2009年 10月 25日 (日)

       

■ 〈もりおかデジカメ散歩〉691 「美しくはかない霜」佐藤明子

     
  photo  
     
  「美しくはかない霜」佐藤明子(48)、盛岡市清水町

  【撮影の狙い】霜は晩秋や初冬などに夜間気温が約3度以下になった時、空気中の水分が地面や地物の表面に固体(氷)となって付着するものである。この写真は早朝に早坂峠で撮影したものです。当日の現地の最低気温は1・8度であった。葉脈についた霜がキラキラ美しく輝きながら、はかなく溶けていった。(10月15日午前6時5分、岩泉町早坂高原)

  【撮影データ】オリンパスC700ウルトラズーム、プログラムオート。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします