2009年 12月 24日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉349 佐々木康宏 ワンダフユ青森号

     
   
     
  列車番号9549レ「ワンダフユ青森」号。24系6両編成で寝台車を座席扱い(ヒルネ)として、ブルートレインが昼間に走る。これをDE10型ディーゼル機関車が3両でけん引する。

  龍ケ森のハチロク三重連、奥中山のデゴイチ三重連を思い出すかのような(?)、機関車が3両連なる三重連による運転だ。なによりも三重連というのが珍しい。2両の重連でさえ見る機会が減っている。

  大船渡線の「ドラゴンレール」号(大船渡線24系入線)、釜石線の「銀河ドリーム」号(盛岡〜花巻でプッシュプルけん引)に続く24系ヒルネ第3弾ともいえそうなのが「ワンダフユ青森」号(三重連けん引)だ。

  東北本線八戸〜青森に運転された。東北新幹線が新青森まで全通すると並行在来線は第三セクター青い森鉄道に移管されるので、この区間を走るJRの列車の姿は貴重なものとなろう。写真は乙供〜千曳にて。今度はED75重連けん引の24系を期待したい。ヘッドマークは「ゆうづる」または「はくつる」を付ければ…。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします