2010年 8月 16日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉83 照井顕 ジャズストリート

 全国の地方新聞(岩手では岩手日報)に、90年7月14日付から91年5月18日付まで、週1で掲載された「ジャズストリート」には、当時の日本ジャズを代表する新旧のミュージシャンたち40人が紹介されていた。

  第1回は当時の現役最古参で、往年の名プレイヤーを集めた「オールド・ボーイ・オールスターズ」のリーダー兼ドラマーだったジミー原田さん。かつて日本を代表したドラマー・ジョージ川口、その父に引っ張られドラマーになり、あげくは、彼、原田さんの息子(イサム)孫(俊一)3代がドラマーになったというのだから面白い。

  第25回(91年1月26日付)に登場したのは、デキシー・トランペッターの外山喜雄さん。彼は、デキシーセインツというバンドを奥さんの外山恵子さん(ピアノとバンジョウ)と一緒に持ってて、日本のサッチモ(ルイ・アームストロング)と呼ばれてる人。かつてはニューオリンズに住んでたこともある、根っからのサッチモファンで、サッチモ音楽の継承者にして伝道者。「日本ルイ・アームストロング協会」の代表で、「ワンダフル・ワールド通信」(サッチモに関する情報誌)を発行し、10年8月号で65号。また7月19日東京の恵比寿ビール記念館で行われたサッチモ祭もすでに30回。

  サッチモといえば忘れられない言葉がある。穐吉敏子さんが91年11月22日号「朝日ジャーナル」に登場した時の下村満子氏のインタビュー・タイトル「ジャズって何?と聞かれると、サッチモの言葉を思い出すの=穐吉敏子」である。そのサッチモの有名な言葉とは「ジャズとは何ですか、と聞くようでは、その人はジャズがわかっていない」というもの。

  さて、その敏子さんが「ジャズストリート」に登場したのは91年5月18日付最終回(第40回)名古屋の「ジャズ・イン・ラブリー」でのライブ取材「ジャズは歌うように弾く。というけど、弾き始めると、ホントに歌ってる(声を出している)」「今を感じさせるプレイと謙虚さに触れ、この人こそ、ジャズをやるために生まれてきた人だと思った」とある。
(開運橋のジョニー店主)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします