2009年 1月 19日 (月)

       

■  〈昭和30年代〜ぼくの東京〉藤田祐二郎 赤尾敏の街頭演説

     
   
     
  戦前からの大物右翼で大日本愛国党総裁、赤尾敏が毎日、有楽町の広場で演説をしていた。話がうまいので聴衆は多く、時々拍手も聞こえていた。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします