2009年 1月 9日 (金) 

       

■  45代当主、南部さんが死去 県人初の靖国神社宮司

     
  靖国神社宮司就任時に開いた記者会見での南部利昭氏  
 
靖国神社宮司就任時に開いた記者会見での南部利昭氏 (2004年7月3日)
 
  南部家第45代当主で靖国神社宮司の南部利昭(なんぶ・としあき)氏が7日午後2時9分、虚血性心不全のため東京都内の病院で死去した。73歳だった。南部氏は同日午前11時50分ころ執務中に意識不明になり、駿河台日本大学病院に搬送されたが亡くなった。

 東京都出身。広告代理店勤務、民間企業役員などを経て04年9月11日に県人では初めて靖国神社宮司に就任した。南部家は東京都内で12日に告別式を営む。同神社は2月10日午後1時から東京九段会館で神社葬を行う。

  1935年生まれ。51年岩手大学付属中、54年学習院高等科、58年学習院大政経学部経済学科を卒業後、電通に入社した。81年に同社を退社したあとは南部恒産社長。江戸千家岩手不白会会長、岩手日英協会会長、県ゴルフ連盟理事長などを務めた。華族出身で戦後はその人柄が人望を集め、本県の各分野で活躍した。

  南部家による通夜と告別式は神式により行う。東京新宿区南元町19の東京信濃町千日谷会堂で、11日午後6時から通夜祭、12日午後1時から告別式。喪主は妻の南部節子さん。盛岡でのお別れの会は2月中に開催を検討している。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします