盛岡タイムス Web News 2011年 5月 19日 (木)

       

■ 〈潮風宅配便〜三陸の津波被災現地から〉47 草野悟 庭さん、天然ホヤ飯を再び

     
  photo  
     
  拝啓 庭静子さん、お元気ですか。だいぶ前になりますが、震災後の雪降る日に恐る恐る庭さんの「はまなす亭」を見に行きました。建物は無残な姿になり看板だけが残っていました。

  庭さんは無事だったのだろうかと不安がよぎりましたが、ニュースで「復活するぞ」とのご無事を確認しました。キュウリに貴重な「ホヤ塩」をつけてパリポリ食べながら、さすがに浜の女は強いと万歳三唱です。

  思えば昨年、このコラムで「うますぎる天然ホヤ飯」駅−1グルメを書きました。JR八戸線は動かないままですが、駅舎はありますので駅−1グルメを復活させていただきたいものです。海底の天然ホヤは「津波には負けない」と言ってました(笑)。

  残念ながら種市のウニの放牧場は壊滅でした。本当においしいウニだけに、食いしん坊の小生としては、買いだめしておかなかった事を女々しく嘆いています。天然ホヤと一緒に、洋野町の名物ウニが復活し、浜に笑顔が戻るには、庭さんの料理が欠かせません。

  「天然ホヤのしゃぶしゃぶ」を思い出しますとよだれが1bも垂れ下がってしまいます。まったく罪な料理です。三陸の海は不滅です。どこにも負けない魚介類が山ほどあります。庭さんの天然ホヤの料理を食べたら、世界中の一流シェフたちがはだしで逃げ出します。

  とにかく、料理が復活しましたらいち早くご連絡ください。どこからでも駆けつけます。(決して食べたいだけではありませんよ。)内陸の方々もぜひその節は足をお運びください。

(岩手県中核観光コーディネーター)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします