランティア活動交流会
● 〈告知〉「会社の今」テーマにプレゼン
● 〈告知〉23日におもてなしフェア
● 〈告知〉ビッグブルズがオフィシャルグッズを復興支援で
● 〈告知〉被災地域の農業者と漁業者雇用支援機構
● 〈告知〉復興地域の未就職若年層支援
● 〈告知〉パーソナルサポーター養成講座
● 〈ニュース短信〉インフルで幼稚園の学年閉鎖
2月 20日(月)
● 「これから本当の復興」 平野復興相が岩手復興局で訓示
● 〈幸遊記〉59 照井顕 寺内タケシのブルージーンズ
          ◇         ◇
● 30分間マイペースで 盛岡万泳会で記録会
● 河南中の有志24人、支援ボランティア作業を体験
● 東京支部立ち上げ活躍中 河南中出身の東大生、佐々木敦斗さん
● 〈大震災私記〉119 田村剛一 悲しき知らせ9
● 核廃絶と平和実現を目指す 高校生1千万人署名展開へ
● 全体として収益悪化傾向 県内市町村第三セクター
● フェイスブックで生の英語力修得 不来方高3年、小國朝日さんが全国3位
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉21 和井内和夫 見どころをどう絞る
● 子育て本能は引き出すもの 矢巾町で家庭フォーラム
● 落札水準を引き上げ 県が入札制度を改正
● 公募型プロポで選定 滝沢村役場前の交流複合施設
● 〈消えない思い〉79 宮田五郎さん(享年26歳)
● 学生が自ら企画し実行 県立大学で就業力育成
● 大沖縄展に52専門店 カワトク7階で
● 感謝込め鹿子踊り 吉里吉里住民かつての避難先、志和を訪れ披露
● エコで簡単 ロケットストーブ製作実演
● ともに考えるHIV ハートフルエイズデーイベント
● 愛宕小と心の交流 本宮小の児童が発表
● 〈ニュース短信〉盛岡市新庄で住家焼く
● 元玉山村長の高橋求馬氏が死去
● 〈告知〉ヒナザクラ会を開催
● 〈告知〉市民協働推進基金設置記念 23日にフォーラム
2月 21日(火)
● 15年度までに100人規模の設計拠点に 日揮が盛岡市内に新会社
● 〈大震災私記〉120 田村剛一 悲しき知らせ 10
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1304 「火を囲む」千田宣正
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉142 及川彩子 漬物・ピクルス
        ◇         ◇
● 過去最高の183億円 八幡平市が新年度予算を発表
● 大山加奈さんが来県 3月にバレーボール教室
● 難病治療の子のために宿泊施設 あいアイハウス
● 〈もりおか鉄道物語〉7 大内豊 予定線で終わった鉄道2
● 盛南開発で新しい住居表示 
● ビッグブルズは2戦勝てず
● 知事と県議の資産公開
● もりおか木炭まつりを開催 やる気村
● 香港へエゴマ製品輸出 盛岡市の浅沼醤油店
● 〈寄稿〉菅原陽一 200のマンションが盛岡を救う
● 安全な街、盛岡 真山重博さんが講演
● 「明るい光も見えてきた」 映画館通り協議会
● 盛岡女子高保育士専攻科 卒業公演で音楽劇
● チャグホ塾で体験発表会 滝沢ふるさと交流館で
● 〈若き日の思い出〉1 片岸晟
● 復興への朗読劇 演劇人やアナウンサー出演し24日にプレ公演
● 野村恭子さんが馬をテーマにした絵画展
● 岩手山の四季 中野茂雄さんが写真展
● 宮舘副知事が退任 県庁前で離任式
● 再生可能エネルギーで東北経産局の大賞を受賞 ラ・フランス温泉館
● 酒気帯び傷害事故の講師を免職 県教委
● 盛岡信金が156万円 学び基金へ
● 青山地区でもワークショップ 地域協働
● 25日から生活再建へ説明会 労福協と連合
● インカレスキー21日から本県で 雫石町でも
● 〈ニュース短信〉インフルで3校
2月 22日(水)
● 全日本学生スキー選手権大会が開幕 雫石町で開会式
● 〈口ずさむとき〉269 伊藤幸子 「しらぬ筑紫」
● 〈大震災私記〉121 田村剛一 遺品を探す人たち
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1305 「果敢に」中山大太郎
         ◇        ◇
● 千葉茂樹副知事が就任 復興へ取り組み加速
● 盛岡市立病院、11年度損失は1億円
● どぶろくうまそう 岩手大学留学生が雫石の民宿で仕込み体験
● 2月期は6億円請求 JAが東電に
● 全中スキー、県勢初の2冠を報告 松尾中の小林君
● 松井大阪府知事が来県 達増知事と面談
● 古賀連合会長が盛岡入り 達増知事を表敬
● 〈ニュース短信〉インフルで学校閉鎖
● 返還命令の判決に不服 盛岡市が控訴へ
● 税理士試験3科目に合格 上野法律ビジネス、千葉尚さん
● 釜石の瀬戸さん玉山で講演 「てんでんこ」必要性と難しさ
● 東北の風景を題材 熊谷達央さんが絵画展
● 東京交響楽団が支援コンサート 3月31日に釜石で(復興釜石新聞)
● 営業再開プラザホテル従業員が手作りマップ(東海新報)
● 官民一体で復興支援 「奥州ネット」が再起後押し(胆江日日新聞)
● 〈若き日の思い出〉2 片岸晟
● 復旧、復興へ迅速推進 県が機構改革
● アドバイザーが盛岡市に提言 3・11「復興への誓い」で
● 不安にかられ給油に走る 震災時のGS行列理由を分析
● 市町村内純生産は2.1%減
● 〈日々つれづれ〉109 三浦勲夫 家族4代
● 〈NHK盛岡文化センター私の作品〉南部菱刺し 相澤真由美
● 独自のせん定技術を開発 滝沢村リンゴ農家、井上さんが大臣賞
● 放射線量測定マップ 盛岡市がホームページで
● おひな様と掛け軸展 ギャラリー野の花舎で
● 〈告知〉文学のまち盛岡を語る講演会
● 〈告知〉サンガ岩手主催チャリティーバザー
2月 23日(木)
● J−VER5トンを購入 東北銀行が三田農林から
● 〈大震災私記〉122 田村剛一 遺品を探す人たち
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1306 「雪が作り出す風景」萩原清章
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉301 八木淳一郎 盛岡の大気と大器
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉461 583系とE751系
● 〈肴町の天才俳人〜春又春の日記〉50 古水一雄 「句十歌五」
        ◇        ◇
● 龍澤学館が研究室 タケダスポーツ跡のビルを取得
● 大震災津波の検証報告書 21項目の課題を検討
● ビッグブルズの選手が指導 厨川中女子バスケ部員を
● ドクターヘリ5月に本格運航 調整委が会合
● 〈男の美学〉92 長澤幹 国のかたちの章〜ロストジェネレーション
● 名曲決定盤から解説 あらえびすレコードコンサート
● 災害物流のモデルに 県トラック協会が成果を報告
● 奇跡の高田人形 市立博物館、津波流失から1体だけ残る(東海新報)
● 〈若き日の思い出〉3 片岸晟
● 〈お父さん絵本です〉377 岩橋淳 紙しばい屋さん
● 釜石応援サミット、29日に東京で(復興釜石新聞)
● 湾口防波堤は押されて滑落 大船渡港
● 手紙対決、高橋是清と田子一民 盛岡てがみ館で
● 写し撮る「食の安心」 北歩美さんが写真展
● 自動車製造で省エネ化 岩手大学が研究成果を発表
● 深まった絆 矢巾町と普代村が友好協定
● 女性スタッフ16人が参加 接遇マナー研修会
● 新しきサラドの皿の酢のかをり 啄木ゆかりの給食味わう
● 市役所再び家宅捜索 県警捜査員10数人、未明まで
● 3・11復興への誓いに向けて 灯籠作り協力呼びかけ
● 3月定例会は24日招集 盛岡市議会
● GS3部で遠藤が優勝 学生スキー
● 盛岡三普通科で1・44倍 公立高志願者数調整後
● 〈ニュース短信〉矢巾町の飲食店で食中毒
2月 24日(金)
● 徳丹城出土の古代琴を復元 矢巾町教委が公開
● 〈潮風宅配便〉87 草野悟 西和賀の皆さんの気持ちは届く
         ◇       ◇
● 「住民理解の醸成を」 滝沢村の市制移行で知事が注文
● 震災対応で1千億円 県が11年度補正予算案
● 「永遠の今を生きる」 碧祥寺住職の太田宣承さんが講演
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉65 八重嶋勲 ただ哀れ婦人の末路
● 「日本の食」価値を認識 ジェトロが中国食品セミナー
● 業況判断指数は初のプラス 岩手経済研究所1月
● 三陸の現在伝える 八幡平市商店街で菊池さんら写真展
● 〈若き日の思い出〉4 片岸晟
● 被災の洋館が存続へ 陸前高田の神田葡萄園(東海新報)
● 用地変更含めて再検討へ 大船渡防災センター
● 桜山地区で計画に遅れ お城中心まちづくり事業75%
● 高速道で死亡事故多発 緊急交通安全キャンペーン
● 中国の視察団が本県入り 復興支援と観光促進が目的
● 「漁船取得に役立てて」 サントリーHDが県に10億円
● 住民待望の施設公開 4月開校の向中野小学校
● 盛岡市が無料シェアハウス 沿岸からの学生に
● 市庁舎移転、3月から造成に 八幡平市の田村市長
● 〈県議会代表質問応答要旨〉工藤大輔氏(民主)
● 〈県議会代表質問応答要旨〉工藤勝子氏(自民ク)
● 無施錠被害、高い割合 盛岡市防犯協の報告で指摘
● 県勢は入賞果たせず インカレGS男子1、2部
● 県が復興交付金基金創設へ 24日に県議会へ
● 八幡平市議会が開幕
● 〈ニュース短信〉4校で閉鎖措置
2月 25日(土)
● 谷藤市長「復興に県都の役割」 市議会招集、謝罪で開幕
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1307 「未来の田中ゆかり選手?」吉田瑞夫
● 〈大震災私記〉123 田村剛一 遺品を探す人たち
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉251 岡澤敏男 小作料の適正化をもとめて
● 〈昆虫パワーをあなたにも〉20 鈴木幸一 一足早い最終講義の本音
        ◇       ◇
● テーマは「清清」 一ノ倉邸でひな遊ぶ展
● 盛岡市が農林中金ビル取得へ
● 岩手建設工業新聞社が55周年 記念式典
● スライドシアターも 盛岡大学美術ゼミ卒業制作展
● 〈舗石の足音〉392 藤村孝一 実に難しい歌番組の司会
● 稲藤の歴史を活字に残す 地元住民が郷土史を本に
● スクールガードなど表彰 雫石町防犯交通安全推進大会
● 重点促進に38地域 盛岡広域産業活性化協議会が新基本計画
● 〈消えない思い〉80 足澤光さん(享年23歳)
● 盛岡地域夢起業塾 事例発表や基調講演
● 東北六魂祭の支援も 肴町4S会が総会
● 〈田村正彦八幡平市長施政方針演説〉「住み続けたいまちに」
● 「目標は錦織」12歳畠山君 ジュニア発掘キャラバンで優秀選手に
● 安らかな時を願って 片方さんがフラワーデザイン展
● 玉山、滝沢に牧草出荷の自粛要請 基準値厳格化で県が21市町村に通知
● 玉山区のロールが基準値超過 盛岡市が説明
● 地域のコラボ研究も 産技短展
● 被災者や持ち歌披露 カラオケサークルが発足
● 内定者39人が地域変更
● 補正予算案など42件を追加提案 県議会
● きょうから2次試験 国公立大学
● 矢巾町で2000人の大書道展 町公民館で
● 雫石町議会は29日招集 一般質問11人予定
● 裸体画像掲示の警部補処分 県警
● 県町村会が知事に要望
● 〈ニュース短信〉矢巾町でぼや
● 〈告知〉パイプオルガン初級演奏会
● 〈告知〉災害と郷土芸能国際シンポ
● 〈告知〉オトナ映画部作品上映会
● 〈告知〉盛岡市が国保運営協委員を公募
2月 26日(日)
● 滝沢村で「安倍氏を考える会」発足 全村的に遺構活用狙う
● 〈大震災私記〉124 田村剛一 花見の季節もなく
● 〈写真集「南部馬の里」〉44 遠藤広隆
● 〈詩人のポスト〉かけはたちひろ 「飛んでいけ」
          ◇         ◇
● 山田町へ支援米1180キロ 労農県民会議
● 城西中、城東中2校を耐震化 事業費は21億円
● 死刑制度、是か非か 盛岡三高生、熱烈ディベート
● SO福島本県選手団 感動の活躍報告会
● 雪を踏みしめ受験生 岩手大学でも2次試験
● 語り部6人、昔話を披露 コテージむらで
● 中津川にサケの稚魚を放流 岩大付属小学校の3年生
● 返還訴訟控訴を賛成多数で可決 盛岡市議会
● 〈ニュース短信〉新幹線に無賃乗車
● 排水方向制御の傘が入選 城北小6年の藤島さんが発明くふう
● 豪州へ中学生12人 紫波町で派遣
● 四十四田(しあわせ)はこび隊が発足へ
● 三陸鉄道田野畑〜野田間 4月再開へ
● 陸自第9師団長に知事が感謝状
● 谷藤盛岡市長所信表明演説全文 市民起点の市政運営に努力
● 6社に育成資金 リエゾン贈呈式
● 〈若き日の思い出〉5 片岸晟
● 盛岡グランドホテルの模型も展示 菊竹清訓の世界展
● 被災者の心のケアを考える 精神科医ら参加、シンポジウム
● 平泉効果で観光客増えた印象 北東北観光センター
● 〈告知〉盛岡駅前で郷土芸能フェスティバル
2月 27日(月)
● 岩手晴和病院改築へ 6階建ての新築病棟、10月完成
● 〈大震災私記〉125 田村剛一 ハエの大発生
● 〈幸遊記〉60 照井顕 田代たみえの弟・赤城圭一郎
● 〈ジジからの絵手紙〉6 菅森幸一 進駐軍
         ◇        ◇
● 世界一の記録を更新 八幡平リゾートで250人がスキーパレード
● 桃の節句に合わせて 季節の花をアレンジ
● 「終末期は自宅で」 在宅医療を考える意見交換会
● 〈杜陵随想〉伊能専太郎 ふるさと喪失
● 電気自動車に関心 勉強会に70人申し込み
● 体操、田中選手の父が語る 「真剣に遊ぶ」「好きになる」
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉22 和井内和夫 観光に知恵を集めて
● 盛岡手づくり村で手仕事の匠展 3大まつりを実物紹介
● 「三陸の和グルミ」を用いて 料理と菓子のレシピ募集
● 美術ある街は若者の居場所にも 県立大生の岩淵さんが卒業研究
● 国際七宝展で10年ぶりの奨励賞 天沼三津子さん
● 〈野の花の詩〉14 高橋繁 花売
● 啄木愛用の文机を復元製造 玉山区の葛巻林業が
● 市制移行の先進事例、沖縄県視察報告会開く たきざわ未来創造会議
● 宮古あばれ太鼓も 盛岡駅前郷土芸能フェス
● 被災地応援チャリティーバザー サンガ岩手
● 仙北中生徒が町内歩道を除雪
● 〈ニュース短信〉宮古市で多重事故、滝沢村の会社員兄弟が重傷

2月 28日(火)
● 矢幅駅前開発に強い意欲 矢巾町議会で川村町長が所信表明
● 〈大震災私記〉126 田村剛一 名取からの電話
         ◇       ◇
● 総額78億6300万円 雫石町が当初予算
● おひなさま、見る側も見せる側も「幸せ」
● 校長47人が証言 県小学校長会が震災記録集
● 運転免許証返納者を支援 サンデーが配達無料券
● 〈もりおか鉄道物語〉8 大内豊 予定線で終わった鉄道3
● 「義経北行」など披露 オトナ映画部が作品上映会
● 佐比内金山太鼓 創設25周年を記念
● 〈ときのかたみ〉1 下斗米八郎 春のきざし
● 復興へ願い、鋳物こまを製作 奥州市の鋳造所で完成 
● 舟越桂さん釜石へ 自作携え児童らと交流 (復興釜石新聞)
● 「長洞で住み続けたい」 住宅再建説明会で (東海新報)
● 盛岡市ごみ減量、2万トン削減を目標に
● 〈消えない思い〉81 足澤光さん 降伏せずソ連に抗戦
● 前九年合戦の時代を知る もりおか歴史文化館、歴史講座が好評
● 〈若き日の思い出〉6 片岸晟
● 台湾へ春にチャーター便
● 10キロクラシカルで梅本が3位入賞 学生スキー
● 善戦及ばず連敗を喫する ブッグブルズ
● 県災害対策本部の9日間 河原れんさんが小説に
● 大槌からがれき搬入 盛岡紫波施設組合に
● 中小復旧補助延長も 県議会で達増知事
● 花巻東がセンバツ出場報告 県教育長に
● 岩手県も原発風評被害地域に 旅館組合が県議会に請願
● 〈ニュース短信〉わいせつDVD販売で逮捕
2月 29日(水)
● 地デジ完全移行へ1カ月 チューナーの売れ行きに伸び
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1308 「雪の降る日」永瀬圭寄
● 〈口ずさむとき〉270 伊藤幸子 うるう年
● 〈大震災私記〉127 田村剛一 仮設住宅1
       ◇          ◇
● 矢巾町当初予算、大幅減額の92億円余
● 盛岡北スマートインター 県などが勉強会
● 「もりパス」拡充検討へ 盛岡商議所の少子高齢化対策委
● 祈りと娯楽の両面あり もりおか郷土芸能フェスティバル
● 悪質商法にだまされるな 盛岡スコーレ高で消費者講座
● 〈夢中翁がたり〉93 山田公一 詩情ゆたかな岩手路の始まり
● 女子5キロで西舘が8位 学生スキー
● まちづくり新手法 オガールプロジェクトを語る
● 〈消えない思い〉82 駒井光男さん1
● 寺前線と高屋敷堰の環境守る会が地元に発足 盛岡市下飯岡
● 〈日々つれづれ〉110 三浦勲夫 卒業期の進路
● 文化による地域再生を 平田オリザさんが釜石で講演(復興釜石新聞)
● 鳥海柵をひもとく 金ヶ崎町で安倍氏シンポジウム(胆江日日新聞)
● 防潮堤位置めぐり複数意見 (東海新報)
● 〈若き日の思い出〉7 片岸晟
● 盛岡白百合学園高美術部が作品展 それぞれのかたち
● 400年以上続く地域の伝統「アメッコ市」 大館市に見る守る形
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉手作りファッション 金野道子
● 雫石の春ワサビを味わう ホテルで試食会
● 「盲導犬に理解を」 谷藤盛岡市長を訪れPR
● 新戦力大挙16人 グルージャが発表会見
● ねこネコ猫の大集会展 きょうまで
● 保育園でミュージカル 県立大学生が授業の一環で
● 〈告知〉糖尿病学の市民公開講座
● 〈告知〉ひきこもり支援相談員の講演会
● 〈告知〉絵本をつかってコミュニケーション
● 〈告知〉文化活動コーディネーター
● 〈告知〉もりげき演劇アカデミー
● 〈告知〉サンライフ講座
● 〈ニュース短信〉山岸小で学級閉鎖、インフルで

2012年1月へ