2010年 9月 30日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉佐々木康宏 388・583系はつかり

     
   
     
  10月16日の1日限り、団体列車として上野発青森行き特急「はつかり」が復活運転になる。「はつかり」といえば583系だ。6両編成仙台車が運用される。全盛期の13両編成にくらべると半分の長さ。長町〜東仙台間は仙台駅を経由せずに、宮城野貨物線を経由する異色の設定だ。

  途中に貨物駅の宮城野駅がある。東北本線の支線でJR東日本の路線だが、定期列車の設定は貨物列車だけの区間である。1号車クハネ583-8、6号車クハネ583-17はともに1970年製造。2、3号車はモハネ582-106・モハネ583-106のユニットで1972年製造のラストナンバー車。新製時は南福岡電車区に配置されのちに青森運転所に転属した。4、5号車のモハネ582-100・モハネ583-100は1971年12月落成で新製時から青森運転所に配置された。製造されてからおよそ40年経つ。写真は1999年8月7日に奥中山(現、奥中山高原)〜小繋で撮影した583系特急「はつかり」青森行き。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします