2009年 5月 18日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉18 照井顕 珍しい「夫婦でのデュオ」

 ジャズ・ピアニスト・穐吉敏子さんが今年も岩手で、コンサートを開いてくれることになった。6月6日・盛岡。6月8日・北上。

  この30年間、アメリカから来日のたびに、岩手まで必ず足を延ばし、欠かさずコンサートを開いてきた彼女ですが、今年は何と、初めての「夫婦水いらずのデュエット」。しかも結婚40周年。穐吉さんは79歳、夫でサックス奏者のルー・タバキンさんは69歳。

  昨年は数ある作品の中でも、初めてとなった、2人だけでの演奏アルバム「ヴィンテージ」を発表!ジャズ・ディスク大賞にノミネートされ、話題となったデューク・エリントン・ソング・ブックをたずさえての来日だ。

  作品での演奏は糟糖の夫≠ェ主役の珠玉デュオとか、世界的に有名なおしどり夫婦≠フあうんの呼吸とか、まさにワインのビンテージもののようなデュオ、であるとか評されているが、ピアノとテナー・サックスだけでの演奏自体、極めて珍しいことなのです。

  長いこと穐吉さんの追っかけファンできた僕でさえ、夫婦だけでの演奏を聴くのは初めて!のことなので、心がワクワクしているところなのです。

  そうしたことから、今回の盛岡公演は「穐吉敏子・ルー・タバキン結婚40周年」と、僕の店「ジョニー・開店35周年」を記念して、第一部をライブ。第2部をディナー(お食事会)として、盛岡駅前・開運橋たもとの「ホテル・ルイズ」で6月6日夕方6時から開きます。

  また、今回初となる北上公演は、紫波町にある「野村胡堂・あらえびす記念館」がちょうど、開館15周年にあたることから、かつて「あらえびす」のペンネームで知られた、音楽評論家の野村長一氏が、SPレコードを携えて、出前コンサートを開いていたことにちなみ、館が主催し、北上さくらホールで開くことになったのです。6月8日夜7時の開演です。

  余談ですが、穐吉さんは昔、野村胡堂の大ファンで「銭形平次」をたくさん読んだという。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします