盛岡タイムス Web News 2011年 9月 15日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉438 三鉄36型回送

     
   
     
  三陸鉄道の36型が山田線を回送された。盛岡〜茂市間はDE10ディーゼル機関車にけん引されて、茂市〜宮古間は自力回送された。三鉄の車両が普段は走らない盛岡〜宮古間を行く姿が見られた。三鉄北リアス線の車両基地は久慈にあるが、震災で陸中野田〜小本間が不通なため、宮古側の宮古〜小本間で運用されている車両は久慈の車両基地で検査をすることができない。そのため検査をJR東日本盛岡車両センター(盛モリ)で行う。気動車がディーゼル機関車に引かれる珍しいシーン。茂市〜宮古間が自力回送なのは、現在宮古駅の線路は駅舎寄りの1番線のみの使用で、機関車の入れ替え作業ができないため、機関車の連結、切り離しは茂市で行われた。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします