盛岡タイムス Web News 2013年  7月  3日 (水)

       

■  参院選 岩手選挙区 県政界再編へ決戦 無所属現職と5党派が激突 あす公示 第2次安倍内閣への信問う


  第23回参議院議員通常選挙は4日、公示される。岩手選挙区(改選1)には5政党から新人5人と無所属の現職1人が立候補を予定している。昨年7月の民主党分裂、12月の衆院選で国・県政の勢力図が激変。今年3月には現職の離党騒動も勃発。全国的には安倍政権が参院選の衆参ねじれ解消、安定した政権運営を展望する中、四分五裂した「小沢王国」で虎視眈々(たんたん)と議席を狙う。政治決戦は間もなく本番を迎える。21日投開票。

  立候補を予定しているのは、民主党新人で元法務相政務秘書官の吉田晴美氏(41)、自民党新人で元慶応大ラグビー部監督の田中真一氏(46)、生活の党新人で元県議の関根敏伸氏(57)、共産党新人で党国会議員団県事務所長の菊池幸夫氏(54)、幸福実現党新人で主婦の高橋敬子氏(51)、無所属現職で元復興相の平野達男氏(59)の6人。

  各陣営はこれまで県内各地で支援を呼び掛けてきた。3日夜に盛岡市内で公開討論会に出席するなど直前まで前哨戦を繰り広げ、アピールする予定。既に4日の公示日の立候補届け出を踏まえ、出陣式や第一声の時間や場所などの案内を支持者らに伝えている。

  吉田氏は、盛岡市中央通3丁目地内の事務所で午前8時から出陣式をしたあと、同市大通3丁目地内のクロステラス盛岡前に移動して第一声。党代表の海江田万里衆院議員が駆け付け、応援マイクを握る予定。

  田中氏は、同市菜園1丁目地内の事務所で午前8時から出陣式。同9時ごろ事務所前で第一声。夕方には釜石市の第2事務所へ。応援に入った根本匠復興相と合流する予定。公示後は閣僚が相次ぎ本県入りする。

  関根氏は、同市中ノ橋通1丁目地内の事務所で午前8時から出陣式に臨み、神事で必勝を祈願する。その後、同9時から事務所の入居するビル前で第一声を行い、遊説をスタートさせる。コースは3日に正式に決まる。

  菊池氏は、午前9時ごろ、事務所に近い盛岡市本町通1丁目地内の浅沼ビル前で第一声を上げる。遊説は地元の一関市まで南下する。3日かけて沿岸を北上する予定。

  高橋氏は、盛岡市本宮1丁目地内の事務所前で午前10時に出陣式をし、事務所前で第一声。初日は盛岡を中心に遊説を行う。

  平野氏は同市中央通1丁目地内の事務所で役員だけで出陣式をし、午前9時20分ごろ同市盛岡駅前通のJR盛岡駅前で第一声。遊説は衆院岩手4区の奥州市まで南下したあと、夕方に地元北上市での第一声を予定。

  立候補の届け出は4日午前8時半から、盛岡市内丸の県庁12階特別会議室で受け付ける。届け出時間は午後5時まで。県選管では3日に立候補届け出などの受け付けリハーサルを予定している。

  期日前投票は5日から始まり、投票日前日の20日まで行われる。盛岡市は市役所、都南分庁舎、玉山総合事務所、マリオスの4会場。市役所は今回別館4階の401会議室が会場。時間は会場で異なるので注意を。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします