盛岡タイムス Web News 2013年  7月  6日 (土)

       

■ 市制移行まで半年切る 滝沢村 県議会で9日議決 オリジナルナンバー図案募集

     
  市制移行まで残り180日を迎え、抱負を語った柳村村長(5日)  
  市制移行まで残り180日を迎え、抱負を語った柳村村長(5日)  

 滝沢村が県内14番目の市制へ移行するまで、5日で残り180日となった。柳村典秀村長は同日、役場で会見し、自治体として団体自治の充実と住民自治の振興により「滝沢地域として、もっと活力ある自治体を目指していきたい」と述べた。9日の県議会最終日に市制移行に関する議案の審議・議決があり、傍聴する予定。移行に伴い導入する原付バイクのオリジナルナンバープレートで、交付に向けたデザイン募集も受け付けを開始した。

  9日の県議会傍聴は滝沢市誕生カウントダウン実行委員会役員、構成団体代表、自治会関係者、村議、村職員ら50人規模で行う予定。議案「滝沢村を滝沢市とする処分」が可決された場合、本会議終了後に達増知事から柳村村長に処分書が交付される。

  これを踏まえ、今月中には知事から総務大臣へ届け出を実施。8月ごろには国から2014年1月1日に村を市とする旨が告示される見通し。村では同実行委と連携して14年1月1日の移行前後に多彩なイベントを企画。カウントダウン花火の打ち上げなどを予定している。

  また移行に伴い、日本郵便から郵便番号が現在の5種類から139種類に分割される通知が3日に届けられた。新住所と同時に郵便番号も変わる。1月1日からの導入で、年賀はがきなども対象になる。

  村市制準備室では、今月から開催する村政懇談会で地域に情報提供し、全戸対象の各種手続きなどの周知に合わせて郵便番号の変更をPRする。

  オリジナルナンバープレートについては市制移行を記念して導入される。県内では平泉地域に次いで2例目。開庁日の来年1月6日から交付予定。50CC以下、90CC以下、125CC以下に取り付けるプレートのデザイン案を8月12日まで受け付け中。

  全国から募集し、1人何点でも応募可能。村設置の選考会で応募作品からデザインを決定。優秀作品は9月中に発表される予定。

 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします