盛岡タイムス Web News 2011年 6月 25日 (土)

       

■ テレビ都南終了へ 7月25日午前0時に

 盛岡市が旧都南村との合併に伴い開局したテレビ都南は、7月25日午前0時で放送を終了する。市は1992年(平成4年)の開局以来、約20年間の歴史に幕を閉じる節目に当たり、終了セレモニーを検討している。

 市は2006年8月に廃止を決定。理由は地上デジタル放送全面切り替えに伴い、デジタル化に総額21億円以上投資が必要で、民間業者との一本化も不調に終わったため。政府は震災に伴い被災県の完全地デジ化を最長1年延期するが、予定通り廃止する。

  所管する市民部によると、廃止決定時は視聴可能世帯の40%に当たる約6500世帯が加入。現在は約2500世帯となっている。市は07年度から加入者対策として受信方法切り替えに伴うアンテナ購入費を補助してきた。今年度までに合計約5300件、約1億400万円と見込まれる。切り替え率は75%。

  07年4月から、めんこいエンタープライズが指定管理者として放送を実施。放送終了後は来年3月まで業務委託管理を担う。

  終了後にケーブルなど放送施設を撤去。経費で約3億3千万円がかかる。都南総合支所隣にある局舎内の固定カメラやデッキは旧式で再利用できない。撮影用のカメラは学校などで活用させる。

  局舎については全庁的に今後の活用可能性を協議。これまで撮影、編集した1700時間の映像資産はDVD方式化され、都南図書館で保管、活用される。伝送路や電柱も可能なものを活用し、その他もリサイクル資源として処分される。

  開局時には乙部、黒川、飯岡など農業地域10カ所に屋外拡声器も取り付けられた。農協から市況や行事予定などが当初放送される予定だったが、情報提供がなかった。現在全体に損傷があって稼働できず、合わせて撤去される。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします