盛岡タイムス Web News 2011年 4月 6日 (水)

       

■ 「東北は元気だぞ」 谷藤盛岡市長、チャグ馬もさんさも「やる」宣言

 盛岡市の谷藤裕明市長は5日の会見で、6月のチャグチャグ馬コと8月の盛岡さんさ踊りを実施する考えを示した。今月開催予定だったイベントの多くは中止または延期だが「可能な限り、元気だぞというところを示す時期。東日本全体が全滅したような風評被害があっては困る。イベントを通じた全国発信が大事」との考えを示した。東日本大震災津波でイベントの自粛ムードが漂う中、復興への決意をアピールしていく。

  開催については「各実行委員会の判断を尊重する」としたうえで、馬コ、さんさ踊りの開催について「沿岸が大変な時こそ内陸が頑張る。復興したときに受け入れる形を作らないといけない」などと主張した。

  7月の北上川ゴムボート川下りについては「長く続けてきた行事はこういう事情で中断すると次につなげるのが難しかったりする。もう少し検討を深めたい」と述べ、今後北上川ダム統合管理事務所などと協議する。

  市によると、13日の石川啄木百回忌法要は予定通り実施。第40回盛岡芸術祭開会式は5月に延期。今月の中止イベントは▽ゆぴあすお客さま感謝祭(3日)▽環境緑化まつり▽消防演習▽好摩駅東西自由通路開通記念式典-などとなっている。

  盛岡さくらまつりについては夜間ライトアップを自粛し、日中は従来通り開く考え。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします