2010年 9月 9日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉385 国鉄特急色485系

     
   
     
  10月30日に快速「東北本線開業120周年号」が盛岡〜一ノ関間に運転される。ダイヤは盛岡発9時38分、一ノ関着10時56分。一ノ関発11時18分、盛岡着12時35分。国鉄特急色の485系6両編成が使用される。1、2号車指定席。

  赤とクリーム色の485系特急色は「はつかり」や「やまびこ」としても活躍した。その車両が久しぶりに盛岡地区を走る。盛岡駅のホームにその勇姿をみせる。

  新幹線開業前の東北特急全盛期のころは食堂車サシ481、グリーン車サロ481を組み込んだ12両長大編成で東北本線を疾走していた。8M4T、電動車8両に付随車・制御車4両で奥中山などのこう配に備えて電動車比率が高い編成だった。両端がクハ481、2号車サロ481(後に6号車に編成替え)、7号車にサシ481を連結、青森方の10、11、12号車が自由席だった。写真は1994年11月27日に撮影したクロハ481-1020「はつかり」盛岡にて。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします