2009年 5月 18日 (月)

       

■ 〈昭和30年代〜ぼくの東京〉藤田祐二郎 「浅草国際劇場」

     
   
     
  レビュー華やかなりしころ、国際通りを松竹少女歌劇団のスターが歩いているのに出会うことがあった。スラリとして背が高く、肩幅が広く、脚がメッポウ長い。背筋をピンと伸ばして大股で闊歩(かっぽ)する様に見とれてしまった。その上、皆美人なのがスゴイ。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします