盛岡タイムス Web News 2013年  7月  18日 (木)

       

■  支持の広がりに違い 参院選岩手選挙区終盤の情勢 各陣営が競る雫石町・滝沢村 TPP対応で割れる紫波郡


     
  盛岡市に近接する紫波郡、雫石町、滝沢村の有権者の投票相手は?  
  盛岡市に近接する紫波郡、雫石町、滝沢村の有権者の投票相手は?  

  盛岡タイムス社は参院選岩手選挙区(改選1)で、岩手郡の雫石町と滝沢村、紫波郡の紫波、矢巾2町それぞれの選挙戦終盤の情勢を取材した。近接する盛岡市と比べると、支持の広まり方に違いが出ている。市北部と接する雫石町など衆院岩手2区では各陣営が競り合う。市南部と接する同1区内の紫波郡は農業地域としてTPP(環太平洋経済連携協定)をめぐり、支持が割れる。昨年12月の衆院選の結果から新たな要素も加わり、混戦を極めている。

  ■雫石町・滝沢村

  昨年12月の衆院選で岩手2区は、自民党の鈴木俊一外務副大臣が6割近い得票率で返り咲き、生活の党の畑浩治氏は次点だったが比例で復活当選。民主党は候補擁立断念で不戦敗。県内の他3選挙区と構図や結果の異なっていた影響が、情勢にも反映されている。

  無所属現職の平野達男氏(59)は無党派層や支援する県議の支持を受けるが、自民党新人の田中真一氏(46)が組織的な運動を背景に攻勢をかけ、デッドヒートを繰り広げる。

  2人を追うのが生活の党新人の関根敏伸氏(57)と民主党新人の吉田晴美氏(41)。昨年7月の分裂まで同じ民主党だった両陣営。衆院選で戦わなかった分、支持層の票の奪い合いがし烈だ。

  共産党新人の菊池幸夫氏(54)は、支持基盤や町村議が運動を展開。混戦の中で存在感を発揮するのに苦しんでいる。幸福実現党新人の高橋敬子氏(51)は独自の戦い。

  平野氏は支援する及川敦県議(地域政党いわて)や八幡平市の工藤勝博県議(同)が両町村でも応援演説するが、業界団体など組織的な支持は少ない。無党派層の支持は表面化しにくいため、支持の広がりが測りかねる。ただ、各党支持層内で評価する声も多い。

  田中氏は柳村岩見県議(自民党)や町村議が支持を訴える。「鈴木だと思って投票してほしい」と結束を呼び掛ける。一方で落下傘への抵抗感も地域によって生じている。鈴木副大臣の衆院選得票をどこまで固められるかが鍵を握る。

  関根氏は滝沢村で地元出身の主浜了参院議員と喜多正敏県議(生活の党)を中心に固い支持がある。小沢一郎党代表や達増知事もてこ入れして集票に懸命。雫石町にも党支持層が多く、吉田氏と支持が拮抗(きっこう)。

  吉田氏は階猛県連代表、同幹事長の大宮惇幸県議(民主党)の出身地雫石で力を入れている。鈴木副大臣の支持層も一部支援に回る。滝沢村では平野氏、田中氏、関根氏が立ちはだかり、厳しい戦いを強いられている。

  ■紫波郡

  平野達男氏は現職の強みを生かし、幅広い層に浸透している。復興相を務めて知名度が上がり、民主政権時代に実績を残すなど、離党後も無党派層の支持が厚い。これに対して民主の支持者は離党による動揺が大きい。

  田中真一氏は全国的な党優勢の追い風に乗って、紫波町出身の熊谷泉県議(自民党)を中心に支持の拡大に努めている。一方でTPPなどでは農家などから党に対する逆風の要素も勘案しなければならない。

  吉田晴美氏は生活課題への政策で女性からの支持が強い。矢巾町出身の高橋昌造県議(民主党)が先頭に立つが、広まりは弱い。矢巾では民主分裂に伴い、町議の支持も四分五裂し、混戦模様だ。

  関根敏伸氏は昨年の衆院選に出馬した達増知事の妻・陽子氏の支持基盤を背景にして勢力拡大に躍起。民主分裂後の小沢代表の支持層をまとめ切れずにおり、広まりに欠ける点が否めない。

  菊池幸夫氏は党の町議を中心に支持者が結束を強める。浸透に苦慮するが、東京都議選の躍進を生かせるかが鍵を握る。

  高橋敬子氏は紫波町在住の強みを生かした運動に得票の伸びをうかがう。

  紫波郡は開発が進みながらも農業人口が多く、生産者の動向も選勢を大きく左右する。TPPに関しては農協などが反対を打ち出しており、郡内では交渉参加反対を掲げる候補へ票が集まる可能性を指摘する声もある。

  一方、6次産業化に活発に取り組む農家も多く「自分たちがより良い作物、商品を作れば問題ない。TPPが締結されようが関係はない」と話す農家もいる。TPPに対する政策の訴求力が票に結び付くか、動向が不透明との見方もある。

  JAグループの農政連は、比例で自民を推すことを決めている。選挙区に関しては個々の判断に委ねられているという。

  ある自民支持者は「TPPについては交渉の内容にもよるため、動きが読めない」と神経をとがらせる。混戦を極める中、旧来の自民の堅い支持基盤も流動化の懸念をはらんでいる。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします