盛岡タイムス Web News 2011年 12月 4日 (日)

       

■ 〈写真集「南部馬の里」〉32 遠藤広隆 牧野から帰る日

     
  photo  
     
  七時雨の牧野から馬たちが帰る日がやってきた。一度、馬たちを1カ所に集め、その中の1頭を引いてくると、他の馬たちも後をついてくる。集団で行動する習性があるらしく、みんながばらばらになることはほとんどない。牧野の砂利道を歩いてトラックが待っているところまで行く。

  羈(おもがい)を付けられた馬が引かれてきた。人と馬が並行して歩いてくる。その後を他の馬たちが少し離れてついてくる。先頭を歩いてくる馬もほっかむりをした人もなんとなくにこやかだ。横並びで対等な雰囲気も漂う。

  馬たちは次に何をするか分かっているようだ。家に帰るのが待ち遠しかったのだろう。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします