2010年 1月 25日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉54 照井顕 世界ジャズ・フェスティバル

 Aグループ「モダン」Bグループ「デキシー&スイング」Cグループ「ポピュラー」として、著名なジャズ・プレイヤーを日本に招へいし、東京、名古屋、大阪、京都、札幌で、それぞれのグループが同じ日に、別会場の別都市で演奏するという、第1回「世界ジャズ・フェスティバル」が行われたのは、64年(7月10日から16日まで)。

  そのAグループはマイルス・デイビス・クインテット、J・J・ジョンソン・オール・スターズ、カーメン・マクレー&ハー・トリオに日本側からの特別出演者としてトシコ・マリアーノ(穐吉敏子)・チャーリー・マリアーノ夫妻。それに松本英彦という布陣だった。

  当時の駐日米国大使だったライシャワー氏は「日米の文化交流に多大な貢献を成し、フェスティバル開催の主目的、即ち音楽芸術としてのジャズの真の研究が、アイデアに富む主催者と参加する著名な各々のプレイヤーによって達成されるものと信じております」のコメントをフェスのパンフに寄せている。

  イギリス生まれでアメリカに定住する有名なジャズ評論家で、レコードやコンサートプロデユーサーとしても名を馳せたレナード・フェザー氏がフェスの終わった深夜から朝にかけて、TBSホールで「トシコ&モダン・ジャズ」というアルバムをレコーディングするという形でそれは果たされた。

  穐吉敏子(ピアノ)・J・J・ジョンソングループのポール・チェンバース(ベース)・ジミー・コブ(ドラムス)のトリオに海老原啓一郎が指揮する、松本英彦・宮沢昭(テナー・サックス)を頭とする、日本ジャズ・オール・スターズが共演したもので、アメリカの超一流のリズム隊を加えての、日本ジャズ史上、空前ともいえる豪華メンバーでの録音。

  この音源が10年1月、昭和アーカイブス・ジャズシリーズとしてCDに復刻され再発売。スイング・ジャーナル誌は、10年2月号にて64年の世界ジャズフェスでJ・J・ジョンソンと共演している穐吉敏子の、強烈なステージ写真を綴じ込み付録とした。
(開運橋のジョニー店主)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします