盛岡タイムス Web News 2011年 6月 9日 (木)

       

■ 〈グラフ〉滝沢村大沢まるごと体験ツアー

 滝沢村大沢にある南部曲がり屋を舞台に、昔ながらの農作業風景を紹介するイベントが5日あった。写真撮影会が組まれたことなどから、大勢のアマチュアカメラマンらでにぎわった。

  場所は同村大沢籠屋敷にある藤倉喜久治さん宅。庭の前の休耕田に急きょ水が入れられ、飼っている愛馬がうまやから引き出されて、昭和期の代かき作業を再現した。当主の藤倉さんも押し役で一汗。慣れない人馬が蛇行したりすると見詰めていた大勢の観客が沸いた。

  このあと、手植え風景の再現やチャグチャグ馬コのミニパレード、保存会による大沢田植え踊り、大沢さんさの披露などがあり盛り上がった。
(写真撮影・永瀬圭寄さん)
     
  代かき作業を再現する藤倉喜久治さんと愛馬。斉藤芳子さんがサヘドリを担当  
 
代かき作業を再現する藤倉喜久治さんと愛馬。斉藤芳子さんがサヘドリを担当
 


 

 

 

 

 

 

 

 

     
  サービスして手植えも再現。その奥をチャグチャグ馬コが横切るのはカメラマンへのサービス?  
 
サービスして手植えも再現。その奥をチャグチャグ馬コが横切るのはカメラマンへのサービス?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     
  カキツバタが美しい母屋の前で一服するお年寄り。その表情を狙ったカメラマンが取り巻く  
 
カキツバタが美しい母屋の前で一服するお年寄り。その表情を狙ったカメラマンが取り巻く
 
     
  庭では伝統芸能の大沢田植え踊りなどが保存会によって披露された  
 
庭では伝統芸能の大沢田植え踊りなどが保存会によって披露された
 
     
  田植えに向かう女性たち。衣装にも気遣いを見せる  
 
田植えに向かう女性たち。衣装にも気遣いを見せる
 
     
  小昼(こびり)に出たあんこもち、おにぎり  
 
小昼(こびり)に出たあんこもち、おにぎり
 
     
  うまやから引っ張り出された愛馬がいよいよ水田に。その鼻息で水面が波立った  
 
うまやから引っ張り出された愛馬がいよいよ水田に。その鼻息で水面が波立った
 

 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします