盛岡タイムス Web News 2012年 2月 19日 (日)

       

■ 写真集「南部馬の里」 43 遠藤広隆 真夏の涼しい日

     
   
     
  私は、真冬のあるとき、真夏という季節はどのような季節だったろうかと思い返すことがある。寒いのと暑いのとで言えば、寒い方がいいので夏より冬のほうが好きだ。

  だが、あまりに寒くてつらい時は、真夏の季節に瞬間移動したくなる。そういえばそんな写真があった。

  2頭並んだ馬の1頭があくびをしている。この日は真夏で、七時雨の牧野にガスがかかり、天気の悪い日だった。そのせいで気温がそれほど上がらず、すごしやすい日だった。それで馬もあくびが出るような日だった。

  馬たちはどう思っているのだろう。夏の涼しい日は楽かもしれないが、あくびの様子からは、だるそうにも見える。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします