盛岡タイムス Web News 2015年  9月 4日 (金)

       

■  スイカで馬コスチューム 滝沢市ご当地キャラ 菊池里美さん(遠野市)作に決定


     
  決定した滝沢市の公認キャラクターのデザイン  
  決定した滝沢市の公認キャラクターのデザイン
 

 滝沢市は3日、同市ご当地キャラクターのデザインを発表した。決定したのは遠野市在住の会社員菊池里美さん(27)のデザイン。市として初めての公認キャラクターとなる。頭に馬の耳が付いたスイカのかさをかぶり、三つ編みにした髪の毛で、馬の尾をイメージした。チャグチャグ馬コの鈴を着けている。

  キャラクターの設定は「滝沢スイカと子どもが大好きで、夏になるとうれしくて踊り出す。何事にも前向きで、初めてのことも一生懸命取り組む」と同市が説明。名前はご当地キャラ実行委員会で決め、性別など細かいキャラクター設定は菊池さんと相談する。今年度中に着ぐるみのデビューを目指す。

  応募総数は167点。北海道から九州まで応募があった。13点に絞り込み、8月5日から同23日まで、同市役所1階入り口や市内八つの小学校などで人気投票し、有効投票数5405票のうち1084票で1位に輝いた。

     
  滝沢のキャラの横、後  
 
滝沢のキャラの横、後
 

  柳村典秀市長は「1位と2位が競り、僅差だった。得票数もありこちらに決まったことに愛着を持った。これから(市民に)愛されるキャラになっていければと思う。(デザインの)イメージはスイカのかさだという。さんさ踊りでもかさをかぶるのでおそらく、今後のさんさなどで踊ってくれるでは」と期待した。

  3日の定例記者会見で発表した。

 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします