2010年 8月 29日 (日)

       

■ 盛岡市大通に新ゾーン MOSSとクロステラスつなぐ一帯

 盛岡市大通2丁目のMOSSと同3丁目のクロステラスMORIOKAとの協力関係が進み、中心市街地の活性化の新たなゾーンが形成されつつある。2館は互いに情報交換を行い、大通、菜園地区をエリアとするもりおかスクエアの集客増を図るイベントなどを手掛けている。

 大通全体でのフェスタなどへの参加のほか、盛岡さんさ踊り期間中には屋台を出し合い、回遊性を高めるなど2館を中心として点から面への展開を推進している。

  MOSSでは1階入り口広場でのイベントを欠かさない。子どもフェスタや国際交流フェスタなどの開催も定番化。今年の盛岡さんさ踊りでは率先して盛り上げ役を買った。

  同ビル管理者の岩手自動車販売の山田康夫執行役員は「親子やカップルなど幅広くイベントを楽しんでもらっている。今年のさんさ踊りも好調だった。平日でもたくさん来てくれた。クロステラスを回遊して楽しむ客も」という。

  同ビル2階にはデザイナーステイショナリーGSがあり、デザイン性に優れた文具類などが並ぶ。山田氏は「岩手、盛岡では当店にしかない商品がある。その商品の価値を理解し購入する顧客も増えた。この層が増加することで2館の往来や当エリアの新たな動きにつながる。クロステラスとはさらに連携しゾーンの活性化に寄与したい」と連携しながら、さらにゾーンの活性化に力を入れる。

  MOSS内のフォーラムもクロステラスと連携し駐車場利用を開始している。MOSS(268台)が満車でもクロステラス(257台)を利用できる。MOSSの駐車はフォーラムで映画入館料を払えば4時間無料で駐車できる。そのサービスをクロステラスにも広げた。

  盛岡フォーラムの藤田秀夫支配人は「ヒットした映画の土日はMOSSの駐車場は満員だった。これからはクロステラスでも利用できるよう広げた。歩いて2、3分の近場。クロステラスには飲食店や衣料品店などが多い。これからは映画だけでなく飲食、物販も楽しんでもらえれば地域が活性化する」と話す。

  同テラスの釜崎覚ゼネラルマネージャーは「今回のフォーラムとの連携も新たな取り組み。映画を見てから食事も楽しめる。2時間たっぷり利用できる。帰りに賢治の土で買いものも可能。今後もできる範囲内で連携は推進し周辺ゾーンの活性化に力を入れたい」と力を入れる。

  2館の距離は約200b。この1年で2館周辺にカフェ、イタリア料理店などが続々と開店した。同3丁目の道又和人道又時計店専務は「最近確かに往来する人が増えた。人が集まるのは魅力があるから。イベントを絶やさないことも大事。近隣のマンションの新住民もここで暮らして楽しさを感じているようだ。このゾーンから活性化に期待できそう」と話していた。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします