盛岡タイムス Web News 2012年 2月 14日 (火)

       

■ 〈幸遊記〉58 照井顕 浜道博・KIN−CHANの潮騒

 高校時代の同級生だった故・金野正博から弟・道博が歌手デビューしたと聞かされたのは1974年の11月。曲は「須磨子の愛」つちだ・よしえ作詞。間中政一作曲による「炎のように燃えました」で始まる唄だった。

  須磨子とは、大正3年に島村抱月が組織した芸術座の名優で、トルストイ原作の「復活」で同名の劇中歌をステージ上で唄った流行歌手の第一号「松井須磨子(本名・小林正子)」。

  東京音楽学校卒の中山晋平26歳の時の処女作となったその「復活」は1915年(大正4年)に電気以前のラッパ吹込みされるや、あっという間に2万枚を売り尽くした作品。

  その後「命短かし恋せよ乙女」の「ゴンドラの唄」「さすらいの唄」などを続々と大ヒットさせたが、師であり恋人であった「抱月」が肺炎で亡くなると、その後を追うように1919年1月に34歳で自ら命を絶った女性。その飾らない歌声は今聴いても、なかなかにいいのです。

  そんな昔の人をテーマに、その続編ともいうべき「旅に出た女」まで出した歌手「浜道博」は、岩手出
身の歌手、故・箱崎晋一郎(1945〜88)のただ一人の弟子。だが歌手としては生計を立てられず、美川憲一のマネージャーなども務めた。84年、板橋に「居酒屋金ちゃん」を開業。のち脳内出血で倒れ闘病3年。その後の記憶喪失や意識不明などを繰り返した後に奇跡的に回復した。

  それからは、地元密着型の歌手・KIN-CHANとして「常盤台ブルース」「常盤台ラプソディ」で再デビュー。昨2011年1月には、18歳で家を出てから初めて、8日間もふるさと陸前高田に里帰り。新曲を構想。友と母に捧げる曲「潮騒…友へ」と「故郷の風に抱かれて死ねたらいいね」を4月20日にリリースした。

  いい詞いい曲いい声です。心のこもったいい唄い方です。詞は「浜みちひろ」曲は「夢道」歌は「KIN-CHAN」全て彼のペンネームだから、自作自演の歌なのです。何十年ぶりに彼と電話で話をした。「いい年のとり方をしているな」と感じさせられた。彼もすでに59歳。

  デビューした翌年(1975)9月26日、僕らが開いた陸前高田市民会館での「浜道博ショウ」がまるで昨日のように思い浮かぶ。
(開運橋のジョニー)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします