2009年 1月 6日 (火) 

       

■  〈この店の料理を食べたい〉3 ポルドヌール クリームブリュレ

     
  クレームブリュレを出す浅沼久美子店長  
 
クレームブリュレを出す浅沼久美子店長
 
  盛岡市大通2丁目のカフェ、ポルトボヌール(浅沼久美子店長)は、MOSSビル4階。

  盛岡グランドホテル直営店として開店2年目。ホテルの味を、リーズナブルな価格のカフェで楽しめる南仏風の明るい店舗として女性客に人気。店内中央には座席を置かず、空間をゆったりと構成。厨房内も見えるオープンキッチンのカフェ。

  メニューはブレンドコーヒー(チョコレート付き)が600円、紅茶(ポット)は、ダージリン、アールグレイなど700円。牛乳、バターたっぷりのカルボナーラ(840円)やスーププレート(840円)など。新鮮な野菜サラダ、クリーミーなかぼちゃスープ、パンや、本日の一口(肉や魚料理)なども付く。

  スイーツも豊富で、安比グランド特製のいちごショート、ザッハトルテなど450円。

  浅沼店長お勧めはクレームブリュレ(450円)。こちらもホテル仕込みのスイーツ。フランス映画「アメリ」に登場する。若い女性の間で広がった。

  プリンを逆さにしたようなスイーツ。ただしプリンは全卵、牛乳をメーンにして造るが、ブリュレは卵黄と牛乳、生クリームと砂糖。表面に焼き焦がしが残るところが特徴。

  牛乳は安比高原牧場の搾りたて。佐々木勲シェフは「濃厚な牛乳をふんだんに使う。卵黄、生クリームなどを混ぜてかき回す。表面にはグラニュー糖をかける。その上をバーナーで焼く。焦げ目を付けるが中まで焼かないようにする」と説明する。

  浅沼店長は「20代、30代の女性を中心に大人気。皆さんスプーンで表面をカチカチとたたいて割り、外の固い部分と中の柔らい部分を混ぜて食べている。笑顔がこぼれる瞬間」という。

  MOSSの5階、6階は映画館。同店では映画の入場券を持参すると全メニュー5%引きサービスを実施している。

  浅沼店長は「ぜひ映画の前後に立ち寄ってスイーツでゆっくりと。書店もあるので買った本を持ってどうぞ。1人用の座席もあり、本を読むにも最適。おいしいスイーツと飲み物で充実した時間を」と話していた。

  営業時間は午前11時から午後9時まで。電話652−9898。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします