2010年 3月 18日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉361 特急しなの

     
   
     
  特急「(ワイドビュー)しなの」は中央本線、篠ノ井線経由して名古屋〜長野を運転する特急で、1往復だけ東海道本線に乗り入れ大阪まで直通運転を行う。

  JR東海の383系制御付自然振り子式電車が使用される。塩尻〜長野間はJR東日本に乗り入れている。振り子式車両はカーブで車体を内側に傾け、遠心力を打ち消し曲線通過速度の向上を図った車両で曲線の多い線区のスピードアップをしている。

  制御付は線区のカーブのデータをあらかじめ記憶しておき、カーブの手前から徐々に車体を傾け、カーブで急に車体が傾かないようにして、乗りごこちの向上を図っている。383系の先頭車は貫通型と非貫通型があるが先頭車からの前面展望は良好で、カーブでは車体を傾け果敢に突き進んでいくのが手に取るように分かる。写真は長野にて。ステンレスの車体にJR東海のコーポレートカラーのオレンジの帯が入る。愛称名の絵入りヘッドマークが付く。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします