盛岡タイムス Web News 2010年 12月 9日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉398 HB−E300系

     
   
     
  新型のリゾート列車、「リゾートあすなろ」、HB−E300系がデビューした。新青森〜蟹田「リゾートあすなろ津軽」号(1往復)、新青森〜大湊「リゾートあすなろ下北」号(2往復)として東北新幹線新青森開業と同時に営業運転についた。

  ハイブリッド車両で、キハではなく新たにHBがハイブリッド車の形式称号としておこされた。エンジンで発電機を回し、発生した電力でモーターを回す、これが従来の電気式気動車だ。

  ハイブリッド車はこれに加えて蓄電池を備え、蓄えた電力でモーターを回す。例えば起動するときは蓄電池の電力でモーターを駆動し発車。さらにエンジンを作動させ発電機を回し、発生した電力もモーターへ回す。加速、力行運転となる。ブレーキ時はモーターを発電機として作用させ、その回転抵抗をブレーキ力にあてる。発生した電力は蓄電池に蓄えて、再び加速する際に使う。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします