2010年 2月 15日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉57 照井顕 原指力発弦

 「うちのお母さんが「婦人公論」に穐吉さんが載ってるよ!と言うので読んだら、感動しました。この記事の事ジョニーさんは知ってましたか?」と歌手志望のK嬢から、メールが届いたと、女房の小春。
  その時、僕たちは東京に居た。10年2月8日、紀尾井ホールでジャズ・ベーシスト・鈴木良雄さんのCD「マイ・ディア・ピアニスト」の発売記念コンサートを聴くための上京である。

  このコンサートにゲスト出演したピアニストは、野力奏一、山本剛、イサオササキ、穐吉敏子の4人。クラシックと同様に、ノンPAでピアノとウッドベースによる二重奏。それぞれ個性的なピアニストとの対話的演奏で、鈴木良雄さんのオリジナル曲が中心。

  野力との「Tancho」(鶴)。山本との「GameBoy」。ササキとの「KesaranPasaran」。穐吉との
「Hope」は圧巻。09年6月、盛岡開運橋のジョニーで穐吉が、鈴木の曲「Wings」を練習しながら、「これ、チンさん(鈴木のニックネーム)の曲、あまーい甘い曲ですね!」と言っていた光景が、その演奏中に頭の中によみがえったりした。

  そして、穐吉敏子作編の曲を演奏する時の、鈴木良雄さんのベーステクニックに感嘆しながら、それを要求する穐吉さんの曲の難しさと、その醍醐味(だいごみ)をあらためて、再確認することができた。

  また、イサオササキは現在、韓流のドラマ、映画、CM音楽で大ブレーク中のスター・ピアニスト兼作曲家であるが、佐々木功時代の77年、僕が陸前高田へ彼のカルテットを呼んだ記憶やら、後のヒット作「ムイビエン」などが、思い出として現れてきたりした。

  コンサート翌日、東京駅の本屋で婦人公論を買い求め、新幹線の車内で読んだ。時代を創る女たち「穐吉敏子・ただピアノに愛されたくて」と題する歌代幸子のルポルタージュ。そういえば、3年前の1月、渡米50周年記念CDの受賞式帰り、新幹線の中で見た「ジャズピアニスト・穐吉敏子・米国立芸術基金NEAジャズ・マスターズ賞を受賞」の電光ニュースまでが、ふと浮かんできた。
(開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします