盛岡タイムス Web News 2010年 12月 3日 (金)

       

■ 電話投票会員に門戸 JRAが地方競馬の発売拡充

 中央競馬と地方競馬で勝ち馬投票券の相互発売が拡大されることになった。地方競馬主催者協議会(地全協)とJRA日本中央競馬会の協議が合意に達し2日に発表された。両団体のホームページなどによると、地方競馬競走のJRA電話投票会員への発売、地方競馬施設を活用した中央競馬競走の発売を拡大する。ファンサービスの向上とともに厳しい事業環境にある全国の地方競馬の売り上げ増や収益改善につながると期待される。

  両者と全国公営競馬主催者協議会は、発売システムの違いなどから、相互発売においてニーズに十分に応えられていないこと、地方競馬の収益改善などから、地方競馬共同トータリゼータシステムの整備などの機会をとらえ、連携協力について協議を進めてきた。

  JRAの電話投票システムを活用した地方競馬競走の発売に関しては、トータリゼータシステムの整備時期をにらみ2012年度内の発売開始を目指し、必要なシステム開発や調整を進めていく。

  JRA電話投票会員への発売対象レースはファンの要望の強い地方競馬のダートグレード競走をはじめとした主要な重賞競走が中心となる方向で、岩手競馬では南部杯やクラスターカップなどが確実視される。具体的な発売日や対象レース、購入可能な会員などは未確定。発売日などはJRAと各地方競馬主催者とで交わされる毎年度の委託契約で定められる。

  地方競馬施設を活用したJRA競走の発売は、現行では当該地方競馬施設を個別の賃貸借契約に基づいて借り受け、JRAが端末機器を設置、職員も派遣して業務をしていた。

  今回の合意で今後は、JRAと個別の地方競馬主催者が委託契約を交わし、JRAの発売システムが整備される地方競馬共同トータリゼータシステムに接続させるなどの方法で発売が可能となり、契約した各地方競馬主催者が発売と払い戻しを行う。対象は重賞競走を中心に考えられている。

  JRA電話投票会員は約300万人とされ、地方競馬にとっては発売対象が大幅に拡大するメリットがある。黒字化達成を義務づけられる中で毎年度コスト削減を余儀なくされている岩手競馬にとっても、市場拡大による効果が期待できる。ただ、対象レース、手数料などが未確定のため、具体的な期待数値は現段階では分からないという。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします