2009年 2月 21日 (土)

       

■ 油断大敵。真冬「健在」 盛岡に乾雪27a

     
  協力して雪かきする各店舗の店員ら(桜山神社前、午後1時)  
  協力して雪かきする各店舗の店員ら(桜山神社前、午後1時)  
  県内は20日早朝から雪が降り続き、盛岡で今季最高の27センチ、雫石28センチ、岩手松尾26センチを観測するなど各地でまとまった雪が降った。盛岡地方気象台によると、本州の南岸を低気圧が進んだためという。今後、冬型の気圧配置に変わり内陸平野部の降雪はやむが、内陸山沿いでは21日にかけて大雪になる見通し。JR東日本は、21日も悪天候が見込まれるとして沿岸部などで始発から運休することを決めた。

 盛岡市内では早朝から家族総出で雪かきをする市民の姿が目立った。積み上げても捨てる場所のない雪に困惑気味。同市内丸にある桜山神社前の商店街でもランチを出す飲食店の店員らが軒先の雪かきに追われた。桜山参道会で共同使用するそりに雪を積んでは鶴ケ池に投げ入れていた。

  餃子の店パイカルの店主、佐々木祐輔さんは「朝は自宅、店に来てからは駐車場、店先と、半日は雪かきをしている」と疲れ顔。それでも「盛岡の2月に雪がないのは寂しい。これも風物詩の一つ」と盛岡の冬をかみ締めていた。

  ■高速道路は通行止め、花巻空港でも欠航

  大雪によって高速道路、列車、飛行機など交通に乱れが生じた。東日本高速道路によると、午前10時15分から花巻インターチェンジ(IC)〜安代IC、安代ジャンクション〜浄法寺ICを積雪のため通行止めとした(午後5時現在)。

  JR東日本によると、雪の影響で山田線盛岡〜宮古間で3本の列車を運休し、岩泉線は4本が運休した。約200人の足に影響が出た。

  いわて花巻空港では名古屋(中部国際)午前7時50分発花巻同9時着、花巻同9時40分発名古屋同11時5分着、花巻午後4時発札幌(新千歳)同4時55分着、札幌(新千歳)同5時5分発花巻同6時5分着の4便が欠航になった。

  ■JR東日本は21日も始発から運休へ

  JR東日盛岡支社は20日夜から21日朝にかけ、県内で低気圧が東北地方を通過する気象予報を受け、同支社管内の列車6線13本で始発から運休(一部区間運休)する。

  運休するのは花輪線荒屋新町午前6時7分発、山田線宮古〜釜石間の始発など。運休による代替輸送はない。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします