2010年 8月 23日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉84 照井顕 ビンセント・ロペスとの初デート

 「姉トリオ」と、ジャズピアニスト・穐吉敏子さんがよく言う。穐吉さんの姉・美代子さんのお友達に、2人の熱烈なトシコファンがいる。そのお一人・美術家の上村雅代さんから、七夕の日に1通のお手紙を頂いた。

  その近況を知らせる手紙と一緒に1枚の新聞コピーが同封されていた。それは、岩手ではお目にかかれない「朝日新聞の夕刊」。新シリーズ「人生の贈りもの」というインタビュー記事の第1回「女学校、私はピアニスト“ジャズミュージシャン”穐吉敏子(80)」(聞き手・小林伸行)という10年7月5日付のもの。

  その中で、満州(現中国)の大連の女学校時代に、揚(ヤン)先生にピアノを習っていた夏のある日、お裁縫で誤って針を指に刺し、直後にプールで泳いだために膿(う)んでしまった時、先生に「あなたはピアニストなのだから、そんなに無茶はいけません」としかられて「あ、わたしはピアニストなんだと自覚した」と自覚する事の大切さを語っている。

  また「子どものころはベートーベンが大好きだった。モーツアルトのような天才とは違う、人間らしい苦しみが感じられる。懸命に努力して創りあげた音楽。ジャズで言えば、ジョン・コルトレーンの様な、そういうところに共感したのかも知れません」と、ものすごい努力をし続けてきた自分を振り返り、重ね合わせている。

  「最初にレコードコレクターから聴かせてもらった、テディ・ウイルソンの『スイート・ロレイン』。自分もあんなふうに弾きたいと思ったのが最初です。理屈ではなく、自分に合ったということです」と、よくジャズの聴き方を「おデート」に例える穐吉さんらしいお話し。

  当時そのコレクター・福井参郎さんから借りて1週間で全部書き写したという「ジャズピアノの教則本」は、穐吉さんにとって猛烈に役に立ったそうだが、その本を書いた「ビンセント・ロペス」のことは米国で活動することになってから、いろんな人に聞いたが、誰も知らなかった。ところが、昨年、日本でその人が演奏した古いレコードを、あるお宅で聴かせてもらったという。本と出合ってから60年後に“本音”と出合う縁の不思議。
  (開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします