盛岡タイムス Web News 2011年 12月 16日 (金)

       

■  盛岡駅前に4棟目のタワー型マンション 13年5月完成予定

     
  2013年5月竣工予定のプレミスト盛岡駅前GATE−TOWERの模型  
  2013年5月竣工予定のプレミスト盛岡駅前GATE−TOWERの模型  
  大和ハウス工業(本社・大阪市)は15日、盛岡市盛岡駅前通601の14に建設中の分譲マンション「プレミスト盛岡駅前GATE│TOWER」の概要を発表した。高さ約65bの地上21階建てで総戸数は138戸。これによって不来方橋に面する高層マンションエリアがさらに拡大する。完成は2013年5月の予定。2600万円が最多価格帯になる見込みで、売れ行きには自信を見せている。

  同社は05年、同じエリアに「Dグラフォート盛岡タワーズ」3棟(全285戸)を分譲。今回の138戸を加えると、同エリアに4棟が建ち、同社マンションだけで423戸が供給される。

  敷地面積は約2879bで建物の延べ床面積は約1万1740平方b。鉄筋コンクリート造りで免震システムを採用したという。地下1階部分にシリンダー内に封じ込めたオイルの粘性で地震の揺れを吸収するオイルダンパー、薄いゴムと鋼板を何層にも交互に合わせた積層ゴムなどを設置。建物に伝わる揺れを弱め、地震が収まったあと、揺れが静止に至る時間も短縮できるという。

  3重窓、断熱性に優れた構造、オール電化、エコキュートなどを採用し安全性、経済性、省エネ性を重視。有事の際、非常エレベーターの動力電源として利用できる自家発電機を設置し、入居者同士のコミュニティーを形成するためのインターネットを活用したコンシェルジュサービスも提供する。各階にゴミステーションも設置する。

  平面・自走式駐車場を設置し、各戸1台分の駐車場を確保。1階スペースに、日用品などを販売するコンビニスタイルのミニ店舗も導入する。

  2LDK(61・22平方b)から4LDK(87・03平方b)。予定販売価格は1800万円台から4400万円台。予定最多価格帯は2600万円台。8月20日に着工しており、2013年5月下旬竣工の予定。第1期販売開始は12年1月下旬の予定。

  坂上淳同社仙台支店仙台マンション営業所長は「盛岡駅南口から4分で岩手山が望め、北上川沿いにある好立地。完売したタワーズ3棟の入居者の多くが30代のファミリー層で、40代、50代の方も入っている。今回も同じ層の購入を予測している。既に200件ほどの問い合わせがある。今のところ被災地からの問い合わせはない」と言う。

  櫻下信同社岩手支店長は「駅前に1社でこれだけマンションが集積した地方都市は東北では初めて。全国的にも珍しいのではないか。当マンションを介して盛岡市の中心市街地の活性化に一役担えれば」と話す。

  17日から電話予約でモデルルームの見学を開始する。問い合わせは電話0120-183-270。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします