■ 2013年2月のヘッドライン

2月 1日(金)

● 啄木記念館を譲渡へ 今年11月 財団解散し盛岡市の所有に 顕彰事業を継承 入館者減少と法人改革で
● 〈わが歳時記〉 高橋爾郎 2月
● 〈潮風宅配便〉135 草野悟 にゃんこ神社へお祈り
             ◇       ◇
● 回復基調が継続 盛岡財務事務所 10−12月期県内経済情勢 生産活動は弱い動き
● 渋民区画整理が完了 盛岡市3億円余を損失補償
● まちなかラリー7日から開催 まちづくり会社
● 地元学生は「復興の力」 岩大生が取り組み報告 知事と意見交換 息長い支援のために
● 職能教育を福祉にリレー 車いすフレンズ報告会
● 電話・メールで子育て相談
● 〈学友たちの手紙〉113 八重嶋勲 安村君が髯をたてた事だ
● 来月2日開始へ調整進む JR大船渡線のBRT運行(東海新報)
● 長期優良住宅に太鼓判 住田型グループが採択 国のブランド化事業(東海新報)
● 追悼施設で「鎮魂の議」 韓国僧正による読経 海外仏教学者ら参列(東海新報)
● 〈大連通信〉86・87 南部駒蔵 朝食 飲料水
● 学校の様子分かりやすい 岩手大学附属小 12年度「研究だより」好評
● JFいわてに可動式端末 農林中金が復興支援 20台を寄贈
● 災害時にラジオで情報 エフエム岩手が県警と協定
● 東北電力の県内販売量12月も増 5カ月連続
● 放射線量低減求める請願審査 盛岡市議会産業環境委
● 9日に子ども読書まつり あしたの本
● 彦部田植踊 地域連携で後継者育成 まずは横笛から 大山彦部小校長が譜面作成
● 県内初の脳死による臓器移植 医大で2人に腎臓 盛岡赤十字入院の女性から摘出
● 作文・図画コンクール表彰 ごはんやお米に思い込めた作品
● 県交通 一関市で人身事故 上野社長が陳謝
● 元全日本代表の南氏を監督に 盛岡誠桜高男子バレー部
● 第3四半期は減収増益 北銀が決算発表
● 盛岡市立高推薦 111人が合格
● 還付申告相談 イオンモール盛岡で
● 渋民中など閉鎖 インフルエンザ
● 盛岡行き始発列車 除雪で遅れ JR山田線
2月 2日(土)
● 市議会議長会が要望へ 復興の“原動力”に ILCを岩手に誘致
● 〈賢治の置土産〉300 岡澤敏男 「デクノボー」の系譜
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1546 「雪の回廊を歩んで登校」藤村文雄
            ◇        ◇
● 年間で全国平均上回る 昨年の県内有効求人倍率 復興需要を背景に 岩手労働局
● 鬼が保育園に出現 矢巾町商工会青年部 園児と豆まき
● 税務署が確定申告の作成指導
● 6次産業化支援のファンド 紫波町でセミナー 北川農水省専門官が講演
● アベノミクスのゆくえ 濱田札幌国際大学長講演 秋山会計事務所
● 田村和大さんが有機栽培勉強会 10日に紫波町
● 〈三陸の津波〉45 向井田郁子 鵜住居海嘯誌其ノ四14
● 県内初の高台移転が着工 防災集団移転促進事業 野田村の2地区 15年度完了を目指す(日刊岩手建設工業新聞)
● 学校施設に情報杭設置へ 陸前高田 思い出たどる手段に みんなのしるし(東海新報)
● 〈かけはし20年─岩手・石垣〉上 大内豊
● 焼きたてで心ほっこり 大槌にベーカリー開店 神奈川の公益法人 経済活性化で復興支援
● 世界遺産の価値を知る 岩手大平泉文化研究セ 附属中で特任教授が授業
● 盛岡駅からシャトルバス運行 岩手ブルズ戦
● 〈舗石の青潮と〉441 藤村孝一 「NHKのど自慢」のアナウンサー
● 〈杜陵随想〉 伊能専太郎 雪国の小鳥たち
● いわて雪まつり開幕 小岩井農場などで11日まで
● 灯油過去最高値の102円 県生協連で4円引き上げ
● 東電へ第3次損害賠償請求 県と市町村 6億2533万円
● モリジョビ・スノーバスターズ 大通商店街などで作業
● 被災者向け土地相談3日までサンビルで
● 民主県連資金移動訴訟 被告側 3月までに争点明示
● 県立高校推薦合格者838人 県教委
● 県立、岩手大出願状況好評
● 岩手医大腎臓移植手術成功
● 雫石町の養老でノロウイルス
● 冬景に塗り込めた思い 3月24日まで佐々木一郎展 もりおか啄木・賢治青春館
● 義経伝説講演会 山崎氏が持論を披歴 古館
2月 3日(日)
● にぎわう初の週末 面白い!頑張る岩手の冬 いわて雪まつり
● 〈ジジからの絵手紙〉29 菅森幸一 風邪
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1547 「白鳥と岩手山」菅原一郎
           ◇         ◇
● 来年度までに国出先集約 内丸の盛岡合同庁舎 防衛省など5機関入居
● 春闘、参院選勝利を 連合岩手地方委員会
● 経営アドバイザー急増 県内で有資格者100人超す 農業ビジネス拡大背景か 政策公庫
● 経営者は情報収集を 中小企業家同友会 講演会・賀詞交礼会
● 〈かけはし20年─岩手・石垣〉下 大内豊
● 津波防災の課題探る 釜石でシンポ 4人が取り組みを発表(復興釜石新聞)
● 浜復興を後押しへ 漁船4社 組合旗揚げし連携強化(東海新報)
● 被災越え本格稼働へ 岩手缶詰の大船渡工場(東海新報)
● 〈杜陵随想〉 澤田鎮子 「ミス・サイゴン」を見て
● 盛岡信金に初の認定書 企業の森づくりCO2吸収量
● 自治区の存廃を検討 玉山区で会立ち上げ 盛岡市長に提言へ 現行設置期限まで残り3年
● 地区代表が課題語る 県自主防災組織連絡会議
● 新たな一歩を 土川さん16年ぶり個展 あすまで盛久
● 川目などで一時停電
● 〈南部馬の里〉93 遠藤広隆 マッサージ
● 北上阻止しアカマツ守れ マツクイムシ対策求める 盛岡市林業審 関係者に強い危機感
● 絆を深めるためには 地域と中学生の対話集会 上田・緑が丘
● 還付申告の相談会 税理士会盛岡支部 イオンモールできょうまで
● ピエロ6人が鬼の姿で 孝仁病院で豆まき
● きのう県内は暖かい一日 盛岡の最高気温9・6度
● 三陸復興にエコパークを 中村正さんが講演 市中央公民館と市民の歴史探究館
● 6日から福祉ブランドフェア
● 暮らしに役立つマネー講座 市中央公民館参加者募集
● 盛岡市内73校から4500点 小中生の造形・美術展 あすまでカワトク
● 感じたこと素直に詩作 9日までクラムボン 平山千春さんの9編
● 〈アートは元気の素〉29 えいこいのうえ ルナちゃんの絵本
2月 4日(月)
● 盛岡市が住宅マスタープラン見直し 新総合計画と歩調合わせ策定
● 〈続われらの時代〉16 和井内和夫 わたしの自動車物語4
● 〈幸遊記〉109 照井顕 小泉とし夫の復興電子書籍
            ◇        ◇
● 参院選へ与党アピール 公明党政経懇 市町村長ら500人参加
● 福男と福女50人が豆まき ミカンや餅も飛び交う
● 次の1年に立ち向かう 被災企業の3人が展望 再生課題を参加者共有 復興セミナー
● 県内主要渋滞箇所を公表 県対策推進協 盛岡市街地地内にエリア
● 認知症を理解し地域で支えよう 県がセミナー
● 高台避難場所を選定 防災会議が暫定版示す 今月中にマップ配布 陸前高田市(東海新報)
● 清水城跡6年がかりで整備 江刺 太田市と自治会住民が力出し合い(胆江日日新聞)
● 盛土工事が本格化 高田小の南側 災害公営住宅整備地(東海新報)
● 新型E6系に試乗 秋田「スーパーこまち」 佐々木康宏
● ストンプを交えて 劇団コトナコナタ公演 9、10日風のスタジオ(肴町)
● とどけよう平和の心 持続可能な未来に 153人が交流し考察 県高校ユネスコ研究大会
● 純利益40億4千万円 岩手銀行第3四半期決算発表
● 盛岡市動物公園無料で臨時開園 9〜11日
● 合唱ミュージカル「オズの魔法使い」 キャラホールで11日に公演
● ビッグブルズ3節連勝なし 仙台に1勝1敗
● 原発のない社会実現を 学識者の会が結成 県民向け講演会など予定
● 描こう未来予想図 城北小でドリームマップ
● バレンタインフェア フェザンでこだわりの12ブランド JR東日本
● ぬくもりの手づくり菓子 奥深い歴史の味わい
● 強風により列車に遅れや運休
● 〈グラフ〉冬こそ応援バスツアー 震災体験を語り継ぐ 田老地区に記者が同行
2月 5日(火)
● 中津川に文化の橋 県民会館、歴史文化館、啄木・賢治青春館、野の花美術館、中央公民館 5館が流域施設連盟結成 官民の垣根越え協力
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉167 及川彩子 伊ブランドの支え
● 〈あなたへの手紙〉 「いなくならない」金野清人
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1548 「恋の季節」澤田昭博
            ◇        ◇
● 農家レストランに加工設備 盛岡市が薮川に整備 農村交流センター計画
● 五感で虹色の世界 県立美術館子どもWS 冬のまちといろ
● 新たな一歩踏み出す 雫石町民音楽祭 節目越え演奏に趣向
● MOSSに入賞作を展示 10日まで 岩手書き初め席書大会
● 冬のスポーツは楽しい 生出スキー場まつり そりやスノボで汗
● 光さん復興歌詞集パネル展 アイーナ
● 市立高にカヌー部を 盛岡市に県体協など要望
● 新園舎建設の地鎮祭 矢巾中央幼稚園 幼保連携への整備も
● エコ仕様でリニューアル 盛岡信金都南支店 12月から新店舗で営業
● きこえない人のために アイーナ 情報機器を紹介
● 元理事長関与の有無尋問 NPOセンター事件公判 被告は保釈
● 漫画プロジェクトに擬人画検討 平泉の出土品に達増知事
● 田山小・中をライフル会場 岩手国体
● 盛岡農高など学年閉鎖に インフルエンザ
● 〈訃報〉合田武氏(矢巾町教育委員長)
● 〈大連通信〉88 南部駒蔵 色狼
● 音楽愛好家あらえびす 胡堂が語るクラシックの世界 記念館で企画展
● 音譜に感謝を乗せ 不来方高音楽コース 卒業演奏会
2月 6日(水)
● 区画整理の計画縮小に言及 盛岡市の包括外部監査報告 当局は手法の見直しを主張
● 〈日々つれづれ〉157 三浦勲夫 アルジェリア
● 〈口ずさむとき〉319 伊藤幸子 春一文字
            ◇        ◇
● 18年春供用を目指し 矢巾スマートインターチェンジ 地区協議会が初会合
● 紫波町長の残任期1年 藤原孝氏「まず人気を全う」
● 山田、大船渡線を早期に 県と沿線自治体 あす復旧の要望活動
● 除雪費1億円の補正予算可決 滝沢村議会
● 〈草木の実の版画集〉19 八重樫光行
● エコ生活で地球救おう 西根小(雫石)など実践報告 温暖化を防ごう隊
● 夏まつりを盛り上げよう 世代超えて意見交換会 松園地区で150人参加
● 聞き語り「もりおか歴史散歩」 10日盛岡劇場
● 沿岸全体の産業支援拠点に 釜石・大槌地域育成センター 被災から復旧、4月再開(復興釜石新聞)
● 実験海域 釜石誘致へ機運 海洋エネルギー 欧州の研究所代表が講演(復興釜石新聞)
● 大船渡市漁協に特大垂れ幕 ハンカチをつなぎ合わせ 兵庫の高校生が制作(東海新報)
● デマンド交通スタート 自宅と病院・商業地を結ぶ 広田、小友、気仙町対象(東海新報)
● 〈NHKカルチャー〉主濱陽子「コート」
● 留学生も“就活”奮闘中 海外進出目指す企業も魅力 日本で仕事がしたい 岩手大で公開座談会
● 公立高出願始まる
● ご当地鍋で地域興し ちゃんこ太五郎 菅原店主、復興に力
● スキー国体選手団発表
● 〈杜陵随想〉 高橋龍児 仏教哲学は人を幸せにするか
● 岩大生が上田商店街情報誌発行 身近な街の素顔を伝えたい
● 14、15年度は34億円の不足 後期高齢者医療制度 市町村負担、保険料引き上げ検討
● 滝沢村も固定資産税誤徴収 2法人から656万円
● 滝村君不明から6年 情報求めチラシ配布
● 教訓風化させぬ 谷藤盛岡市長 逮捕事件から1年
● 県教委も近く調査 体罰の実態把握へ
● おでって後継テナント7日に審査
● 飯岡小など3校が学年閉鎖 インフルエンザ
● 氷上ワカサギ釣り今年も見送り決定 御所湖
● 吉田組が破産 負債6億5千万円
● 〈グラフ〉いわて雪まつり 雪像に復興の力強さ 11日まで雫石町
2月 7日(木)
● 滝沢にも監視帯 マツクイムシへ県対策強化 北上阻止へ市町村連携を 北限を15`北の好摩付近に 指定森林 盛岡715ヘクタール、紫波524ヘクタールに拡大
● 〈上海〜NY〜台湾ひと筆書き〉3 沢村澄子 食べて話して
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1549 「そり遊び盛岡新名所」北井崎昇
            ◇         ◇
● 観光施設巡り特産品ゲット 盛岡・八幡平広域推進協 あすからスタンプラリー
● 鵜飼に保育園を新設 滝沢の社会福祉法人 ニーズ増大に対応
● 県央管内も警報水準超す インフルエンザ
● 人口減少へ都市交通は 車中心から脱却したまちづくり LRT走らせ隊など討論会 森本章倫宇都宮大教授が講演
● いきいきシニアライフセミナー 19日アイーナ
● 〈春又春の日記〉75 古水一雄 無題(第62冊)その2 不安デアル、憂愁ヲ感ジル
● 宿舎確保の動き加速 大型事業担う建設業者 長期化見据え(東海新報)
● 東京駅建設に情熱傾け尽力 後藤新平と辰野金吾 水沢の記念館で企画展(胆江日日新聞)
● 羊毛染めの材料にツバキ 加工品の商品化目指す 大船渡の小松さん(東海新報)
● 〈鉄道140年の興隆〉16 大内豊 日本で3番目の鉄道、釜石鉄道の建設
● 〈風まかせ〉511 佐々木康宏 E6系スーパーこまち
● 技術支援へコンソーシアム 岩手大が創設 次世代のものづくり基盤へ
● 学部長候補に長野氏 法人会女性部 土淵小で出前授業
● ぱくついて「ひとめぼれ」 都南幼稚園 純情米おにぎり教室
● 高齢者狙う送り付け商法に注意 盛岡市消費生活センターが喚起
● 〈岩手からのカナダ移住物語〉40 菊池孝育 日本人散在政策
● 〈杜陵随想〉 金野清人 屋根に雪ふりつむ
● 徳丹想〜時代を越えて 矢巾町民劇場公演間近 練習に力入る出演者ら
● 約10万点の掘り出し物福祉バンク大市11日まで
● 作業所の製品よりどり もりおか福祉ブランドフェア
● 雪像作り始まる 8日からもりおか雪あかり
● 南太平洋でM8の地震 津波警戒し自主避難や勧告 国公立大出願締め切る 前期 岩手大2・4倍、県立大3・7倍
● 8校が学級学年閉鎖 インフルエンザ
● 議員間討議は20日に方向性 盛岡市議会
● 被災学生の支援 岩手大学で継続
● まつぞのスポーツクラブ10周年記念公演 11日無料
● 〈グラフ〉汚れるのがご利益 矢巾実相寺 奇祭スミつけ祭りに400人 笑いと涙の黒い顔
● 千の音色でつなぐ絆 22日にコンサート 市民文化ホール
2月 8日(金)
● 県生活衛生組合 備えあればあの店へ 盛岡市と災害協定 炊き出しやトイレ提供
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1550 「身近な国際交流」 千田宣正
● 〈潮風宅配便〉136「すごい食文化に感動」草野悟
           ◇               ◇
● 感染防止にチームで対処 ICAT 災害想定で机上訓練
● 毛せんの紅ほんのりと 南昌荘 ハート持ち寄りひなまつり
● 福祉灯油申し入れ 共産市議団
● 岩手で知った農村の相互扶助 役重眞喜子さんが講演 パネル討議も 盛岡市女性活動研修会
● ななっく店に調剤薬局 くすりの村源 施設の集客アップへ
● 山田町応援のご当地ラベル ベアレンが発売
● 世界遺産関連史跡の追加「戯画折敷」パネル展も 坂井教授が意義強調 水沢で平泉文化フォーラム
●  「卒業を祝う会」を開催 赤崎中10年度の卒業生 2年越しの晴れ舞台
● さんりくの園施設が着工 大船渡市 12月完成、来春開所目指す
● ジプシージャズ楽しむ 陸前高田 盛岡の寺田さんらが演奏
● 〈学友たちの手紙〉114 「世になやむ人の子」とか 八重嶋勲
● ストーリーテリングの魅力を 語りを間近な距離で ボランティア団体 おはなしちゅーみん
● 仕事請け負い実践研修 盛岡市委託のBPO事業 再就職目指して24人
● 〈大連通信〉89 「傘返る、財布返る」南部駒蔵
● 岩手いのちのアトリエ「つぶつぶ」雑穀料理教えます 盛岡市の高橋信子さん 自宅でベジタリアン教室
● 「おおむね妥当」と評価 職員逮捕事件 盛岡市外部委初会合
● 岩銀月が丘支店に感謝状 振り込め詐欺を防止
● まちなか検定スタート まちづくり会社 盛岡市内16カ所
● ソロモン地震避難 県内で2300人
● 矢巾東小など学級閉鎖 インフルエンザ
● 1年間の成果お披露目 岩手大図書館 三年次絵画・版画研究室展 10日まで
● 大賞は太田信子さん 第33回県写真連盟公募展
● 電業協会が公益目的事業講演会 13日マリオス 
2月 9日(土)
● 雫石町民劇場「龍になった八の太郎 浮き舘」節目の10回目に熱が入るスタッフ。出演者 野菊ホールであす公演
● 〈賢治の置土産〉301 岡澤敏男 賢治信仰のブラック・ボックス

● 〈もりおかデジカメ散歩〉1551 「日が昇る時」中山大太郎
            ◇        ◇
● 南部家伝来の提帯指定 県文化財 牡丹唐獅子模様錦など5点 保護審が5件を答申
● ラスパイレス100超す 県内市町村平均 国公務員給与削減で
● 1、2年生が地域の雪かき 河南中 感謝のボランティア
● 多彩な技でランキング1位 プロ目指しさらに高みへ 畠山尚君(松園中1年、まつスポ)
● 復興や学官連携で意見交換 岩手大と協力協定締結自治体
● 数え15歳の決意表明 2年生が立志式に臨む 下橋中
● 三寿司に小さな親切実行章
● 山田町船越小との交流振り返る 滝沢二中で報告会
● 矢巾町の齋藤さん100歳に お祝いの川村町長と元気に握手
● 盛岡の冬の風物詩 雪あかり始まる
● 酒気帯び運転の巡査を懲戒免職 県警昨年8月12日の事故で
● 県交通が非常事態宣言 盛岡市内で路線バス事故
● 5団体、5人がはばたき賞受賞
● 盛岡・うるま友好都市記念 23日に講演会
● 風雪でサイン感染などに遅れや運休
● 〈舗石の足音〉442 藤村孝一 ショパンの音楽を聴きたい
● 現場の空気を画面に 盛岡の街角や矢巾の田園 今野和利さんが画展 ひねもすほっと茶屋
● 日々の感動を写真に 携帯電話とコンデジで 鈴木さんと池田さん ソルナ
2月 10日(日)
● 岩手の読書週間に多彩な行事 創造力膨らませて あしたの本プロジェクト 作家と一緒にお絵描き
● 〈もりおかギャラリーめぐり〉2 盛久ギャラリー 文人が愛した旅館が芸文発信地 民芸建築の意匠残す
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1552 「ツルツル」藤村洋
            ◇         ◇
● 安倍首相が気仙入り 復旧復興の現場を視察
● 農家らが経営戦略学ぶ 雫石町で60人 農と食を結ぶ交流会
● 映画からプリー務パン 「きいろいゾウ」 ポンパ盛岡店が販売
● ネット通販立ち上げは 白ゆりが中小向けセミナー
● 〈もりおかの残像〉63 澤田昭博 南部中尉銅像(中)
● 適正な出荷数量を確保 宮古復興生コン向上 近く本格フル稼働へ(日刊岩手建設工業新聞)
● 復旧した港湾庁舎に復帰 釜石海保 迅速対応へ機能強化(復興釜石新聞)
● 仮設団地になまはげ 釜石市 被災者を勇気づける(復興釜石新聞)
● リンゴ買い温暖化防止 金ヶ崎産直組合が認証取得 カーボン・オフセット(胆江日日新聞)
● 〈三陸の津波〉46 鵜住居海嘯誌其ノ四15 向井田郁子
● 上野法律ビジネス 盛川さん税理士試験2科目合格 目指すは20代での資格取得
● 第3四半期は減収減益 東北銀行決算
● 応急手当の普及に練習機 学校安全互助会が消防に寄贈
● 災害と防砂など成果を披露 県立大ソフトウエア情報学部 卒業研究発表会
● 〈鉄道140年の興隆〉17 大内豊 鉄道創設に献身された人々
● 雫石町民スキー結果
● 盛岡市動物公園冬季開園 ヤギやアヒルとの触れ合いも
● 毛筆書写や図画など展示 原敬記念館 生誕記念イベント
● お国の料理で国際交流 留学生が旧正月祝う 盛岡情報ビジネス
● 若い力で商店街活性化を 市商連新年交賀会
● 18人の感性のびのびと 三愛学舎卒業展
● 最優秀賞に東梅さん モリカレ学生活動報告会
● 玉山地域づくり大会21日渋民で
● 埋蔵文化財講座県民会館で16日
● 盛岡貨物駅で信号トラブル 列車3本運休
● 花輪線運休や遅れ ポイントが破損
● 青木さんが藤原賞 県教員美術展 きょうまでエスポワール
● 〈南部馬の里〉94 遠藤広隆 工事中
2月 11日(月)
● 極寒の地で競技楽しむ 薮川・岩洞湖 SUGAフェスタ アイス早食いにヤカーリング
● 〈幸遊記〉110 照井顕 菅原恭子の黄色い絵画
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1553 「冬のオアシス」秋篠祐子
            ◇         ◇
● 1次産業活性化に組成 東北銀行が13年度ファンド
● 退職金引き下げは4月に 県が改正条例案 混乱の回避を考慮
● 被災者の医療費負担免除を 県保険医協会
● 釜石「高炉」の火」が青山に 雪あかりに絆ともる 鉄が結ぶ固い縁
● 盛岡の伝統工芸を紹介 11日まで 手づくり村で漆器展
● 地域の支えで子ども成長 教育振興運動実践発表 盛岡市で大会
● 件数、金額とも横ばいで推移 商工リサーチ 1月倒産状況
● 畜産研究所の技能員を募集
● バレンタイン商戦が活況 3連休でにぎわう小売店
● 20年締めくくる作品展 写真サークル525 きょうまで中央公民館
● 太田小で未明に火災 保健室を焼く 12日は平常授業に
● 復興の願いを込めて もりおか雪あかり 沿岸の親子が制作
● 岩手、福島の画家中心に 4年ぶりに東北新象展
● アートのおくりもの岩手芸文美術展 11日まで県民会館
● 北上の飲食店で食中毒 県が3日間の営業停止処分
● 生から死へ 半世紀にわたる足跡紹介 横尾忠則ポスター展 県立美術館
● 東京で「希望の木」朗読会 19日
● 〈ひかりのうみ〜復興シンガーソングライター光歌詞集〉1 強がらないで
2月 12日(火)
新聞休刊日
2月 13日(水)
● 13年度県一般会計当初予算案過去最大の1兆1517億円 震災対応分11%増の5161億円 前年度比3%増 基盤復興期間の最終年 19日招集の議会に提案
● 〈口ずさむとき〉320 伊藤幸子 奈良の大仏
● 〈あなたへの手紙〉 「大沢川原」かしわばらくみこ
● 〈日々つれづれ〉158 三浦勲夫 ミステリー
            ◇         ◇
● センバツへ意気込み語る 盛岡大附野球部来社 まずは甲子園で1勝
● 協力に道探らねば 参院選岩手区 来県の海江田民主代表
● 〈草木の実の版画集〉20 八重樫光行 マメコガキ
● 転倒防止にフットケア 東日本絆CC 泉氏(米国足病医)が盛岡で講演
● ごみ集積所の活動例など 環境フォーラムで紹介 滝沢村
● 本会議場で高田高が合唱 県議会 初のコンサート会場に 定例会初日
● 2013年度県当初予算案の主要事業
● 建造物解体終盤に 陸前高田 市役所庁舎にも重機 3月末までに完了(東海新報)
● 復興のため「ひたすら歩く」 早大生の後藤さん 4県700キロを踏破中(東海新報)
● 一本松から「市長印」を 全日本印章業協青年部 彫刻の技術者募集(東海新報)
● 〈夢中翁がたり〉139 山田公一 岩手の社会運動4
● 〈NHKカルチャーわたしの作品〉 「みんなで木を守ろう」岩崎さくら
● 復興支援センターなど視察 海江田民主代表 ILCでも初健康観
● 409人が熱戦繰り広げる 中津川LC主催 盛岡地区少年剣道大会
● 泡立つ学生のアイデア 岩手大学教育学部 石鹸デザインP発表会
● 感謝の気持ちで針供養 県畳工業組合盛岡支部
● 本院跡地利用は未定 盛岡商議所で移転説明会 小川岩手医大理事長
● 市制移行など質問 滝沢村で新成人議会開催
● 世界大会活躍知事に誓う チェアスキーの横澤さん
● 復興予算でさんさ台湾派遣 県議から疑問の声
● 北朝鮮核実験で放射能監視強化 文科省が指示
● 県議会定例会は19日から36日間
● 上田、緑が丘小がインフルで閉鎖
● 来年のJBC競走 盛岡競馬場で開催 地方競馬最高峰 12年ぶり2度目
● いのちとこころ支えるフォーラム 18日開催
● 岩手ブルズ千葉戦1勝1敗
● 〈グラフ〉みんなが主役 「龍になった八の太郎 浮き舘」雫石町民劇場第10回公演 「徳丹想〜時代を越えて」矢巾町民劇場第17回公演
2月 14日(木)
● スポーツ・パル制度創設へ 市立高には部親切 盛岡市が推進計画案
● 〈岩手からのカナダ移住物語〉41 菊池孝育 日系人の懸念
● 〈上海〜NY〜台湾ひと筆書き〉4 沢村澄子 ユアウエルカム
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1554 「春の便り」佐々木盟子
             ◇       ◇
●  子どもの心のケア強化 岩手医大施設(矢巾)に5月開所 県がセンター
● 長島政務官と意見交換 県町村会 総会では新年度計画決定
● 知事部局は約250人増 県の新年度職員体制
● 自治体病院協が医療講演会 盛岡で16日
● 成果、管理指標で進行把握 盛岡市スポーツ推進計画案 計画で取り組む新規施策
● 個人も企業も成長できる WLBに佐々木東レ特別顧問 盛岡で推進セミナー
● 〈ことばの力〉1 志賀かう子 ハンサムに生きる
● 南部鉄器で再生、販売 ぬか釜復元し文化を発信 胆沢の及川さん 及源鋳造とコラボ(胆江日日新聞)
● 仮設入居者らの交流 小野寺恵さん(盛岡)が講師 住田で昼食会(東海新報)
● 救急医療情報は冷蔵庫に 高齢世帯などへキット 陸前高田市が配布(東海新報)
● 〈エッセー〉宮古のイケメンマップ 向井田郁子
● 澤岻直人選手トレード獲得 岩手ブルズ
● 〈風まかせ〉512 佐々木康宏 冬の一番列車にて
● 第2期基本計画案を了承 盛岡市中心市街地協 商店街の賑わいを楽しむ 暮らしや便利さを楽しむ 歴史や文化に触れる 3つをテーマに
● 共同研究から「安代の秋空」 12年かけ品種開発 岩手大学地域連携フォーラム
● 詐欺被害を未然防止 みずほ銀行に感謝状 盛岡東署
● 第28回八木橋伸夫杯ミックスダブルスバドミントン大会成績(10日、県営体育館)
● 〈鉄道140年の興隆〉18 大内豊 鉄道官制の移り変わり
● 中三爆発事故で3人を書類送検 警報なるも原因確認不足 ガス漏れはアーケード側地下か 県警・盛岡東署
● 認知症グループホーム緊急防火査察 長崎火災受け13日から開始 盛岡消防組合
● コゴミ、ワラビ全市町村で 放射性物質検査を実施
● 盛岡市ホームページ 61%が「見たことない」 市民アンケートで判明
● 北朝鮮核実験に抗議 県水爆岩手協 街頭署名活動
● 3・5倍に確定 岩手大13年度入試
● 連合岩手が相談ダイヤル
● 滝沢中央小予定地 市街地編入を可決 県都計審
● 黒石野中1年1学級が閉鎖 インフルエンザ
● 問題意識持ち寄り アートトライアル展 あすまで喫茶ママ
● 中津川からの街づくり 野の花美術館講座 遠藤雄三さん講師に
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉324 八木淳一郎 ハレーの思い出
2月 15日(金)
● 公共施設の保有 最適、長寿命へ方針案 建物とインフラに系統区分 データ収集し廃止など評価 盛岡市が6月策定
● 〈潮風宅配便〉137 草野悟 開かずの踏切 あれから間もなく2年
● 〈大連通信〉90 南部駒蔵 愛情
            ◇       ◇
● 陸自と通信業者が合同訓練 各種機材をヘリで空輸 県内初
● 仙北駅に4月保育所 JR東日本の子育て支援事業 ニチイ学館が開設
● 受粉にニホンミツバチ 活動発表やグループ討議 アグリネットワーク 盛岡で青年の集い開く
● 県産食材メニュー開発 盛カレ講座が修了 6次産業化人材育成
● 子育てネットが親婚セミナー
● 〈学友たちの手紙〉115 八重嶋勲 「自然」を語る、これ神の声
● 黒森神楽 鎮魂の南回り巡行 震災後初めて釜石・宝来館へ 根浜海岸で供養の念仏(復興釜石新聞)
● 幹の一部が“里帰り”奇跡の一本松設置作業(東海新報)
● 冬の散居に豊作の祈り 胆沢 全日本農はだてのつどい(胆江日日新聞)
● 避難場所など見直す 防災計画の修正案提示 大船渡(東海新報)
● モンゴルとナウルから学生 被災地岩手の復興状況を視察
● 黒船の味カップめんに 明星食品 だしに復興への思い
● 岩大附小PTAサークル 中央公民館で作品展 17日まで
● 今後危惧される倒産件数の増加 帝国データバンク
● バレンタインデー特別企画 岩手リオン
● 東北最大級のラドン岩盤浴 鶯宿宿赤い風車17日オープン 南部富士見ハイツ跡
● 未検査の水源水を宿泊客に提供 雫石のホテル
● 東北電力33年ぶりの値上げ 平均家庭で540円増
● 平均志願倍率は0・98倍 公立校入試調整前
● 地元スギ表札でPR 盛岡市の家族協定締結者
● 6・1倍に確定 県立大入試倍率
● 1等前後賞5・5億円 グリーンジャンボ発売
● おでってテナント2者内定 盛岡市
2月 16日(土)
● 盛岡市13年度当初予算案 一般会計1033億円 国体成功見据え編成 前年度比1・1%減 市債発行厳しく抑制 復興推進24事業に2億円
● 鉈屋町歴史活用5・7億円
● 〈賢治の置土産〉302 岡澤敏男 賢治の幼年伝説
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1555 「コガモの夫婦」菅原一郎
            ◇        ◇
● 19年3月供用目指し 滝沢南SIC 地区協議会を設置
● 自由に勉強自主性育む 唐丹中「学びの部屋」子どものエンパワメントいわて 受験間近の3年生利用(復興釜石新聞)
● ケア充実へ連携強化 陸前高田 在宅療養を支える会発足(東海新報)
● 「被災地を忘れない」 釜石で支援シンポジウム 蜘蛛の糸(復興釜石新聞)
● 助産師さんがサロンを開設 18日都南公民館
● 〈三陸の津波〉47 向井田郁子 釜石町の概況
● 認定率が計画を上回る 盛岡市の介護保険 給付費は3・1億円増
● 政務活動費で条例案 県議会 19日に議員発議
● 海外5カ国からの12人も ヤングリーダーズ国際研修 岩手大学
● 大災害時にFM岩手 12消防本部と協力協定
● 2年生が卒研発表 産業技術短大矢巾校
● 期間中29万人が来場 深谷町長 いわて雪まつり総括
● シニア元気塾 27、28日開講 都南公民館
● 〈舗石の足音〉443 藤村孝一 ブレハッチと牛田智大
● 簗川にサケ稚魚7千尾 大きく育って戻ってきて 盛岡河川漁協 川目小児童22人が放流
● “佐川男子”に感謝状 傷害犯逮捕に協力
● 市内小学生の理科工作 17日までこども科学館で
● 盛岡市水道部徴収漏れ 406件、3103万円に
● 141人の作品 県写真連盟公募展
● 電気設備点検指示 盛岡市保有施設に 太田小家事で
● 圧力による引責、自供を主張 NPOセンター公判 元理事長に被告人質問
● 労働問題に対応 連合岩手 なんでも相談 17日まで
● 北朝鮮核実験 環境影響なし
● 24日にカクテルパーティー NBA盛岡支部メトロ盛岡で
● いわてフィル初の定演 地元に愛されるオケへ 23日に県民会館
● 小田さん(盛岡大生)が修了展 あすまで彩画堂 個展絵画15点など
● 盛岡巡りの新譜発売 中津川ゆりさん

2月 17日(日)

● 強い大学づくりが目標 18歳人口の減少に対策 「教員の力を結集したい」 盛岡大新学長 徳田元氏に聞く
● 〈ジジからの絵手紙〉30 菅森幸一 「電化製品?」
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1556 「厳寒完全防備」北井崎昇
            ◇        ◇
● ブランド再生と信頼回復へ事業費 子どものいる40代以下の女性狙いに 県が原発事故風評被害対策 消費者の買い控え解消へ
● 盛─吉浜間は4月3日再開
● おはやしはジャズ ノンクトンク 店に享保びな飾る
● 偉人の目に映った盛岡 幸田露伴やヘレン・ケラー 河南合同研修会 藤井茂氏(郷土史研究家)講演
● 女性の働き方を聞こう 太田彩子さん講演会 24日盛岡で出版記念
● 海外市場に日本酒活路 久慈南部美人専務 個屋内で消費伸びない
● 木伏緑地が世間遺産 駅前商店街が認定
● 〈鉄道140年の興隆〉19 大内豊
● 被災者の心のケア公開講座 24日盛岡で
● 8万立方メートル供給へ本格稼働 宮古復興生コン工場落成式(日刊岩手建設工業新聞)
● 仮置き場設置 前途多難 奥州市が住民説明会 反対相次ぎ候補地撤回 「白紙」も設置必要 会見で小沢市長(胆江日日新聞)
● 継承誓い 交流の舞 小田代神楽(江刺)─大森神楽(衣川)(胆江日日新聞)
● 〈杜陵随筆〉 片岸晟 如月を思う
● 絵はがきアラカルト 懐かしい盛岡の風景・風物 てがみ館 萩原吉二や中井汲泉
● 放課後を豊かな時間に ちびっ子茶会でお手前 上田公民館
● 被災地のこと知って 光さん歌詞集パネル展 アイーナで開催中
● 〈南部馬の里〉95 遠藤広隆 乗用馬
● 震災を語り継ごう 自作の絵本を朗読 小学校教師小松則也さん 矢巾・不動保育園で
● 留学生も隕石に驚き チェリヤビンスクに親戚 ヤクシェワ・マリアさん(ロシア)─女性文化大学に出演─
● 冬の八幡平で遊びを満喫 17日までゆきフェスティバル 柏台のさくら公園
● 復興、地域課題を県民に 県の新しい公共モデル 事業団体が実践報告
● プレゼントもおいしい 恋するおコメ 全農県本部が抽選会
● 地下水から放射性物質は不検出 県内22地点
● 八幡平で15日夜837戸停電
● 和服姿でベストドレッサー 佐藤夫妻(神子田)が受賞 カラオケフェスタ
● 古い物から新たな息吹 高橋康子作品展 28日までみやざわ
● 23日外国人とのちゃっとランド 県国際交流協会
● 盲ろう者友の会24日に講演会 マリオス

2月 18日(月)

● 第2次自治体経営移行 盛岡市で新年度 都市ブランド広報戦略も 3月までに指針・実施計画策定
● 〈続われらの時代〉17 和井内和夫 二戸小唄
● 〈幸遊記〉111 照井顕  吉田ユーシンのハーモニカ
            ◇        ◇
● 震災2年・灯籠で追悼 3月10日夜盛岡市街で 制作ワークショップ開催中
● みんなで吹奏楽体験 親子で生演奏や楽器作り
● PFI必要とされる時代 公民連携事業の今後説明
● いろどりの横石氏が講演 しずくいし農林業躍進の集い
● 真の6次産業化とは 鈴木氏(岩手支援)が講演 盛岡市議会
● 地熱立地調査を支援 県再生エネ推進本部 新年度は14事業
● チャリティー益を寄付 共同募金会へ 建設業新分野フォーラム
● 感謝の想い50編が文集 気仙の小中生から募集 モラロジー研究所制作(東海新報)
● 保管、再生産へ住民説明 ほだ木などの汚染対応 陸前高田(東海新報)
● 感謝の現状伝えたい 世界連盟のセミナー 国内1人の代表に岩手初 山本千尋さん(20)GS岩手県第18団員
● 勉学や活動を評価 盛岡情報ビジネス 12年度学生表彰
● 450人が練習の成果 盛岡市老人芸能大会
● グレイセスもりおか公開練習 23日内丸教会
● 〈ひかりのうみ〉2 「生まれ育った町へ」光
● 「ケータイ文壇」で活躍 青春ドラマを電子書籍で 盛岡市の淺利大助さん
● 住民自治縫い本位置を目指して滝沢村でフォーラム
● 「大豆は世界を救う」 家森所長が講演(武庫川女子大国際健康開発研)
● 過去最高の108チームが参加 啄木かるた大会
● 青山地区で健康マージャン 高齢者、和気あいあい
● 矢巾町顕彰メダル 児童生徒114人に授与

2月 19日(火)

● 八幡平市13年度当初予算案 一般会計は196億円 庁舎の整備に14億5000万円 前年度比7%の伸び 市債発行は23%増加に
● 〈あなたへの手紙〉「星のふる駅で(心象風景)」 斎藤駿一郎
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉168 及川彩子 操り人形の背景
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1557 「岩壁を彩る」佐々木弘元
            ◇        ◇
● 盛岡で1開催増加 今年度8000万円黒字見通し
● 区界〜簗川間の説明会 宮古盛岡横断道路調査など関係者了承
● 地元の恵みを町外へ 紫波まちづくり企画 プロジェクト最終報告会
● 新規事業や復興貢献 次世代経営塾AP発表
● 2013年度盛岡市当初予算案の主要事業
● 復興道路早期整備要望決議 三陸沿岸都市会議 鉄道復旧や避難表示統一も(復興釜石新聞)
● 新GMに小原隆志氏 リーグ昇格へ体制強化 釜石SW(復興釜石新聞)
● BRT開始でイベント JR東日本 3月2日と3日(東海新報)
● 地区別津波防災マップ 陸前高田市が作成へ(東海新報)
● 〈大連通信〉91 南部駒蔵 送別会
● 日本刀に映る心 保存協会県支部 持ち寄って鑑識眼養う
● ボランティア団体が交流 ボ・コ・カフェ 青少年活動の祭典に
● 県南ひとめぼれ18回目の「特A」 食味ランキング
● ブルズ、奥州戦は1勝1敗に bjリーグ
● 〈杜陵随想〉 伊能専太郎 生かすも殺すも
● 湯沢に活性化センター整備ー 来年4月に開館へ
● 岩手ならではの研究を支援 第10回リエゾンI育成資金
● 盛岡商高が創立100年 全校が結束し節目祝う
● 体罰の実態調査を開始 結果は4月末に報告 県教委
● 県議会2月定例会きょう開幕
● 盛岡さんさ台湾派遣 一般財源に組み替え
● 原発事故補償の早期対応 希望・みらい 東電へ申し入れ
● 確定申告始まる アイーナで3月15日まで 盛岡税務署
● 七ツ森小1〜3年が学年閉鎖
● 白磁の肌に季節を映して 石田さんが盛岡で初個展
● カカオの香りに誘われて チョコレート展 ギャラリーウフたまご
● 喜劇・長寿庵啄木おでって公演 22〜24日
● 別冊いわての食財倶楽部 3月末まで限定サイト

2月 20日(水)

● 復興を全力で推進 県民誰もが笑顔になれるよう 達増知事が所信表明 県議会が開幕 議員発議5件を可決
● 〈草木の実の版画集〉21 八重樫光行 キササゲ
● 〈日々つれづれ〉159 三浦勲夫 隕石落下
● 〈口ずさむとき〉321 伊藤幸子 長谷川等伯
           ◇      ◇
● 自然の中で遊べる公園 盛岡市岩山基本計画 10年間で事業費5億円
● 後任に田代高章氏 岩手大附中校長
● 「製鉄のまち」絆深め復興 北九州市と釜石市 防災などで連携協定(復興釜石新聞)
● 共同作業で絆強める 日韓大学生がボランティア(東海新報)
● 安倍氏の柵 実像に迫る 金ヶ崎町でシンポジウム
● 達増知事所信表明 県議会2月定例会初日 一丸となって復興を加速
● 〈NHKカルチャーわたしの作品〉 川柳 「丸い」朴澤孝壱朗
● マンツーマンで就職面接 新卒へ応援ハローワーク 盛岡職業安定所 26日まで48社参加
● 沿岸の親子が雪遊び 岩手山交流の家 大船渡などから29組
● 体の軸の大切さ学ぶ ふれあいランド 廣戸さんを講師に
● お茶が教えてくれたこと つなぎ温泉で日帰り講座
● 〈夢中翁がたり〉140 山田公一 県都街路計画の裏面7
● 本会議場に十代の歌声 県議会 感謝の思い込め 高田高がコンサート
● 被災者の減免継続で調整 県後期高齢者医療連合
● 20日からちゅらしま大沖縄展 ミスうるまが谷藤市長表敬
● 3月上旬にも費用提示の見通し JR山田線復旧へ沿線首長が会議
● 「平泉」を復興の象徴に 世界遺産推進本部 観光客誘致を展開
● 復興に十分資する 達増知事 台湾さんさ派遣で
● 東北電力値上げ 知事 被災地配慮を主張
● 〈グラフ〉子どもたちが夢舞台 沿岸と内陸が手を携え 「ピーターパン」山田などで公演 劇団ゆう希望の飛沫プロジェクト

2月 21日(木)

● 雫石町13年度当初予算案 一般会計81億7500万円 太陽光発電設置などで増 前年度比4%
● 〈岩手からのカナダ移住物語〉42 菊池孝育 日系人の懸念2
● 〈上海〜NY〜台湾ひと筆書き〉5 沢村澄子 イン・ハーレム
            ◇      ◇
● 長期未着手5路線廃止 盛岡市将来道路網計画 新年度事業化具体に
● 久保庄伝来のもの 先人記念館 ひな人形も展示
● 盛岡市議会定例会はあす招集 初日に市長演説
● 「永遠の今を生きる」 岩手ホスピスの会 太田副住職(碧祥寺)が講演
● 小学生の防犯ポスター 矢巾交番連絡協 アルコ
● 24日にもりおか郷土芸能フェス 市民文化ホール
● 3月11日撮影の写真を募集 日本財団
● 蘇民の祈り荒々しく 奥州市黒石寺 夜を徹し伝統奇祭(胆江日日新聞)
● 復活アピール 「牡蠣祭り」スタート 各店自慢のメニュー提供 大船渡屋台村(東海新報)
● 高田、今泉の区域了承 陸前高田市の復興区画整理(東海新報)
● 〈鉄道140年の興隆〉 大内豊 鉄路、いよいよ東北へ
● 〈風まかせ〉513 佐々木康宏 秋田内陸縦貫鉄道
● 惜しまれて活動に区切り 紫波町のよっておでんせ 被災者に交流の場提供
● 結成20年 支え今後も 盛岡いのちの電話後援会
● 新年度予算案は55億円余り 盛岡広域消防組合
● 神子田朝市で漬物グランプリ 3月2、3日
● 盛岡市内避難者 生活困窮113世帯 現行制度で救えない例も もりおか復興センターが聞き取り
● 郷土の先人おいしく学ぼう 河北小で新渡戸給食
● 南DUCKS、きたくりがミニバス全国大会へ
● 逮捕事件を忘れない 盛岡市の技術職員 再発防止へ自主研修
● 南国の味と香りがいっぱい 川徳で27日まで大沖縄展

2月 22日(金)

● 天守櫓復元へ資料を 盛岡城跡整備計画案 より詳細な裏付け必要 提供を呼びかけ
● 〈潮風宅配便〉138 草野悟 仲間と西和賀雪灯り
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1558 「夢心地」千田宣正
             ◇        ◇
● 2期目の仕上げに決意 八幡平市議会開幕 田村市長が施政方針
● 丹羽文科政務官にILCで要望 県市議会議長会
● 13年度当初予算案を可決 県競馬組合議会
● 白銀の迫力レース 全国犬ぞりフェス 金ケ崎町(胆江日日新聞)
● 被災事業所向け独自補助 陸前高田が新制度 本格再建を支援へ(東海新報)
● ツアー客が乾鮑づくり 大船渡市三陸町 気仙の海の幸体験
● 〈学友たちの手紙〉116 八重嶋勲 小生を御憐み、御補助之程
● 田村八幡平市長施政方針 総合計画事業を着実に推進
● 松本哲也さん(シンガーソングライター)の半生描く しあわせカモン 隠れた名作お蔵出し リバイバル全国上映 23日盛岡で舞台あいさつ
● 新商品開発へ連携探る 盛大附野球部が決意 盛岡市長と県教委を表敬
● 人手不足ますます切実 介護・医療・農林業分野 労働局など就業フェア
● 鍬ヶ崎小の卒業アルバムに チャリティー屋台から寄付金
● 〈大連通信〉92 南部駒蔵 麻婆豆腐
● 盛岡女子高最後のステージ 保育士専攻科 26日に卒業公演
● 「かがやけさんさ」は地域の宝 都南東小で引き継ぎ式
● 清六さんの年賀状を展示 親子2代、宮沢家との交流 八幡郵便局
● 楽天球団社長が知事表敬 県内興行など説明
● 盛信で懸賞預金抽選 地場産品など330本 小中学生対象にガンライザー検定 22日締め切り
● グルージャに3選手が入団
● 震災から2年 原発と復興シンポ 3月2日 松園中でインフル 2年1学級が閉鎖
● バイクと車の鉛筆画 栗谷川智司さん14点発表 人間臭さをたたえ
● 発電の仕組み学び作る体験 あかり学級
● 習作展に作品30点 28日まで教育会館で現在展
● ガールスカウトふれあい広場 3月10日

2月 23日(土)

● 市政10年の指針示す 復興、エコノ拠点整備 盛岡市3月議会 谷藤市長が所信表明 
● 〈賢治の置土産〉303 岡澤敏男 ブラック・ボックスのユニット?
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1559  「源太森の樹氷群」中山大太郎
           ◇        ◇
● 小学校の地域統合提言 雫石町 適正配置で5校に
● 求人倍率の増加報告 沿岸人口、社会増に 復興本部員会議
● BLUEが大通に本店 商店街 7年ぶり衣料店出店
● 本業を通じた社会貢献 県社協がセミナー 企業の震災後の取り組み
● 5人に和賀教育賞 盛岡工高の授与式
● 〈三陸の津波〉48 向井田郁子 釜石町の概況2
● 追悼と鎮魂、再生の場 高田松原震災復興祈念公園 構想会議が提言案
● 2千人の大書道展 老若男女 力作ずらり 矢巾町
● 花に人生観を投影 フォトサークル花景色
● ニーズの把握が基本 ボランティア研修 中央公民館
● 盛岡市民体スキー結果
● bjリーグプレーオフ 東西両地区の上位6チーム出場
● 〈舗石の足音〉444 画面で気になる末梢的なこと
● 資源循環利用を促進 再生可能エネへの効果期待 紫波町と5団体 森林整備推進協定締結 町全域を対象に
● TPP参加に強い懸念 田沼農協5連会長 首相は公約履行を
● オーストラリアへ出発 紫波町 中学生12人を派遣
● 9カ月で200回超す ドクターヘリ運航 3県連携は10月ごろ
● 平均倍率0・98倍で変動なく 公立校入試志願倍率 盛農食品科学科1・57倍
● うるま市の遺物を展示 27日まで もりおか歴史文化館
● 本社副社長に佐々木専務 取締役会
● 作品で振り返る10年 展示199回、思い出の数々 クリンゲン・バウム ギャラリーと利用作家の絆
● 馬と自然と人と 野村恭子さん絵画展 28日まで喫茶ママ

2月 24日(日)

● 目指せ!甘さの頂点 いわてS─1スイーツフェア 盛岡広域60店がアピオに 各店自慢の商品一堂に
● 〈南部馬の里〉96  遠藤広隆 雪の日
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1560 「に・にが早春」野沢淑子
            ◇      ◇
● 沿岸被災木のバイオリンコンサート 千の音色プロジェクト 125人目の奏者が演奏
● BRT試験運航を開始 来月2日再開のJR大船渡線(東海新報)
● 交流深め相乗効果を ソーシャルビジネス 陸前高田でフォーラム(東海新報)
● 〈もりおかの残像〉64 澤田昭博 南部中尉銅像(下)
● 谷藤盛岡市長施政方針 県との役割十分に果たす
● 施工確保に全庁対応 新年度は沿岸4地域にも 県が連絡調整会議を設置
● 原発の代替エネの可能性も 環境PSがセミナー 長谷川名大教授ら講演
● ものづくりの担い手172人 産業技術短期大学校 集大成の卒業作品展
● 志波城と徳丹城テーマに講演会 3月2日
● チャリティー舞踊と演歌の祭典
● あさびらき十一代目源三屋 楽天市場年間ベストショップに 日本酒・焼酎ジャンルで受賞
● 私の好きなもの展 きょうまで県公会堂
● 生け花から優しさ学ぶ 城南子ども教室 閉校式で1年の成果披露
● 盛岡大美ゼミ卒業制作展 論文や制作メモも
● 3年連続県内最高合格率 2級土木施工管理検定 盛岡工土木科
● 国公立大25日から 前期2次試験
● 深夜に父親を刃物で刺す 殺人未遂で少年を逮捕
● 青山和敬荘で食中毒 1人死亡、因果関係は不明
● 童画家としての深沢省三 3作の原画を初公開 野の花美術館
● モグリが誘う本の旅 都南図書館 お薦めの絵本や児童書
● ふくしま岩手・盛岡地域被災者連 懇談の集い
● 来月2日奥地の健康セミナー 岩手医大
● 〈アートは元気の素〉30 えいこいのうえ スーホの白い馬

2月 25日(月)

● 粉雪どっさり 盛岡は銀世界に かいてもすぐ積もり
● 〈幸遊記〉112 照井顕 村田柴太のエーデルワイン
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1561 「餌台に集まるスズメたち」後藤コト
            ◇       ◇
● 地域の実情に応じ取り組み 盛岡地域自殺対策行動計画 ゲートキーパー養成継続
● 色とりどりクリスマスローズ 黒石野のガーデン 手塩にかけ今が見頃
● 最高学府の教養充実を いわて高等教育コンソーシアム 関係者が意見交換
● ILC誘致の機運高めよう 盛岡で東経連フォーラム 産業復興の加速を
● 支援米1トンを大槌町に発送 労農県民会議
● カレンダー展の益金を4団体へ 盛岡レオC寄付
● 〈続われらの時代〉18 和井内和夫 恨みと健忘
● 〈杜陵随想〉 澤田鎮子 雪の日
● 国難の時代の先人に迫る 六本木基正さん 政治思想に現代の糧 米内光政、後藤新平研究
● 川の水は温かいよ 児童がサケ稚魚放流 雪の中16万尾を雫石川へ
● 現場想定した診察訓練 岩手医大災害時医療支援教育C 31人が難しさ痛感
● 言葉の地域文化伝える 雫石で昔話を聞く会
● 首位横浜に1勝1敗 bjリーグ滝沢最終戦 ブルズ3位変わらず
● 町内産直の加工品審査 紫波マルシェでフェア 町農林公社
● 藍染めで衣装を制作 フラ教室生徒12人が体験
● 作家8人が版の競演 ムーニ常設展
● 〈ひかりのうみ〉3 「卒業」光

2月 26日(火)

● 収支均衡達成できず 赤字約2億円、累積42億円 盛岡市立病院 12年度決算見込み
● 〈杜陵随想〉 斎藤五郎 神社通り
● 〈あなたへの手紙〉 「ゼラニュウム」糠塚玲
           ◇        ◇
● 円滑化法期限後も支援 窓口開設し相談など対応 盛岡財務事務所
● 春競馬へ調教開始 岩手競馬 競走馬がダート駆ける
● 希望こそが救いになる シニアライフセミナー 田村社長(高田自動車学校)が講演
● 大地震直後は陸の孤島に とうぎん医療・介護セミナー 東松島の病院理事長語る
● 「おおふなトン」に決定 大船渡の銀河連邦PRキャラ 名古屋の山口さん作 ブタを基調にツバキも 応募296点(東海新報)
● 消費拡大、知名度向上へ 甲子柿を守る会設立 釜石(復興釜石新聞)
● 高台移転へ待望の着工 防集促進事業起工 陸前高田の2団地(東海新報)
● 自らの手でエネルギー生む あかり学級 小水力発電機製作し運転
● 山崎氏がまちづくり講演 盛岡・うるま友好締結記念
● 退職金削減条例改正など 盛岡市議会提出議案
● 〈大連通信〉93 南部駒蔵 遅さんのこと─開放政策
● 首相のTPP参加傾向に賛否 農業団体は反対、経済団体は歓迎
● 国公立2次試験始まる 岩手大、県立大に2400人
● DIOジャパン県内に卓球チーム 目指すは岩手国体優勝
● 岩手山演習場に1150人 陸自第9師団冬季戦技
● JICA中高生エッセー 鈴木君と内澤さんに支部長賞
● 手作り仲間のひな祭り 第8回おへれんせ

2月 27日(水)

● 矢巾町13年度一般会計予算案 5・4%減の87億51110万円 SIC整備に8千万円
● 〈日々つれづれ〉160 三浦勲夫 暦の上
● 〈口ずさむとき〉322 伊藤幸子 いつもなあなあ
           ◇        ◇
● 参加には賛成しかねる 県議会代表質問 TPP交渉で達増知事
● 商店街、商工業を活性化 矢巾町3月議会が開幕 川村町長が施政方針
● 被災者の罪責感情知る 前田氏(久留米大准教授)が講演 県臨床心理士会公開講座
● 引き続き「緩やかな回復」 日銀盛岡事務所 1月期の県内経済概況
● 陸前高田は5割前後 診療所等の復旧率 大船渡は8、9割以上(東海新報)
● 川村矢巾町長施政方針 全町民が幸せ感じられる町に
● 〈NHKカルチャーわたしの作品〉 フラワーアレンジメント「ルイ15世」 都築明美
● 経済対策で1146億円追加 県一般会計補正予算案 全体では485億円の減額
● 県2月補正予算案主要事業
● 思い出の岩手から全国上映 「しあわせカモン」 鈴木砂羽さんらあいさつ
● お笑いで国語表現磨く 見前南中で漫才授業 吉本コンビ特別講師に
● 部活動で存分に汗 滝沢二中に待望の武道場
● 公衆衛生厚労相表彰5人・団体
● 5大学の駅前講義来月10日 あす締め切り
● 来月2日在宅医療フォーラム
● 〈夢中翁がたり〉141 山田公一 水の街もりおか特異なまちづくり
● TPPに反対 街頭で運動 県民会議が首相の意向に抗議
● 東電 流域下水道損害賠償 県に3千万支払い見込み
● 外部委員も「不正なし」 盛岡市 逮捕事件受けた内部調査
● 県議会代表質問応答要旨 復興のあい路と解決策は 渡辺幸貫氏(民主党)
● 県議会代表質問応答要旨 知事の政治姿勢は 千葉伝氏(自民ク)
● 県議会代表質問応答要旨 ILCのまちづくりは 及川幸子氏(みらい)
● 県議会代表質問応答要旨 知事会の立ち位置は 飯澤匡氏(いわて)
● 3・11追悼行事参加を かわいキャンプ3月閉所 盛岡市
● 東北の地銀4行 みずほGと提携 20億円のファンド組成
● 滝沢村の盛川教育長4月1日で退任
● 盛岡市、滝沢村で4小中が学級閉鎖 インフルエンザ

2月 28日(木)

● 住民主役のまちづくり進める 雫石町議会 深谷町長が施政方針
● 〈岩手からのカナダ移住物語〉43 菊池孝育 内田盛と鈴木三男
● 〈上海〜NY〜台湾ひと筆書き〉6 沢村澄子 美術館へ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1562 「復興願う あかり」秋篠祐子
              ◇             ◇
● 雫石3月定例会が開幕
● 浅岸、簗川、乙部も 辺地債活用事業 盛岡市が追加
● 新年度に福祉事務所準備室 滝沢村が組織改編で新設へ
● 知事へ総会決議内容要望 県町村会
● サバいて味付け食べやすく イオンが「骨取りさば」久慈漁協、三鉄と共同
● 盲ろう者の理解深める 藤鹿一之さん(東京友の会理事長)講演
● 被災地支える美容師を応援 カリスマ新井さんヘアショー
● 茶愛が2カ所目開設 門に通所介護事業所
● 米国市場の魅力は ジェトロがセミナー
●〈杜陵随想〉南部中尉と竹田宮 熊谷達央
● 深谷雫石町長施政方針 住民主役のまちづくり積極的に
● 奇跡の生還を絵本に 小松則也さん自費出版「震災の記憶風化させぬ」
● 国保税を引き上げ 滝沢村が13年度から
● 岩手医大でWHO国際会議 来月
● 乳幼児医療費 滝沢が所得制限撤廃
● 鉄道140年の興隆〈22〉大内豊
● 皇后さまの所蔵品を公開 3月8日から盛岡市中央公民館 絵本プロジェクト原画展
● 被災者31人が参加し交流会 近況や不安を語り合う 滝沢村
● 地域に感謝の気持ちを伝えたい 紫波総合高生徒が駅周辺を除雪
● 林檎っち応援隊結成 県立大で初会合
● 県議会一般質問 観光振興策など議論 沿岸エリアの回復優先
● 合理的な理由あれば取得 谷藤市長 盛岡市保有施設最適化で
● 盛岡市立高などで学級閉鎖 インフル
● 日本人の粋テーマに 来月3日まで一ノ倉邸のひな遊び
● 四季を彩る伝統芸能 盛岡でフェスティバル
●〈夜空に夢見る星めぐり〉325 八木淳一郎 天空からの訪問者

2013年1月へ