2009年 10月 30日 (金)

       

■ 菊池雄星投手は西武が交渉権 ドラフトで6球団が1位指名

     
  チームメートに肩車されガッツポーズする菊池雄星投手  
 
チームメートに肩車されガッツポーズする菊池雄星投手
 
  日本プロ野球のドラフト会議が29日行われ、注目の左腕、花巻東高校の菊池雄星投手は西武ライオンズが交渉権を獲得した。「やっとスタートラインに立てた。ホッとしている」。同校で行われた記者会見に姿を現した菊池投手は開口一番、日本球界で投げられる喜びを口にした。

  この日も会見会場には約100人の報道陣が詰め掛けた。東京都内で午後4時から始まったドラフト会議。注目の的となった菊池投手は最大で9球団が1巡目指名することが予想されていた。会見会場でも集まった記者らが設置されたテレビでドラフト会議の様子を見守った。

  最終的に菊池投手を1巡目に指名したのは地元東北の楽天を含め、西武、阪神、ヤクルト、中日、日本ハムの6球団となった。抽選の結果、西武の渡辺久信監督が菊池投手の交渉権を引き当てた。同校で両親、監督とドラフト会議を見ていた菊池投手は、同45分から佐々木洋監督、小田島順造校長とともに会見に臨んだ。

  交渉権を獲得した西武の印象を聞かれると「昨年も日本一になっていますし、涌井さん、岸さん、松坂さんも活躍していましたし、素晴らしいピッチャーがたくさんいる」と球界を背負う投手が在籍するチームからの指名を受け止めた。

  150`を超える速球を投げる左腕は、プロでも即戦力として期待される。一方で、菊池投手は「今はまっすぐしか投げられないピッチャーなので、変化球もコントロールもまだまだ甘いので、すべてにおいてレベルアップしていかなければ」と向上心を忘れずに練習する考えだ。

  これまで大リーグでプレーするか、日本のプロ野球でプレーするか、悩み苦しんだ菊池投手。先日の会見では涙を見せる場面もあったが、この日は「自分自身は悩んだだけなのでいいが、周りの方、学校の先生方やチームメート、たくさんの人に迷惑をかけたので、今は自分がどうこうというよりは申し訳ない」と振り返った。

  会見に同席した佐々木監督は「6球団に指名していただき、プロ野球選手を出せたことを誇りにうれしく思う。まだまだ菊池雄星は微力なピッチャーですので、皆さんにこれからも末永く守っていただき、大きなピッチャーにしていただきたい」と笑顔を見せた。

  菊池投手の両親もインタビューで息子の指名を喜んだ。父親の雄治さんは「プロは厳しいけど頑張ってくれ」、母親の加寿子さんは「西武にはお手本になるようないいピッチャーがいっぱいいらっしゃるので少しでも早く近づけるようになってほしい」と話した。

  会見後には、敷地内で野球部員が胴上げをして菊池投手を祝福した。会見場の少し緊張した表情とは打って変わって満面の笑顔で姿を現した菊池投手。集まった在校生や地域の人たちからも「おめでとう」と祝福の言葉がかけられた。野球部員に抱えられ、何度も宙を舞った後、肩車の上で大きなガッツポーズも見せた。

  花巻東をセンバツ準優勝、夏の甲子園ベスト4に導き岩手を盛り上げた菊池投手。今後は岩手の菊池雄星から日本の菊池雄星に羽ばたく。「これからは花巻東の菊池雄星ではなく、一人の野球選手として、菊池雄星という一人の人間としてスタートを切るので、今度は日本で応援してくれる方がたくさんいるのでその方々のために頑張る」とさらなる飛躍を誓った。

  ■達増知事の話 (6球団に指名され)日本のプロ野球界から熱望されてのことだと思うので素晴らしいこと。いろんな人のことを参考にしながら自分なりの野球道を歩んでもらいたい。今までもしっかり野球道を歩んできて、仲間にも指導者にも恵まれ、良い成績を残して岩手のためにも大活躍してくれたので、プロに進んでもこの調子で頑張ってほしい。(西武のユニホーム姿については)はつらつさわやかで格好いいと思う。似合うと思う。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします