盛岡タイムス Web News 2015年  11月 27日 (金)

       

■  〈潮風宅配便〉草野悟 秋晴れ、三鉄まつり絶好調


     
   
     

 とにかくにぎやかでした。久慈の駅前が再び「北三陸駅」に変わり、三鉄まつりのスタートが華々しく行われました。2日前から熱烈ファンたちが集合し前々夜祭、前夜祭と気炎を上げていました。写真奥の左は東京から深夜バスを通勤バスとして30回以上も通い続けている「いちげんさん」。その隣も完璧鉄っちゃんの「モリタくん」。会社より大事な久慈市と三鉄。当然やってきました。

  なによりもすごいのは神奈川から毎回「低気圧に乗って北へむかうわ〜」と叫びながらやってくる橋本優紀さんです。前列右側のおちゃめな女性です。趣味は鉄道ではなく、三鉄社員。まるで人事部長のように社員よりも内情に詳しく、ほぼ全ての社員を把握し網羅しています。なかでもお気に入りは北のスター金野本部長から乗り換えた南の吉田部長です。最近は自ら「哲命」と叫んでいます。理由は背が高く足が長く紳士だから、という至って単純な理由です。

  写真手前左側は久慈市のスター、遠藤譲一市長です。「いちげんさん」を名誉市民に認定、「モリタくん」や「ミズノくん」など遠方からのファンたちをこよなく大事にしています。そのためか、三鉄ファン、あまちゃんファンたちから絶大な信頼を得ています。右隣のご存じ三鉄望月社長も当然よく知った間柄、おちゃめなファンたちにいじられています。優紀お嬢様(年齢は不詳)は、この両巨頭を「兄弟みたい、そっくり」と言ってゲラゲラ笑います。そう言われれば確かにそっくりかもしれません。

  そのお隣の海女ちゃんスタイルの美人は、優紀さんのライバル、地元北限の海女観光PR隊の根井理帆さんです。つまり本物の海女PR隊です。この日はメラメラと対抗心を燃やした優紀さんが、根井さんと三鉄サイダー一気飲み大会で火花を散らしました。結果は根井お嬢さまの圧勝。じゃあ次は、ということで車両を引っ張る大会に出場し、鬼気迫る形相で引っ張りましたが、動いたのは自分の顔だけでした。「あまちゃん人気」、まだまだの久慈市です。
(岩手県中核観光コーディネーター)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします