2010年 1月 18日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉53 照井顕 コージー・カルテット

 日本のジャズ史に残る伝説の「コージー・カルテット」は52年7月の誕生。当時のダンス音楽的なジャズから脱却した「モダン・ジャズ・コンボ」で、リーダーは若干22歳のジャズ・ピアニスト・穐吉敏子さん。

  だが、この最初の「コージー・カルテット」は、メンバーの一人が胸を患い、1カ月で解散。第2次「コージー・カルテット」ができたのは、銀座にアメリカ人用のクラブがオープンするという時で、穐吉さんへの出演依頼があったことから、日ごろ、注目していた若いアルト・サックス奏者・渡辺貞夫を迎えた。

  33年生まれの貞夫さんは、そのバンドが結成された53年は、彼もまた若干20歳。親と約束、2年間の予定で宇都宮から上京。クラリネットを吹いていた。1年後、クラリネットを始めた時と同様、「銀盤の女王」という映画の中で見た、サクソフォンにあこがれ転向。

  彼が穐吉さんに出会ったのは横浜の「ハーレム」という店。彼はそのころ、リズム&ブルースをやっていたらしい。彼も、穐吉さんの存在はよく知っていて、当時すでに雲の上の人であったから、声を掛けられた時は、とてもうれしかったという。

  彼は、当時を振り返り「週刊文春」09年12月10日号で「彼女のグループに参加して、徹底的にしごかれましたよ」と語っているが、当時は、楽器さえ持っていれば仕事はあったが、やはり、刺激のあるミュージシャンと演(や)りたいと思っていた時だったらしい。

  穐吉さんは穐吉さんで、仕事で2時間位弾いたのでは物足りなく、よく深夜まで開いているアフター・アワー・クラブへ行ったという(毎日毎日ダンスのための演奏をするのが嫌になってきていた時)。しかも、自分のプレーにすら満足できなかったらしい(向上心のため)。

  だから「コージー・カルテットは、モダン・ジャズばかり演奏する」と、1日2日で演奏を打ち切られる状況にあったという。しかし穐吉さんは、自分のバンドのメンバーには、仕事がなくても「月給を保証する」というポリシーを、質屋に走ってまでも守り貫いた人だった。
(開運橋のジョニー・店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします