2009年 12月 2日 (水)

       

■ 盛岡産米泡盛「夏美の夢」14日に発売

     
   
 
14日に盛岡市内で初回1千本限定販売される
「夏美の夢」
 
  盛岡市と沖縄県うるま市との交流から生まれた、盛岡産米を使用した泡盛「夏美の夢」は14日、盛岡市内のジャスコ、盛岡駅売店、盛岡手づくり村で販売される。1本500_g入り1280円。初回限定3千本製造され、うち2千本が先月沖縄で行われた盛岡デーで先行販売された。今後原料米確保により増産される見込み。

  「夏美の夢」は07年放送のNHK「どんど晴れ」ヒロインを演じた比嘉愛未さんの役から命名。比嘉さんがうるま市出身が縁で始まった両市の交流を縁に製造、販売が実現した。

  琉球泡盛の老舗・崎山酒造廠(崎山和章代表)が製造。アルコール度数は25度。米は「どんぴしゃり」を主に使用し、盛岡産であることから盛岡ブランドの認証も受けている。

  谷藤裕明市長は「盛岡に縁のある泡盛をぜひご賞味いただきたい。味はまろやかで女性にも好評を得られるだろう」とPRした。先月沖縄で開かれた盛岡デーでは発表に立ち合い、先頭に立って地元の消費者へ勧めた。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします