2010年 3月 1日 (月)

       

■ 〈昭和30年代〜ぼくの東京〉藤田祐二郎 「戸越銀座」

     
   
     
  品川区の目蒲線にある戸越銀座は、関東大震災で発生した瓦礫(がれき)を埋め立てた上にできたので戸越銀座と呼ばれ、その後各地にできた○○銀座の第1号だ。その後、各地の銀座はほとんど消えたが、ここだけは今でも健在で若者に人気があるそうだ。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします