2009年 6月 4日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉320 佐々木康宏 E751系

     
   
     
  E751系は2000年3月ダイヤ改正から盛岡〜青森間「スーパーはつかり」で営業運転についた交流専用の特急型電車だ。6両編成3本が製造された。2002年12月の新幹線八戸開業からは八戸発着の「つがる」に運用されている。

  先頭車のスカートの形状が変わり、「スーパーはつかり」のころとは印象が違っている。写真は千曳〜乙供にて。2010年12月に予定される新幹線新青森開業時には並行する八戸〜青森間の電車特急は廃止が予想されるので、この区間を走る姿は見られなくなるだろう。

  在来線電車特急は生まれたときから(1958年の151系「こだま」)、やがては新幹線に追われる宿命にあった。新幹線新青森開業後のE751系の転用先は、青森〜秋田「かもしか」を485系から置き換えか、磐越西線の「あいづライナー」転用か、山形〜仙台空港のアクセス列車転用か、などと想像を巡らすのも楽しい。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします