盛岡タイムス Web News 2013年  9月  19日 (木)

       

■  立地環境の整備など協議 県がILC分科会設置


     
  ILC誘致のための庁内サブワーキング  
 
ILC誘致のための庁内サブワーキング
 

 県は18日、国際リニアコライダー(ILC)誘致のため庁内に分科会を設置した。同日は県庁で第1回ILC庁内サブワーキングを開いた。「まちづくり・インフラ整備」「子弟の教育」「医療」「産業振興」の4分野。北上山地へのILCの国内建設候補地一本化を受けて、国際学術研究都市の形成に向け、庁内の各部局の実務者レベルで検討に入った。

  千葉彰ILC推進監は「今後、政府がILCの実現に向けて関係国との協議や立地に向けた調査に取り組むよう、必要な働き掛けを行うため、県としてもILCの受け入れ態勢の整備に万全の対応を図る必要がある。ILCのワーキンググループにまちづくり・インフラなど四つの分科会を設置し、具体的な検討を深めていきたい」とあいさつした。

  今年度は3回から4回の会合を開き、今後の課題や取り組みの方向性を整理する。必要に応じて有識者の意見聴取や先進事例を調査する。

  第1回の検討会は冒頭のみ公開され、千葉推進監が内容を説明した。ハード面では土木、港湾などの整備の在り方、国と県の役割分担などについて検討課題とする。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします