2010年 8月 8日 (日)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉82 照井顕 シックレディの抽象画と肖像画

 「シック・レディ」というCDがある。穐吉敏子さんが、91年11月、ニューヨークにてセプテット(7人編成)で録音し、スイングジャーナル誌が、ゴールドディスクに選定したジャズの傑作盤。

  このCDを、当時の「ジャズ喫茶ジョニー」で聴き、深く感銘を受けた、陸前高田の画家・佐藤浩樹さん(29)は、93年6月22日の盛岡、23日の陸前高田と、岩手県内で僕が主催する公演「TOSHIKO・AKIYOSHI・JAZZ・QUARTET」コンサートの、ステージ・バックスクリーンを絵にすることを提案し、自ら買って出たのだった。

  彼は高田高校時代に絵で頭角を現し、卒業後は新制作の行木正義画伯に師事。哲学のない絵を描いては駄目との思いからドイツへ渡り、ベルリン造形大に学び、2次元の絵と3次元の彫刻の間を埋める立体的手法の可能性を追求し、身に付け、帰国した若者だった。

  その作品たるや。ベニヤ板1枚分のパネルを作り、その上にダンボールを幾何学的に切り張りし、さらに、その表面にさまざまに手を加えてから赤、黒、黄、青、灰、紫といった色をローラーで塗る、という手法で描かれた作品(まるで彫刻の様な絵)45枚。それを連ね合わせてバックスクリーンにするという発想。

  穐吉敏子(p)・ルー・タバキン(ts)・ピーター・ワシントン(b)・ケニー・ワシントン(ds)。4人の個性的な音が、まるでニューヨークの夜景の中にこだまする様な、はたまた見る人の心文様が現れる様な、人々の感性に語りかける、抽象画群。

  「この時のコンサートを聴きに来てくれた人達の心に、音楽と絵が一緒になって、いつまでも残る様に」と、1枚1万円で即売し喜ばれた。僕も数枚譲り受け、陸前高田の店の入り口や、店内の装飾に使ったものでした。

  また、現在「開運橋のジョニー」に飾ってある穐吉さんの肖像画は、あの「シック・レディ」のジャケット写真を元に描かれたもので、ジャズドラマーとして活躍しながら、遠野市で看板業を営んでいた、故・菊池コージ(幸吉)さんの作品である。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします