盛岡タイムス Web News 2011年 5月 9日 (月)

       

■ 〈昭和30年代〜ぼくの東京〉藤田祐二郎 武者絵ののぼり

     
   
     
  端午の節句はこいのぼりしか知らない岩手の「エナさん」が、群馬の田舎で見たのは武者絵を描いた幟(のぼり)でした。大きさといい、色彩といい、実に見事な物でした。部落中が立てているのは、戦の陣地かと見まごうばかりでした。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします