盛岡タイムス Web News 2013年  7月  27日 (土)

       

■ 花巻東、鮮やか集中攻撃 盛岡大附、連続V逃す

     
  【盛岡大附×花巻東】1回表、三塁打で出塁し先制のホームを踏む盛岡大附の斎藤(左  
  【盛岡大附×花巻東】1回表、三塁打で出塁し先制のホームを踏む盛岡大附の斎藤(左
 
盛岡大附1−5花巻東
  盛岡大附は1回表、2番斎藤が右中間への3塁打で出塁。2死三塁の場面で4番松本が右前打を放ち、1点を先制する。

  松本は先発投手としても活躍。打たせて取る投球で、3回まで花巻東打線を3人ずつで抑える。四球で出した走者も併殺に取り、安定した守備を展開。

  5回裏、二死二塁で花巻東の8番茂木から左中間に適時二塁打を浴び、同点とされる。直後には9番細川の内野安打で茂木がかえり、逆転を許す。

  さらに6回裏に3点を追加され、盛岡大附は松本から及川に継投。代わった及川もコントロールがさえ、追加点を許さない。

  盛岡大附は8回表に3番望月の中前打、9回裏には5番三浦の中前打で得点を狙ったが、花巻東の守備に阻まれ、反撃はならなかった。

■盛岡大附・関口清治監督
  初回に点を取ったが、その後はけん制死などもありリズムがつかみきれなかった。順延や再試合などあった中で立て直して勝ち抜き、試合を通して選手が成長した大会。春以上の成績を残しに甲子園に行きたかったので残念だが、よくここまでのチームになってくれたと選手に感謝したい。

■盛岡大附・三浦智聡主将
  初回点を取り、5、6回に追加点を取りたかったが、相手にそれをやられてしまった。監督を甲子園に連れて行きたかったができず、これからの人生で恩返しができればと思う。後輩たちには、気持ちを切り替え、試合やベンチ入りを経験した3人を中心に、新しいチームで頑張ってほしい。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします