■ 2012年3月のヘッドライン

3月 1日(木)
● 小林(盛岡中央高出身)が圧勝 全日本学生スキー、純飛躍
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1309 「カモさん寒そうだね」小林愼悦
● 〈風まかせ〉462 楽しみな臨時列車
          ◇          ◇
● 「住民の知恵や力を結集」 雫石議会で深谷町長が所信表明
● 目を引く享保びな 本町町内会でひな祭り
● 「あなわん運動」を いわてDCまで1カ月、観光関係者が研修
● インカレ優勝の小林選手、弟妹もジャンプ選手
● ラグビーW杯を釜石で 県議会一般質問で
● 一般質問に3氏が登壇
● 地デジ化まで1カ月に 草なぎさんが盛岡でアピール
● 「なあなあの部分あった」 職員逮捕で谷藤盛岡市長
● 小川学長が理事長を兼務 岩手医大
● 委員長に豊巻氏を選出 岩教組
● 〈ニュース短信〉インフルで閉鎖措置
● 小中学生100人にメダル 矢巾町で児童生徒を顕彰
● 〈わが歳時記〉高橋爾郎 3月
● ヤマト運輸支店に金賞 優秀安全運転事業所を表彰
● 〈男の美学〉93 長澤幹 国のかたちの章〜将来システム
● ストレスとの付き合い方は 参画センター講座
● 盛岡ロフト8日開店 商店街も大きな期待
● 〈消えない思い〉83 駒井光男さん2
● 釜石湾口防波堤を復旧へ 事業費490億円(復興釜石新聞)
● 〈若き日の思い出〉片岸晟 最終回
● 岩手大学の名物教官が退官 映画で英語授業のアラン・ファーさん
● 〈旅に出る意味〉1 桂城司
● 〈告知〉東北の古代城柵最前線をテーマに講演会
● 川端光朗矢巾町長所信表明演説全文


3月 2日(金)
● ILC誘致へ民間も本腰 県内経済5団体が推進協
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉66 八重嶋勲 貴君の下宿に2週間おいて
● 〈大震災私記〉128 田村剛一 仮設住宅2
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1310 「黄金色に輝くツリー」藤村文雄
● 〈潮風宅配便〉88 草野悟 薬剤師さんのボランティア
        ◇          ◇
● 滝沢村の当初予算、2.5%減の147億3000万円
● 復興支援策で情報交換 関係省庁が連絡会議
● 〈旅に出る意味〉中 桂城司
● 命日を皮切りに記念事業を展開 啄木没後100年
● 公募不調で直営継続 盛岡市産業支援センター
● 福祉施設などに助成金贈る 盛岡市歳末たすけあい
● 〈もりおか鉄道物語〉9 大内豊 消えてしまった鉄道1 釜石鉱山馬車軌道
● B型肝炎救済無料電話相談 
● 雫石町議会3月定例会が開幕
● 流行ピーク過ぎるも注意報水準 インフル
● 田村昌則社長が講演 農業経営戦略セミナーで
● 住民への説明まだ必要 滝沢村議会市制調査委が村自治連と意見交換
● 井上芝居に挑戦 もりげき演劇アカデミー卒業公演
● るかんぽさんの活動姿を写す 写真展
● 〈深谷政光雫石町長所信表明演説〉全文
● 見いだした進むべき道 盛岡市立高で卒業式
● 太陽光発電システムが運用開始 盛岡市都南分庁舎で
● 八戸市でもがれき処理 3月中旬に野田村から
● 本馬場での調教始まる 岩手競馬
● 北上市の丸新建設が倒産 負債額は8億8000万円
● 3、4区の支部長を正式決定 自民党
● 矢巾町産からは不検出 生シイタケ
● 〈ニュース短信〉八幡町の飲食店で食中毒

3月 3日(土)
● 滝沢地内のカルガモ死骸から鳥インフル検出 半径10キロ監視重点区域に
● 〈大震災私記〉129 田村剛一 仮設住宅3
● 〈賢治の置土産〉252 岡澤敏男 塾長は宮沢賢治
         ◇          ◇
● 本県に957億円が配分 復興庁交付金
● 「再生可能エネ重点に」 紫波町議会開幕、藤原町長が所信表明
● 中小企業再生へ支援機構が5日から業務
● 任期付き職員104人合格 県が発表
● ニーズまとめて発信を 国際連合地域開発センターが大船渡で助言(東海新報)
● 地域医療の復興誓う 県立高田病院で46人の冥福祈る(東海新報)
● 〈絆〜野田村交流〉上 向井田郁子
● 復興まちづくり、生活再建後押し(復興釜石新聞)
● いわてDCへ装い一新 ホテルメトロポリタン盛岡本館
● 〈消えない思い〉84 駒井光男さん 3
● 復興支援へロゴを制作 東京のデザイナーが寄贈
● スミ付け祭を写す 矢巾町役場でコンテスト展
● 〈旅に出る意味〉下 桂城司
● 「昭和の動乱を探る」 本社社長、大内豊著書が発刊に
● 市民文化ホールで卒業式 盛岡中央高校
● 「がれき3年以内に処理」は大命題 県議会で環境部長
● 〈舗石の足音〉393 藤村孝一 見たい番組がたくさんある人は大変だ
● 健康影響「極めて小さい」 本県児童生徒の内部被ばく調査結果が公表に
● 盛岡市議会、代表質問で論戦始まる
● 市職員逮捕事件に憤慨 盛岡市議会で議員が市側を追及
● 「子どもたちの3・11」 ユニセフが写真展
● 貝殻で作ったひな人形を飾る 紫波町の極楽寺
● 料理人が作った本格洋食を味わう 高松のデイ施設
● 補正予算案など可決 県議会
● 〈ニュース短信〉芸能関係者になりすまし現金詐欺
3月 4日(日)
● 農家の異常は報告されず 鳥インフルで県が聞き取り
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1311 「凍てつく川」佐々木弘元
● 〈詩人のポスト〉金野清人 白鳥よ
● 〈写真集南部馬の里〉45 遠藤広隆 冬の餌
       ◇         ◇
● 避難時は原則徒歩で 盛岡市が地域防災計画を見直しへ
● 学校給食の食材を検査 盛岡市が4月から自主的に
● 紫波町議会3月会議が開幕
● アートで街づくり、白熱のシンポジウム NPOと県立大学共同研究
● 県立大学混声合唱団が10日に演奏会 合唱で恩返しを
● 鳥インフル防疫研修会 消毒ポイントなど実演研修
● 第4回「書は楽し!」 プラザおでってギャラリーで
● 少年サポート隊退任の3人に感謝状 県警本部
● 小中でのいじめが増加 地方法務局が公表
● 「愛しの座敷わらし」 13日にプレミア上映会
● 6次産業化を後押し 関係16機関が連絡会議を設置
● 肴町商店街が商品券発行 1割のプレミア付き
● 〈もりおかの残像〉41 澤田昭博 黄金競馬場(中)
● 開花抑制遺伝子を活用 改良品種育成が可能に、研究報告
● 藤原孝紫波町長の所信表明演説全文
● 「桜顔」大吟醸の酒粕入りシューマイ 大手から発売に
● 園児が野菜オペレッタ 滝沢村で食育まつり
● 学童クラブが祈りの灯火 牛乳パックで灯ろう作り
● 小林陵侑君らに県スポーツ賞
● 「収束への道筋いまだ不透明」 原発で谷藤盛岡市長
● 「ときめくこころ」展 盛岡二高美術部の11人
● 中津川にサケの稚魚 綱取ダム守る会が放流
● 〈ニュース短信〉運転中に後部ドア開き、3歳児が転落死亡
3月 5日(月)
● 志和えんぶり初披露 旧八戸南部の飛び領地に誕生
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1312 「凍れる朝にも小さな命」浦波陽子
● 〈幸遊記〉61 照井顕 キム・デファンの音楽と微刻
● 〈野の花の詩〜深沢紅子油彩画集〉15 高橋繁 壺の花
● 〈大震災私記〉130 田村剛一 仮設住宅4
         ◇       ◇
● 台太郎や里の成果 盛岡市遺跡の学び館で発掘報告会
● 滝沢村が機構改革 市制見据えて職員定数見直しも
● 屋外広場で200人が「星めぐりの歌」 復興願い市民合唱
● 篠笛の調べ 南昌荘でひなまつり演奏会
● レジ袋削減へ有料化を要望
● 「地震で火災」想定し訓練 盛岡市上田公民館で
● 中高生9人を派遣 雫石町がドイツ友好留学の翼
● 11年半ぶり全国平均を上回る 1月の求人倍率0.75倍
● 〈ニュース短信〉花輪線の列車に異常、3本が運休
● 盛岡芸妓の文化遺産伝承を 経済人らが後援会を設立
● 思いを語り合おう モーリオの空が参加呼びかけ
● 苦難乗り越え釜石市内2高校で卒業式(復興釜石新聞)
● 水仙酒造が気仙で再操業目指す 新規工場を建設へ
● 「顧問先の中から倒産」 税理士の過半数予想
● 〈消えない思い〉85 駒井光男さん4
● 2月の県内倒産は2件 過去10年で最少
● 小麦栽培、高品質多収を実現 室岡営農組合に大臣賞
● 嶋屋さんと橋場さんが作品展
● 「舞踊と演歌の祭典」開く 復興支援で
● 乳児院に絵本代を寄付 盛岡商議所女性会
● 美容ヒラトヤグループに小さな親切実行章
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉23 和井内和夫 市民も観光地めぐりを
● 〈寄稿〉向井田郁子 絆〜野田村交流(中)
● 〈告知〉ホテル東日本プレミアムバイキング
● 〈告知〉あのなはんボランティア編集員募集
● 〈告知〉肥満にまつわる話
● 〈告知〉国際交流ボイスフォーラム
3月 6日(火)
● 「盛岡との合併はない」 川村矢巾町長が議会で明言
● 〈大震災私記〉131 田村剛一 友人の証言9
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1313 「盛岡雪明かり」工藤六郎
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉143 及川彩子 要塞都市の美
        ◇        ◇
● 大震災から間もなく1年 各地で行事を計画
● 谷藤盛岡市長「矢巾は合併に近い存在」
● 盛岡で湿り雪16センチ
● 鳥インフルは低病性ウイルス 監視区域は解除に
● 奥寺元本社社長が死去 9日に合同葬
● 「新たな特区申請を予定」 県復興局副局長
● 女性が結実するまで 桜川ちはやさんがアートアクション
● 演劇ユニット「小卒」 9日から第1回公演
● おひなさまとチュニック展 20日まで和緒居で
● 澤田昭博さん、あの日を語る 震災ボランティア活動報告会で講演
● 国史跡・志波城跡発掘35周年 記念講演会開く
● 大震災1周年県民集合 250人参加し、脱原発運動へ
● 〈もりおか鉄道物語〉10 大内豊 消えてしまった鉄道2
● 抜き打ち検査など制度の改正を検討 盛岡市入札
● 96歳の宮司遠山敬三さん 祖は藤原氏一族
● 〈寄稿〉絆〜野田村交流(下) 向井田郁子
● 第1原発まで4キロ、医師たちは… 双葉厚生病院の重富院長が講演
● 卒業の釜石小児童に花を 高橋さんと桜木さんがアレンジメント完成
● 復興と鎮魂の願い込めて 小惑星に「Tohoku」と命名
● 盛岡市議会、代表・一般質問に4人登壇
● 奨学生6人の卒業を祝う 県生命保険協会
● 予算特別委員会での審査始まる 県議会
● ビッグブルズが10勝に到達
● 〈ニュース短信〉盛岡市内で閉鎖措置、インフルで
● 〈告知〉10日に馬頭琴と朗読のつどい
● 〈告知〉タオル帽子講習会

3月 7日(水)
● 30カ所で太陽光発電構想 紫波町の藤原町長が県に要望
● 〈口ずさむとき〉277 伊藤幸子 震災命日
● 〈アートは元気の素〉14 えいこいのうえ 茂田井武
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1314 「冬の中津川」菅原一郎
        ◇          ◇
● 喜びの春 岩手大学で合格発表
● 総額112億349万円 紫波町の新年度予算案
● 〈遠山敬三さんは96歳〉下 満州時代の寄せ書きを大切に
● 〈日々つれづれ〉111 三浦勲夫 温故知新と未来
● 谷垣自民総裁が気仙へ 夢商店街など視察に回る
● ひきもり支援相談士、支部設立集会
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉ロマンドール 伊藤悦子
● 盛岡の食材で新商品 白菜、キャベツがおいしく変身
● 小児アレルギーを学ぶ 岩手医大の千田教授が解決
● 〈夢中翁がたり〉94 山田公一 白亜一三回の人々
● 電話お願い手帳贈る NTT岩手支店が県内市町村に
● UR都市機構と協力協定 陸前高田市で (東海新報)
● 〈寄稿〉みちのくの小京都と呼ばれて 菅原陽一
● 感謝のエール交換 釜石中と釜石東中 (復興釜石新聞)
● アジア大洋州大使会議が視察 陸前高田市
● 古里の原風景へ 熊谷淳さんが簗川の集落描く
● 舟越保武生誕100年記念作品展
● ビッグブルズが募金活動
● 導きの言葉がこの日に 岩手女子高校で卒業式
● 「岩手の怪物」トウケイニセイ死す 天寿をまっとう
● 事務処理ミスで年金過払い 雫石町農委
● 盛岡市議会で一班質問 5氏がTPPなどただす
● 原子力災害の位置づけは 県議会で防災計画めぐり議論
● 岩手競馬、年度代表馬にカミノヌヴォー
● 〈ニュース短信〉上田で民家を全焼
● 〈告知〉とやま芸術祭に招待
● 〈告知〉暮らしと心の相談電話
3月 8日(木)
● 〈あのときを忘れない〉1 守る、備える、伝える 北山自治会総務部防災隊
● 〈大震災私記〉133 田村剛一 消えた子どもたちの姿
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1315 「除雪」熊谷良隆
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉302 八木淳一郎 星座の歳月
● 〈春又春の日記〉51 古水一雄 無題(通巻四十二冊)
● 〈風まかせ〉463 E5系営業運転開始1年
         ◇          ◇
● 〈あのときを忘れない〉民生委員が安否確認 相馬宏さん
● 民間借り上げ施設、延長更新を国に要望へ
● 「ハードル突破に見込み立つ」 市制移行で柳村滝沢村長
● 畜産農家へ代替飼料 牧草利用自粛で (胆江日日新聞)
● 東京で応援サミット 釜石へ思い込め校歌合唱(復興釜石新聞)
● 「大型復興予算」その後は… (東海新報)
● 高田松原のマツを外装に USBメモリ発売(東海新報)
● 全国高総文祭ポスター、念願の最優秀 盛岡四の成瀬真実さん
● クラブ入団を目指して 一輪車の教室始まる
● 春向けデザイン新商品 あさ開が全国5社と連携
● 地デジ、58地区で難視 盛岡市は3年掛けて解消へ
● 岩手国体へ寄付金募集本格化 県副知事
● 山の画家吉田清志展 萬鉄五郎記念美術館で
● 〈男の美学〉94 長澤幹 国のかたちの章〜機会費用の差
● 読み聞かせでいい関係 親子対象にワークショップ
● 「そういう態度が市民にどう映る?」 市職員逮捕で市議
● あらゆる悩みに24時間無料で 11日からよりそいホットライン
● 駐日仏大使が知事を表敬 県立美術館も視察
● 盛岡市議会で一般質問 東北六魂祭などただす
● 議案への個々の賛否を公表へ 盛岡市議会
● 療育センターでひな祭り 握りずしに舌鼓
● スクールバスに住民も 盛岡市が4月から
● 土淵小学校区に児童センター 盛岡市が新年度
● 〈ニュース短信〉ドアガラス足蹴りして壊す
● 〈告知〉仮設住宅の被災者が作った手芸作品を販売
● 〈告知〉震災から1年、特別セミナー

3月 9日(金)
● ロフトがカワトクに出店 若い女性層に抜群の吸引力
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1316 「春のきざし」北井崎昇
● 〈潮風宅配便〉89 草野悟 大船渡の復興屋台村
        ◇        ◇
● 鳴り止まぬ合併論議の声 盛岡市議会
● にぎわいと希望の滝沢を 柳村村長が施政方針演説
● 県が上海にアンテナショップ開設へ
● 多彩な戦術、粘り強い守備 タグラグビーで全国に挑む
● 〈あのときを忘れない〉2 頼ってきた帰宅困難者たち
● 〈野村胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉67 八重嶋勲 専心学術の勉強にのみ
● 滝沢村に称賛状 死亡事故ゼロ1年半
● 飲酒運転根絶誓約書を提出 みちのくコカ・コーラ・ボトリング
● 副町長は選任せず 紫波町の藤原町長
● 不来方高音楽部が公演旅行でフランスへ 県教育委員長にあいさつ
● 手代森の澤目獅子踊り、石巻市水浜地区の慰霊祭に参加へ
● 「市制移行推進すべき」 滝沢村議会調査委が最終報告書
● 玉山区の阿部貞子さん 人形で復興の思いを応援
● 「おでんせ盛岡」も JR東日本がいわてDC商品発表
● 18市町村でまだ残る 退職時の特別昇給制度
● 〈ニュース短信〉江南義塾で閉鎖措置、インフルで
3月 10日(土)
● 東日本大震災津波 あすで1年
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉253 岡澤敏男
● 〈昆虫パワーをあなたにも〉21 鈴木幸一 岩手バイオリングの中の桑産業
        ◇      ◇
● JC主催復興創造フォーラム きょうから滝沢村アピオで
● 価格下落に風評被害 県内の農業者、今なお過半数に影響
● 〈あのときを忘れない〉3 生きた3日分の備蓄そうめん
● 高田松原のホッキ貝で人形 紫波町の川村さん
● 〈舗石の足音〉394 藤村孝一 テレビで流れた「故郷」の歌声
● 今年度末で72.4% 盛岡市の小中学校耐震化率
● がれき処理で秋田県と覚書
● 岩手大学、12日に後期日程試験
● カワトクに東山堂書店が入居 丸善跡、12日にプレオープン
● 〈消えない思い〉86 山口成功さん(享年21歳)
● 15代クイーンズスマイルに工藤さん
● 〈柳沢典秀滝沢村長施政方針演説全文〉
● 15の春へ関門 県内公立高校で一斉に入学試験
● 試験途中で不合格 携帯電話持ち込んだ男子受験生
● 公立高校入試の出題方針
● 誠の医師目指し日々精進 岩手医大で卒業式
● 心においしい栄養を ふれあい昼食会
● 奥寺元社長にお別れ 葬儀に300人
● 県立大学盛岡短期大学部で発表 計134人
● 〈ニュース短信〉ドアガラス蹴って壊す
● 〈告知〉いわて生協バスボランティア
● 〈告知〉ちゃっとランドオーストラリア
● 〈告知〉フィールドセミナー参加者募集
● 〈告知〉出前演劇ボランティア
● 〈告知〉復興の現状とこれからシンポジウム
3月 11日(日)
● 大震災から1年 課題は山積、復興への決意を
● 〈詩人のポスト〉かしわばらくみこ 「バスに乗って」
● 〈写真集「南部馬の里」〉46 遠藤広隆 震災後
● 〈ジジからの絵手紙〜戦後の盛岡の子どもたち〉7 菅森幸一 外食券食堂
● 〈大震災から1年〉高台への集団移転目指す 長洞元気村
● 〈大震災から1年〉保健師の出番 鈴木るり子教授が大槌町で減塩キャンペーン
        ◇        ◇
● 〈大震災から1年〉悲しみを強さに変えた春 菅野みなみさん(22)
● 〈大震災から1年〉先生になります 実家流出、母の死を乗り越えて
● 〈大震災から1年〉今後は、企画提案型も ボランティア活動にも変化
● 〈大震災から1年〉達増知事がメッセージ
● 〈大震災から1年〉河川敷に浮き上がる「絆」
● 〈大震災から1年〉県内学生が合同で復興イベント
● 〈大震災から1年〉内陸避難者へ支援の手 交流会も計画
● 〈大震災から1年〉復興への決意を 復興道路へ集中投資
● 〈大震災から1年〉沿岸12市町村の復興基本計画
● 〈大震災から1年〉2012年度県予算に盛られた主な復興事業
● 〈大震災から1年〉三陸鉄道の復旧目指す 鉄道は地域復興の力
● 〈大震災から1年〉復興への道筋 大山陽久日銀盛岡支店長
● 〈大震災から1年〉復興への道筋 元持勝利盛岡商工会議所会頭
● 復興推進対策本部が発足 盛岡市
● 「紫あ波せワイン」が発売に 紫波フルーツパークで
● 岩手大学卒業制作展 有志23人が意欲作
● ふれあい献血運動 県生命保険協会で
● 復興支援組織へ移行 県市長会
● 第21分団第2部に消防ポンプ車 交付式
● 故郷の復興を願って 井堂さんが木版画展
● 大船渡の被災者が鮮魚を販売 紫波ふる里センターで
● 看護科70人ら晴れの卒業式 岩手看護短大
● 愉快な仲間の写真展 きょうまで
3月 12日(月)
● 大震災1年、盛岡で市民が追悼 復興を誓う
● 〈続幕末維新随想〉1 和井内和夫 西と東の違い
        ◇        ◇
● 被災者が鎮魂の鐘 祇陀寺で法要
● 大槌町、祈りの1日 流失の自宅跡に住民、海に向かい手を合わせる
● 在住外国人の目に映った3・11 国際交流ボイスフォーラム
● あの日から1年 手をつなぐ育成会のつどいで「ふるさと」
● ちぎり絵で鎮魂の思い
● ビッグブルズが逆転勝ち 大阪エヴェッサに
● 「国挙げてがれき処理を」 復興創造フォーラム
● がれき「受け入れ」全国116首長 青年会議所アンケートに
● 南部家の墓所をきれいに 有志が活動
● 都南図書館で震災資料展
● JR復旧は鉄路で 県議会民主党会派が要望
● 事業再生などめぐって質疑 県議会予算委
● 自家発電能力を増強へ 盛岡市など各自治体で
● 東北電力、停電対策を強化
● 〈杜陵随想〉ひだまり 「新しく巣立つ君に」
● 盛岡市が休日に臨時窓口
● 盛岡市中央卸売市場内にコールセンター DIOジャパン
● エコハウス第3弾は陸前高田市 盛岡市が整備へ
● 〈私が愛した男たち〉5 佐々木市子 「玉元晃」
● 地域住宅生産者142グループを登録 県推進協議会
● 東日本大震災から1年 (復興釜石新聞)
● 〈ニュース短信〉滝沢村で羊33頭が焼死
3月 13日(火)
● 復興支援へ国と連携 東北銀行が資本参加100億円申請へ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1317 「夕陽に飛ぶ」千田宣正
● 〈幸遊記〉62 照井顕 稲葉紀雄のチャールズ・ミンガス
● 〈大震災私記〉134 田村剛一 山田町と津波
        ◇          ◇
● 解散総選挙へ活動本腰 自民党県連、2支部長が就任会見
● 「ドクヘリ相互乗り入れを」 県議会で議論
● 立てた誓いが結実 酔仙酒造が再建へ一歩(胆江日日新聞)
● 大船渡市で地鎮祭 (東海新報)
● イサダ漁スタート 大船渡魚市場に二五〇d水揚げ(東海新報)
● メモリアルボードに「希望の花」 大船渡の3小学校(東海新報)
● イサダに肥満抑制効果 岩手医大など共同研究、学術雑誌に
● 〈地元主導の観光へ好機到来〉上 地域密着で滞在型
● 公共政策研究会を設立 地域づくりへ参加呼びかけ
● 黄川田隼人君が作品朗読 冬休み良書酔仙運動感想文表彰式
● 予算議会招集、審議始まる 滝沢村議会
● 心の中がほっとフォト 盛岡市の浦波陽子さんが作品展
● 「フランスで遊ぶ」 ギャラリーウフたまご
● 養蚕イノベーションへ 岩手大学ミュージアムで企画展
● 「負けて勉強になった」と涙 空道のジュニア選手権大会
● 5道場83人が参加し内部試合 極真空手
● イー歯トーブ笑顔の写真展 入選作品を展示
● 県消防学校で防災訓練実施 11日に合わせて
● 井口基史氏がGMに就任 いわてビッグブルズ
● 岡田名誉教授が夫妻でウルグアイへ シニアボランティア
● 哀悼と復興の思い込め 盛岡茶道協会
● 香港の会社に感謝状 東北ツアーいち早く
● スポーツで活躍した生徒ら表彰 
● 産業技術短大で成果発表会
● 市職員を収賄で追起訴
● 谷藤盛岡市長が談話
● 国公立大学で後期日程試験
● 大槌町が内陸で町民説明会 
● 〈ニュース短信〉自動車販売会社からナンバープレート盗む
● 〈告知〉DVD「いわて三陸海岸」発売
● 〈告知〉合同就職フェア
● 〈告知〉すごい会社の話を聞く会
3月 14日(水)
● 中三盛岡店、閉店から1年 再開待ちわびる商店街
● 〈口ずさむとき〉272 伊藤幸子 「癌を抱く」
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1318 「一つ目モンスターの出迎え」中山大太郎
● 〈大震災私記〉135 田村剛一 山田町と津波2
       ◇       ◇
● 「進ちょく80」が4割 県の復興実施計画
● 60社参加し合同就職フェア 参加学生は少なめ
● 大震災1年、復興は進んだか 放送大学岩手学習センター斎藤所長が講演
● 〈消えない思い〉87 山口成功さん(中)
● 一戸町の「いいもの」展示販売 南昌荘で
● 〈地元主導の観光へ好機到来〉下 継続性こそ課題
● 「あの日、生徒に救われた」〈東海新報〉
● 釜石SWジュニアが台湾へ 交流ツアーに招待
● 陸前高田市で県追悼式 3000人が参列
● 〈日々つれづれ〉112 三浦勲夫 記憶と年齢
● 恩返しに木製看板「つるの大福」 難病の藤村英男さんが同級生に
● 教育振興運動ソングが完成 作曲は清心さん
● コミック「三陸鉄道震災の記録」が発刊に
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉仏像を彫る 米内幸一
● 矢巾町の100歳長寿者が2桁に 川村町長と一緒に「大笑い」
● 震災関連で緊急雇用創出に38事業を計画 盛岡市
● 〈夢中翁がたり〉95 山田公一 ツシマヤマネコの到来
● 認知症と介護を学ぶ会開く 雫石町の鶯宿で
● 震災殉職者追悼式 岩手公園の彰功碑前で
● 県商議所連合会などに要望 連合岩手
● 「技術頼みでなく環境も大事」 国交省主催コンクールで優秀賞の村山君
● 「ラグビーW杯招致」続々と声 県議会予算委で7人発言
● 〈盛岡市議会論戦から〉 職員逮捕事件、豊村氏粘る
● 〈盛岡市議会論戦から〉常議員会でも当局を追及
● 〈盛岡市議会論戦から〉議員さや当て? 保育園譲渡めぐり適格性論議
● JA玉山中央支所でぼや 事務所の書類など焼く
● 本県の真実の姿を知って 留学生招いて案内
● 〈ニュース短信〉臨場した警察官に暴行
● 〈告知〉子どもの危険回避へWS
3月 15日(木)
● 県では4月から新基準適用 放射線対策で食品安全性をアピール
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉464 1両編成が増える支線区
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1319 「ボクはチャリンコじゃないから…」萩原清章
● 〈大震災私記〉136 田村剛一 山田と津波3
         ◇         ◇
● 「被災地企業に発注したい」 中小下請けを対象に特別商談会
● 新年度に沿岸市町村に職員15人 盛岡市が派遣
● 新設小開校まで教室増築で対応 滝沢村
● 賢治の精神を土台に復興を ロジャー・パルバース氏が講演
● 〈消えない思い〉88 山口成功さん(下)
● 地産地消で6次産業化 いわてアグリビジネス研究会
● 〈杜陵随想〉澤田鎮子 鏡汁
● 視覚教育、100年の不易 県立盛岡視覚支援学校、創立記念誌に思い結実
● 〈大連通信〉1 南部駒蔵 退職後の短期留学
● 中原佳雄さんが絵画展 岩手の風景を訪ねて
● 震災1年、悲しみの追悼式 釜石市で1500人参列(復興釜石新聞)
● 人に役「辰」年 鈴木流梨華さんが年賀状大賞で大臣賞
● 月が丘小、卒業生をジュニアリーダーに任命
● 「ナインデイズ」著者の河原さん 知事を表敬
● にっせき健康塾開く 糖尿病をテーマに
● 〈男の美学〉95 長澤幹 国のかたちの章〜高齢者優位の選挙
● 〈お父さん絵本です〉378 岩橋淳 ヤマネさん、お山にかえるまで
● 北日本銀行人事異動
● 校舎損壊、分散学習 震災の試練を越えて厨川中で卒業式
● 土産用「納豆ラーメン」を発売 盛岡市の柳屋が開発
● 殉職者に緊急叙勲 県消防表彰式
● 県立大学の外国人講師を逮捕 広島で強制わいせつ容疑
● 110人に卒業・修了証書 県立産業技術短大で
● 滝沢にもモニタリングポスト 県が運用へ
● 三陸沖震源にM6・8の地震 津波注意報発令に
● 〈ニュース短信〉津波注意報で駅員避難、列車が運休
● 〈告知〉菊竹清訓シンポジウム
3月 16日(金)
● いわてDCへ機運 観光関係者ら700人集結
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉68 八重嶋勲 わが師逝き給ひぬと意識せる
● 〈潮風宅配便〉90 草野悟 神戸の先生から今年も届く
● 〈大震災私記〉137 田村剛一 山田と津波4
          ◇        ◇
● 復旧復興に力点 県が1551人の異動
● 盛岡東署長に吉田氏 県警が異動
● 災害現場で使える輸液装置を 岩手医大など2機種発表
● 復興需要に一服感 盛岡財務事務所が景気予測
● 春の新作弁当を発売 ネクスコ東日本
● 2年連続で全国に挑む 盛岡一高女子テニス部
● 水谷豊さんがPRに 県内ロケ「HOME〜愛しの座敷わらし」
● 知事賞1位に「あさ開」 県新酒鑑評会
● 米韓FTAで韓国へ調査団 県民会議
● 火葬場利用料の一部補助を検討 滝沢村
● 繰り入れないと年9200円増額 盛岡市国保の保険料
● レーダーで津波観測 (東海新報)
● 舞坂ゆき子さんが歌声 大船渡で追悼式(東海新報)
● 「宇宙桜」の種かた接ぎ木苗 奥州市で植える
● 1000人の歌声が満たす修了式 今春分離の本宮小で
● 釜石の園児を招待 盛岡市動物公園がオープン
● 真相究明、再発防止を 盛岡市議会で会派が意見
● 基準値価格15.6% 
● 障がい者虐待防止 盛岡市がセンターを開設へ
● 「ランチボックス給食の日を」 盛岡市で議論
● 花巻東の初戦相手は大阪桐蔭 センバツ
● 商店街活性化の条例効果は 盛岡市議会
● 〈ニュース短信〉JA新いわての玉山中央支所でまたぼや
● 矢巾町農委で事前説明会
● 〈告知〉動物いのちの会が里親譲渡会
3月 17日(土)
● 期待膨らむ春 県立高校で合格発表
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1320 「困っちゃうナー」吉田瑞夫
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉254 岡澤敏男 名を借り実を取る
        ◇            ◇
● もうすぐ春 石割桜がこも外し
● 本県へ176億円 地域医療再生へ事業展開
● 美術を愛する県人作家の作品展 県立美術館で「1年後のIMA展」
● 「マクロへの流動」 岩淵さんが作品展
● 〈春の彼岸特集〉面影を思い、みたまに手を
● 菅原勲騎手が引退、31日付で調教師開業へ
● 〈舗石の足音〉395 藤村孝一 故郷に帰りたくても帰れない
● 再生可能エネ導入促進 県の推進協議会が発足
● 宮古圏域の施設作品を ラックスでいきいきフェア
● 防犯課を独立新設 雫石町が90人の人事異動
● 卒業生58人を送り出す 第一高等学院盛岡校
● 「直球は心に響く」 高校演劇サミット
● 盛岡一高で次々胴上げ 合格発表
● 大船渡の母子も発表を見に 将来は復興の力にと誓い
● 41歳女の職員が放火を自供 JA玉山中央支所のぼや
● とりまとめで未明まで紛糾 県議会予算委
● 3月補正予算が可決成立 盛岡市議会
● ラスパイレス指数は低下 11年の市町村
● 〈ニュース短信〉花巻空港に男が侵入、電灯壊す
● 賛否分かれた議案は「議会だより」で公表 盛岡市議会
● 震度5弱以上なら職員招集 盛岡市の公民館
3月 18日(日)
● 簗川地区で4月測量開始へ 宮古盛岡横断道路、地権者向け説明会
● 〈詩人のポスト〉斎藤駿一郎 熱いココア
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1321 「あの港の光景」永瀬圭寄
● 〈写真集「南部馬の里」〉47 遠藤広隆 安比の夕暮れ
        ◇       ◇
● 6年間「極めた」学校 城南小で卒業式
● 盛岡駅西口の盛岡市保有地、売却残りは4区画
● 「今度は自分が」思い強く消防官へ 津波被災の19歳
● ミニチュアホースがお目見え 小岩井農場まきば園
● 川徳5階に中国「進出」 プーアル茶コーナーを開設
● 制服に袖を通せば膨らむ期待
● 頼れる人「いない」が35% 盛岡市市民意識調査で
● 送りつけ商法に注意喚起 カニや松前漬けで苦情相談
● 〈ニュース短信〉高速道トンネル内で死亡事故
● 三陸の海が支えた岩手 県立図書館で企画展
● 心が伝わる絵手紙作品展 はなみずきの会で
● セシウム吸着率の高い炭化物開発に成功 県環境保健センターと岩手大学城田栄一教授研究グループ
● 〈もりおかの残像〉42 黄金競馬場(下)「一條牧夫」 澤田昭博
● 県内6信金がシンジケート 30億円実施
● 矢巾町で62人の人事異動
● 知事から感謝状 県管工業協会に
● 4月上旬から診療を再開へ 花泉診療センター
● 「そのとき学校は」 釜石地区の小中学校長会が記録集(復興釜石新聞)
● 金ヶ崎に治験原薬棟 塩野義製薬が (胆江日日新聞)
● 21工房が参加 春のしずくいし工房まつり
● 2年ぶりの予算委員会 盛岡市議会
● スノボ大会へ支援金 帝都運転代行社
● 震災に伴い大雨警報基準を見直し 盛岡地方気象台
● 近代書画名品展開催
● 〈告知〉これからの被災地ボランティアを考える
● 〈告知〉「希望のシグナル」上映会
3月 19日(月)
● ようこそ、盛岡駅で歓迎 東北観光博がスタート
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1322 「雪の北山崎」宮台栄寿
● 〈幸遊記〉63 畠山直哉の石灰写真製造所
● 〈大震災私記〉133 田村剛一 津波トラウマ
        ◇          ◇
● ご先祖様に感謝の気持ち 春彼岸
● 行ってまいりますコンサート 不来方高音楽部
● 海外4カ国の企業と県内16社が面談 ジェトロ食品輸出商談会
● ハートのメッセージ到着 全国商工会連合会
● 〈杜陵随想〉伊能専太郎 春待つ心
● 「小岩井農場のむヨーグルト」新発売 本物のやさしさ
● クラフト館が21日にオープンへ ららいわて
● 〈野の花の詩〉16 高橋繁 「籠の花」
● 震災の語り部の出番 いわてDCで被災地ツアー(東海新報)
● 鵜住居児童館が完成 コンテナハウス型で(復興釜石新聞)
● 将来像、多彩に発信 大船渡で1周年記念シンポ(東海新報)
● 難病の細田さんがポストカード展
● 復興願い共同で「心」 おばあちゃんの夢ぬのえ展
● 簿記1級に満点合格 盛岡商業高2年の村井君
● 熱気と迫力 陸上自衛隊岩手駐屯地音楽隊がコンサート
● リベンジの放流会 中津川にサケの赤ちゃん
● 〈続幕末維新随想〉2 和井内和夫 現状認識と国家観
● 給付金額変更で7億円減額 盛岡市のこども手当
● 「あんなすごいやつはいなかった」 トウケイニセイをしのぶ
● 雫石町の避難者ら きりせんしょ作りを体験
● 郷土料理教室に市民23人 寄せ豆腐作りに挑戦
● 未着手で19事業残る 都南合併から20年
● 観光業風評被害の請願を採択 県議会商工委
● ビッグブルズ仙台応援ツアー IGRが企画
● 〈ニュース短信〉高速道の事故続発区間で重点取り締まり
● 〈告知〉アルコでフリマ出店者を募集
3月 20日(火)
● 県教委が3210人の異動 復興教育推進へ重点配置
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1323 「冬の一本桜」多田隆一
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉144 及川彩子 せっけんあれこれ
        ◇        ◇
● 滝沢村埋蔵文化財センターの桐生氏が定年に 縄文文化の魅力を全国に発信
● 「冬の岩手山」など油彩で 高原光男さんが作品展
● 山田町からサケの稚魚届く 滝沢村で放流
● 平泉作文コンクール表彰式
● 〈もりおか鉄道物語〉11 大内豊 消えてしまった鉄道3
● ビッグブルズが最下位脱出
● 盛岡市が人事異動 部長級は10人
● フルートソロ演奏で全国大会 黒石野中の佐々木あかりさん
● 交流拠点整備室を新設 滝沢村が人事異動
● 開業以来初の経常黒字へ IGRいわて銀河鉄道
● 大槌町が紫波町で説明会 住宅再建や土地利用計画
● 三陸復興国立公園創設へ
● 県議会が全国の道府県議会に要請へ がれきの広域処理を
● 市立病院の予算を審議 盛岡市議会
● 〈ニュース短信〉浅岸の山林で身元不明遺体
● 雫石町議会定例会が閉会
● 矢巾町議会定例会が閉会
● 〈告知〉ものまねライブショー
● 〈告知〉もりおか老人大学の学生を募集
● 〈告知〉キャラホール少年少女合唱
● 〈告知〉もりおか八幡かいわいまるごとフェスタ
3月 21日(水)
● 復興へ課題を共有 被災地支援シンポジウム
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1324 「かわいい笑顔」小林愼悦
● 〈口ずさむとき〉273 伊藤幸子 「機縁の章」
● 〈大震災私記〉140 田村剛一 津波トラウマ3
       ◇       ◇
● 25日にモリフェス2012 佐比内太鼓の高橋さんも出演
● 盛岡市が雪対策室を設置へ
● 文学のまち盛岡を語る 高橋克彦氏と中津文彦氏
● 盛岡で第2の夢を 福島から移住の元中学美術教諭が無料講座
● 「世界にはばたいて」 いわてスーパーキッズ
● 雫石で日本スキー学会 全国から約50人
● 春の緑の募金活動始まる 街頭で協力呼びかけ
● 〈ニュース短信〉路線バスが追突事故
● 笑った心に満ちる笑顔 桂枝太郎さんがデイサービスで高座
● 日本農業賞で大賞に JAいわて中央のりんご部会
● 〈日々つれづれ〉113 三浦勲夫 3月と絆
● 高速道の事故防止で 緊急キャンペーン
● 県内河川の川魚は安全 県が放射性物質調査
● うるま市と協定へ 盛岡市が災害時相互応援
● 三鉄沿線ジオラマが完成 釜石駅で公開 (胆江日日新聞)
● 芸術の薫り、酒蔵が醸成 女子美大生が制作展
● マウンド内に通水口 大船渡湾港防波堤計画で
● 盛岡藩成立の歴史を学ぶ 紫波郷土史研究会
● 〈杜陵随想〉石井實 潮時
● シイタケ栽培再開へ補助 県が予算化
● 地域で安心して生活を 県がいきいきプラン計画案
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉佐々木友子の市花専科 八重樫真理子
● 男女アベックで初の全国へ 見前中ハンドボール部が岩手代表に
● 廣内勝志さんが水彩スケッチ小品展
● 〈告知〉ものづくり復興支援セミナー
3月 22日(木)
● センバツ開幕、花巻東、大阪桐蔭に2−9で敗れる
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉303 八木淳一郎 盛岡と太陽
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1325 「山を越えて」佐々木弘元
● 〈春又春の日記〉52 古水一雄 通巻43冊(無題)
● 〈大震災私記〉141 田村剛一 防災教育1
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉465 ああ、きたぐに春に散る
        ◇        ◇
● 新ビジョンを策定へ 盛岡市中央卸売市場活性化
● がれき処理に強い決意 達増知事が会見で
● 生生学舎アダージョ開所 高次脳機能障がい者対象で初の就労支援B型
● 錬士市長がアドバイス 盛岡南高剣道部が全国大会へ
● 春めいて「菜の雫」 しずくいし料理研究会が試食会
● JRAから本県に6億円 支援金
● 4学部に80人が合格 県立大学後期試験発表
● 4学部合わせて218人合格 岩手大学
● 非行防止へ遊技場など巡回 少年センターと市P連
● 絆を象徴する施設に シンガポール政府と赤十字が陸前高田にホール(東海新報)
● 津波体験集を発行 釜石・大震災を記録する会(復興釜石新聞)
● 世界の若者が釜石で交流 (復興釜石新聞)
● 岩手の新しいお土産を 8社がグランプリを競う
● 市場調査などで協力 岩手銀行がものづくり復興支援へ
● 学生「町の観光サインを統一しては」 岩手大学地域課題発表会で
● 農商工連携セミナー 事例を発表
● 平泉3部作が完成 紫波町の三島さん
● 菊竹清訓の遺産を語る その建築思想をめぐってシンポジウム
● 大槌の児童が舞台から元気発信 フェザンでプチミュ!シアター
● 「応援される選手になって」 女子レスリング五輪メダリスト伊調千春さんが講演
● 〈男の美学〉96 長澤幹 国のかたちの章〜政治参加を高める方法
● 書道作品6000人展を開催
● 〈告知〉ふるさとの巨木・銘木観察会
3月 23日(金)
● 思い胸に社会へ 県立大学で卒業式
● 〈大震災私記〉142 田村剛一 防災教育2
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1326 「おいしい花模様」浦波陽子
● 〈潮風宅配便〉91 草野哲 和歌山からの遠来の客を案内
● 〈胡堂の青春はぐくんだ書簡群〜学友たちの手紙〉69 八重嶋勲夫 今漸く夢より醒めて人と成れり
         ◇       ◇
● 北海道の運送会社が盛岡進出 北東北コンビニに冷凍食品配送
● 県立療育センターが移転新築へ 16年度開所目指す
● 紫波町が人事異動 規模は65人
● サッカー場用地を求む 小笠原選手が呼びかけ(東海新報)
● 〈三陸の津波〉1 向井田郁子 上飯坂哲の事蹟
● 138年の歴史に幕 大船渡・崎浜小が閉校(東海新報)
● 「宇宙の夢を」写真パネル展 (胆江日日新聞)
● 岩手の民族芸能祭を開催 被災地の復興支援も目的
● 〈杜陵随想〉澤田鎮子 赤い糸
● 演劇大学朗読ワークショップ
● クラフト館がオープン らら・いわて内に
● 「岩手との懸け橋に」 帰国留学生を親善大使に委嘱
● 議員発議15件、請願3件を採択 県議会が閉会
● 菌床シイタケ3市町からは不検出 放射性物質
● ペット専用移動診療車を寄贈 マースジャパンが岩手大学に
● 震災後も下落は止まらず 地価公示
● 学生NPO代表、感慨の卒業式
● 変更契約時の適正処理を確認 滝沢村
● ダイオキシン、環境基準の超過なし
● 高速道の死亡警報期間を延長
● 牛肉1頭が規制値超える 県内で8頭目

3月 24日(土)
● 佐藤光彦氏を副市長に起用へ 盛岡市の谷藤市長
● 〈昆虫パワーをあなたにも〉22 鈴木幸一 賢治さんの「よーさん」から養蚕イノベーションへのお誘い
● 〈大震災私記〉143 田村剛一 防災教育3
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1327 「カモたちの昼寝」菅原一郎
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉255 岡澤敏男 碑前に「土に叫ぶ」の報告
              ◇
● 中1評定を調査書に反映 県教委の高校入試改革案
● 岩手大学で1492人卒業 東北復興の誓いを胸に
● 昔ながらのみそ造り 雫石町のあそびクラブ
● 県教委が5人を懲戒処分
● 盛岡市議会予算委が議案を可決
● 市制移行を決議へ 滝沢村議会
● 〈ニュース短信〉盛岡と八幡平でぼや
● 河合塾マナビス、盛岡市内に4校開校
● 〈舗石の足音〉396 藤村孝一 究極の音楽はモーツァルトのもの
● いわてDCへ接遇講習 タクシー運転手
● 川村町長へ出発あいさつ 不来方高音楽部、仏演奏旅行
● 介護用食器の体験会を開催
● 窒素氷工場を新設へ 大船渡市太洋産業(東海新報)
● 建設促進へ地元説明会 釜石中央IC計画図提示(復興釜石新聞)
● 世界遺産ゆかりの地 「牛の里」をPDFの作り方へ(胆江日日新聞)
● 地質調査求める声も 建物被害集中の前沢地区で(胆江日日新聞)
● 岩手大学学内カンパニーで成果発表会 多様な切り口示す
● ワークシェアも議論 盛岡商議所中小振興委
● 「鎮魂3・11平成三陸大津波」 東海新報が記録集
● 月嶺・月村・月泉 川口家3代の画風展
● 新渡戸稲造生誕150年 8月31日に記念事業
● 盛岡市議会常任委は議案採択
● 盛岡市の包括外部監査意見に議会「憤慨」
● 県総合計画審議会が政策を協議
● 盛岡じゃじゃ麺in黒デーを開催へ プロジェクト会議が4月14日に
3月 25日(日)
● 産業再生特区「今週に認可」 本県入りの平野復興相
● 〈ジジからの絵手紙〉8 菅森幸一 白い粉の恐怖
● 〈写真集「南部馬の里」〉48 遠藤広隆 「突進」
● 〈詩人のポスト〉糠塚玲 宛名だけの白いはがき
● 〈大震災私記〉144 田村剛一 防災教育4
        ◇          ◇
● 盛岡市ごみ処理計画が策定へ 年度内に
● 盛岡の趣と粋を味わう 芸妓とお座敷あそび
● 唐丹に水産加工場を建設へ 釜石ヒカリフーズ(復興釜石新聞)
● 養殖ワカメ初入札 高値スタートで手応え(東海新報)
● ボランティアも「助けて」 首都圏の大学生ら経済的負担(胆江日日新聞)
● 台湾の復興策に学ぶ 大船渡市の碁石地区(東海新報)
● 求人あるが、長期にわたる求職依然 小林岩手労働局長に聞く
● 〈杜陵随想〉金野清人 絆深めた「寄り添い会議」
● 都商店街連が義援金 県商店街連に400万円
● 新年度も継続実施へ 盛岡市の住宅リフォーム助成制度
● カワトクが宮古に店舗と営業所 4月下旬に
● スコッチが招いている 長瀬正明さんがイラスト展
● 心を解き放つ作品群 アイーナで春の陽だまり展
● みちのく発進書道展を開催
● 災害派遣福祉チームを 本県福祉職能団体が県に要望
● 「においとかおり」テーマ フォトクラブ中津川写真展
● 県教委の小中学校新採用教員
● 東北復興観光支援パスを発行 高速道で
● 国派遣などの人事異動を発表 県
● 観客が寄せた義援金を寄付 高校演劇サミット
● 「フラ」には愛があふれている スクール開設から2年
● 最優秀に間田澤さんら 雫石町で賢治作品感想文の表彰式
● 県高教組が集い 3・11を語り継ぐ
● キッズの集い 体育館を駆け回る
● 県立博物館長に中山敏氏 
● 菅野教育長を再任 県教育委員会議
3月 26日(月)
● 福岡便が復活 いわて花巻空港
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1328 「やっと咲いたマンサク」北井崎昇
● 〈幸遊記〉64 照井顕 七戸国夫の愛の宝石箱
       ◇          ◇
● 「今年は政治決戦の年」 自民党県連が定期大会で気勢
● 紫波町でそば打ち大会 腕自慢15人が出場
● 渋民区画整理事業は順調に
● 日加市民が共同制作 盛岡ミューラルがロンドンへ
● 「会えますか15の春」 4月に春季和紙ちぎり絵展
● 〈野の花の詩〉17 高橋繁 花をささぐ
● デイサービスが歌声喫茶に 「どこかで春が」から始まった
● 孤児や遺児支えよう キャンペーン
● 被災女性被災女性にも仕事を 「生きるためには収入が必要」
● 〈続幕末維新随想〉3 和井内和夫 武士たちの商人
● 本県の農地土壌濃度は1000ベクレル以下 農水省が発表
● 県立大合唱団がNYへ出発 復興に世界とハーモニー
● もりおか八幡フェス 屋台と芸能で春を呼ぶ
● 千社札の世界展 盛岡万札会が展示
● 盛岡市長杯争奪ボウリング大会
● 障がい者のための陶芸教室を開催 ふれあいランド岩手で
● 草染の美にうっとり 石川貴啓さんが作品展
● 岩手競馬アワーズ 4月3日に
● ビッグブルズ 連勝ならず
● 〈告知〉ベルフ山岸で歌声喫茶
3月 27日(火)
● 沿岸と内陸、市町村長が課題を共有 支援のあり方探る
● 〈古都の鐘〉51 チャペック・鈴木理恵 冬から春へ(上)
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1329 「ウサギの足跡」工藤六郎
● 〈大震災私記〉145 田村剛一 
          ◇       ◇
● 浮き立つ春の商戦 肴町で新入学、新社会人応援セール
● 〈もりおか鉄道物語〉12 大内豊 消えてしまった鉄道4
● フットサルで交流 被災地のスポ少を招く
● おいしいハチミツ作ります 紫波町の生産農家が研修会
● 沿岸に学びの題材生まれた 寺井氏らが復興案
● 情感漂う「親鸞」公開 井上雄彦さんが水墨画(東海新報)
● 犠牲者悼み寺の庫裏で絵画展 小原兄悦さん
● 盛岡中央高校写真部が展示会
● 浜のソムリエが誕生 龍澤学館、6次産業の人材育成
● ジョブカフェなど一体運営 国、県の就労施設を強化
● 高規格救急車を寄贈 共済連が沿岸各署へ
● 盛岡市議会で産業、建設常任委員会
● 浜藤の酒蔵、土蔵でなくなることに「異議なし」
● 職員逮捕で審査会 盛岡市
● 市民ボウリング大会結果
● 〈ニュース短信〉自転車を横領
● 県の廣田氏が専務理事に就任へ 盛岡商工会議所
● 市制推進の発議 滝沢村議会が可決
● 滝沢村議会3月定例会が閉会
● 紫波町議会3月会議が閉会
3月 28日(水)
● 被災地に回復感乏しく 県が復興ウオッチャー調査結果
● 〈口ずさむとき〉274 伊藤幸子 「昭和の子」
● 〈古都の鐘〉52 チャペック・鈴木理恵 冬から春へ(下)
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1330 「じいちゃんの背中で」佐々木盟子
        ◇       ◇
● 滝沢村と県立大、避難所の協定結ぶ
● 多重防災型を目指す 県が地域計画を策定
● 副管理者に高橋嘉行氏 県競馬組合
● コミュニティ支援研修会 大学生ら、体験から学ぶ
● 〈日々つれづれ〉114 三浦勲夫 仰げば尊し
● うまい「もりおか短角」 グルメウオーク5店舗説明
● 事務手数料が一部改正 運転免許関連
● 〈NHKもりおか文化センターわたしの作品〉仕覆を気ままに 吉田君子
● ワークショップ「おかえりアルバム」 発見の写真、持ち主へ届けたい
● フェザンでうまいもの市 おでんせ土産館で
● 滝沢村観光協会で「村公認」ネットショップ開設へ
● 盛岡市とうるま市 災害時相互応援協定
● なのりの社、4月に開所へ
● モリフェスで岩手大学生ら熱演
● 警察情報を持ち出し 県警本部が警部補を懲戒処分
● 電気自動車充電特別措置を申請 東北電力
● 災害がれき処理を要請
● 滝沢村などで震度5弱
● 〈告知〉ふれあいランド4月の行事

3月 29日(木)
● 2013年度から普通科の定員増強 盛岡中央高
● 〈いわて和菓子列伝〉14 大谷洋樹「羽山まんじゅう(大丸屋)」
● 〈おとうさん、絵本です〉379 岩橋淳 「ゆきだるまはよるがすき!」
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1331 「スポットライト」中山大太郎
● 〈風まかせ 鉄道さんぽ〉466 36型回送シーン
        ◇       ◇
● 盛岡市議会傍聴がスムーズに
● 盛岡市の見直し防災計画を了承
● 盛岡市議会3月定例会が閉会
● シンガーソングライター光さんが古里山田でコンサート
● 〈私が愛した男たち〉第6章 佐々木市子 「刑事コロンボ」
● 雫石町ビジネス応援講演会で小出宗昭さん講演
● 震災前に復旧は2割 被災事業所復興状況調査
● 船久保食用ほうずき会がジャムづくり 5月にはジェラートアイスに
● 県民の安全と安心を 県警察学校を8人卒業
● 〈男の美学〉97 長澤幹 国のかたちの章 国家破産
● ハーブの干物を商品化 岩手大の三浦教授と学生が開発
● 岩手女子高から介護福祉士試験に27人合格
● 柴田義孝氏が副学長に 県立大学人事異動
● 実験用具にびっくり 沿岸中学生がカレッジツアー
● 岩手国体選手強化本部が解散 県体協に一本化
● 冬を刻み 自然を描く 中村茂さんのアート展
3月 30日(金)
● 不来方、初の決勝へ 全国高校選抜大会男子ハンドボール
● 〈野村胡堂の青春育んだ書簡群〉学友たちの手紙70 八重嶋勲
● 〈潮風宅配便〉92 草野悟 「いよいよ再開 北リアス線」
● 〈大震災私記〉147 田村剛一 「合同葬儀」
        ◇       ◇
● 復興整備協議会を設置 県内被災9市町村
● 川魚の採捕自粛要請 気仙川など6河川 放射性物質が新基準超過
● 給食の食材も放射線物質調査 県が影響対策見直し
● 紫波町彦部に中野家の足跡 八重嶋彦部公民館長が講演
● 紫波マルシェ6次産業化起業塾が開講 農家対象に
● 中小企業診断士協会県支部が経産大臣表彰 復興へ貢献
● 被災市町村の力に 盛岡市職員の沿岸長期派遣24人に
● 集団予防接種によるB型肝炎被害者のため東北弁護団岩手事務局設置
● 今冬の渡来は半減 沿岸のハクチョウ飛来
● 雫石町商工会がものまねライブショー開催
● 〈三陸の津波〉2 向井田郁子 「大槌海嘯史」
● 〈夢中翁がたり〉96 山田公一 「戦前の十和田観光バス路線」
● 被災県31日でアナログ放送停波 家電店に駆け込み需要
● 大黒柱に成長 不来方ハンド安倍選手
● チャグチャグ馬コ保存会の繁殖馬が雄馬出産
● 中国産塩蔵ワカメを宮城県産と虚偽表示 陸前高田の業者
● 高校整備計画策定は当面見送り
● 雫石温泉郷共通入浴券発売 4月からしずくいし観光協会
3月 31日(土)
● 〈全国高校ハンド〉不来方は準優勝 残り3秒失点、逆転負け
● 〈賢治の置土産〉256 岡澤敏男 「宮沢賢治名作選」刊行
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1332 「ママ待って!」野沢淑子
        ◇         ◇
● 〈全国高校ハンド〉雪辱誓う選手たち
● 産業再生特区が認可 県内の全市町村計299区域
● 岩手医大病院ドクターヘリ 基地ポートが完成
● 放射線のハードルより高く 4月からセシウム新基準
● 三鉄にラッピング列車 てをつな号をデザイン
● 復興支援に快走 ビクトリアから「かけ橋号」
● 岩泉線廃止へJRが方針
● 台長に北川氏 文科省から
● 岩手競馬は4月7日に開幕
● 〈ニュース短信〉自宅前で暴力
● 好摩駅周辺整備が完了 きょう記念式典
● おもてなしのまち盛岡へ 平泉とのつながりもアピールへ
● 〈もりおか鉄道物語〉13 大内豊 消えてしまった鉄道5
● 学び希望基金に寄付 磐田信金
● 〈舗石の足音〉397 藤村孝一 3月11日に演奏されたマーラー
● 遷座100周年に一丸 四ツ家町内会
● 絵画サークル「風の詩」が絵画展
● 恩師と教え子、40年に及ぶ心と音楽の絆 木村悌郎さん
● 最優秀に「晩秋に浮かぶ」 滝沢村観光写真コンクール
● 真珠苑が新飲食ビル 盛岡駅前地区に初進出

2012年2月へ