盛岡タイムス Web News 2013年  9月  10日 (火)

       

■  〈詩人のポスト〉 「数え方」伊藤恵理美


抱きかかえられる大きさの
犬は 一匹
猫も 一匹

もっと大きい
象は 一頭
虎も 一頭
馬は蹄があるから 一蹄(てい)でもいいんだっ て

カマキリは 一匹
カブトムシも 一匹
でもね
学術的にいうと昆虫は 一頭

雀は 一羽
カラスも 一羽
こうもりは鳥の仲間じゃないから 一頭なんだ

じゃあ 同じ哺乳類のクジラやイルカも 一頭だね

魚は生きているときは 一匹
イカも 一匹
まぐろやうなぎも 一匹

おもしろいね

でも
どれも同じ数え方をすることが あったんだ
知ってる?

いのち だよ
みんな いのちは区別なく 一つだ

ぼくもとうさんも 一つ だ
一つしかないんだ

捨てられた猫の いのちも
保健所にいる犬の いのちも
戦争のときのあの 象の いのちだって
一つしか なかったんだ

今 つらく悲しい かあさんのも
一つしかないから
大事にしなきゃって話したら伝わるかな

そして
これは数え方じゃないけれど もうひとつ
どれも からだの大きさに関係なく
一つ は すくえる同じ大きさなんだ
こころの手で
ねえ 意外に簡単なことだと思わない?


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします