盛岡タイムス Web News 2010年 12月 27日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉100 照井顕 ソルベージング・メモリー

 穐吉敏子さんが、日本でピアノソロ活動も行うようになったきっかけは、87年8月22日の陸前高田「ジョニー」での初ライブ。しかも、そのライブを引き受けたのが、ライブの4日前。という初づくし。さらには、当日、東京から穐吉さんと同行して来たのが、満州(現中国)大連の弥生高等女学校時代の同級生・口羽尚子さん。

  彼女から、今年東京で聞いた話によれば、あの日の前日「敏子さんから電話が入って、あす岩手に行かない?って誘われた」ということでした。しかし、口羽さんは「東北へ行ったのはあれが初めてで終わりです。新幹線降りてから延々と車なので、どういう所かなと思ったら、当時TVに出てた“気仙沼ちゃん”の近くだったわよね。あの時ごちそうになった“うに”のおいしかったことも忘れられないの」。

  口羽さんは64年のオリンピックの時、女学校時代の同級生たちを全国から集めて、穐吉さんを囲む「ウエルカム・ティー・パーティー」をプリンスホテルで開いたのだとも。

  それこそ、61年の初帰国リサイタルの時に残したソノシート盤のレコードで、穐吉さんは「ソルベージソング」を弾いているが、その曲について口羽さんは「女学校1年の昭和18年(43年)3月の送別会の時、英語の渡辺一郎先生が来年度から英語の授業が廃止になるから、最後にと言って、ソルベージソングを原語で歌ってくれたんですよ。その後先生はソビエト(現ロシア)で21年2月に亡くなられたんですが、私はあの歌ってくれた先生を今でも忘れられない。だから、穐吉さんがあの曲を演奏すると私はあの時の光景がオーバーラップするの」だとも。

  「穐吉さんが紫綬褒章を受章した時、“宮中に持ってく風呂敷を忘れたから、貸して”って電話があって、娘のマンディさんが車で取りに来て、次の日、穐吉さんがその風呂敷を返しに来て“私甘いの弱いから食べて”って受章式で頂いたお菓子をわざわざ持参して来て下さったの。お菓子は皆で分けて頂いたけれど、宮中へお使いに行って来た、色のきれいな“本ちりめんの風呂敷”はそれ以降、私の宝物になったのよ」とうれしそうに微笑んだ。
(完、開運橋のジョニー店主)

   ◇    ◇

  次回から新しい連載が始まります。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします