2010年 2月 11日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉リゾートしらかみ「くまげら編成」

     
   
     
  リゾートしらかみ編成は40系気動車の改造で、ぶな(木へんに無)編成、青池編成、くまげら編成の3本がある。普段は五能線(秋田〜弘前・青森)を運転している。春から秋にかけては「リゾートしらかみ」号として3編成が3往復にフルに運用されるが、冬は設定が少なくなり、ほかの線区にも顔をだすことがある。団体列車だったり、一般の臨時列車としても走る。

  写真は盛岡にて後追いで撮影したリゾートしらかみ「くまげら編成」で、9536D「光のページェント号」として盛岡〜仙台を運転したときのもの。いつもはKenjiで運転されるこの列車に、代走としてくまげら編成が運用に就いた。白をベースに赤と黄色が入り、先頭部はグラデーションがかかった塗り分けがきれいだ。1、3号車はリクライニングシート、2号車は4人用ボックスシートで個室風になっている。リクライニングシートの座席間隔は広くとてもゆったりしている。定期特急を上回るグレードである。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします