2010年 2月 25日 (木)

       

■ 自律性高めて課題へ立ち向かう 盛岡市議会定例会で谷藤市長が所信表明

     
  開幕した市議会3月定例会で所信表明演説する谷藤裕明市長  
 
開幕した市議会3月定例会で所信表明
演説する谷藤裕明市長
 
  盛岡市議会3月定例会は24日開幕し、本会議が開かれた。谷藤裕明市長が冒頭、新年度への所信表明演説で重点施策や主要事業を説明した。「さらに自律性を高め、新たな課題にも対処するため、健全なる自治体経営を推進し、『住みよいまち』としての評価を一層高いものとする」と決意を述べた。同日は当初予算など議案39件が一括上程された。会期は3月26日までの31日間。

  谷藤市長は「04年度から2次にわたり行財政構造改革に集中的に取り組んできた。その結果、危機的な財政状況を立て直した」と改革の成果を強調。総務省の地方行政改革事例集へ行政評価システムの改善、指定管理者連絡会議の実施2件が選定されたのを受け「外部からも評価を得ている」と主張した。

  新年度からの自治体経営への転換については「本市を取り巻く環境の変化に適切に対応し、総合計画に掲げるまちづくりの基本目標『人々が集まり・人にやさしい・世界に通ずる元気なまち盛岡』を実現するため、これまで取り組んできた改革を引き継ぎつつ、市民や自治会・町内会、NPO、企業など多様な主体がまちづくりに参画する仕組み作りをする」と説いた。

  特に新年度は3月に策定する自治体経営の指針・実施計画に基づき「市民の参画を得て『地域協働』の仕組みを整備するとともに、健全な財政運営や組織マネジメントの推進などにより強固な行財政基盤を構築するなど、将来にわたって住みよいまちづくりを目指す」と表明した。

  生誕130年に当たる先人・米内光政の好きな言葉「万世の為に太平を開かん」を引用。

  危険を顧みず平和の希求と国民生活の安定へ信念を貫く姿勢に「解決すべき困難な課題が山積している現状にあって、私も『市民起点を第一』にゆるぎない信念を持ち、自治体経営に当たってまいる所存」「不断の改革に取り組みながら、(不正経理や情報開示、説明責任などに関し)市民との信頼回復に努め、北東北をリードし、要となる拠点都市の創造へ全力投球する」と誓った。 

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします